アルバック・ファイ株式会社

アルバック・ファイ株式会社の企業情報

アルバック・ファイ株式会社

【精密機器|機械|電気・電子】

私たちは、製造業の材料評価には欠かせない最先端技術を用いた「表面分析装置」の専業メーカーです。拠点は神奈川県茅ヶ崎市。従業員130名規模と小さな会社でありながら、当社の製品は北米、ヨーロッパ、アジアへと世界規模で展開されています。湘南・茅ヶ崎から世界のトップフィールドで活躍していける、隠れたグローバル企業なのです。

当社のルーツは、1969年にアメリカ・ミネソタ大学での研究から世界に先駆けて生まれた表面分析装置メーカーPHI社。革新的な技術力で世界的なブランドを誇ってきたPHI社と、日本で真空技術をリードしたアルバック社との合弁で私たちアルバック・ファイ株式会社が誕生しました。2003年からはPHI社の表面分析装置事業部門を買収して、生産拠点を茅ヶ崎に集約。アメリカのPHI-USAを営業拠点として欧米にも事業を展開し、日米で連携して技術開発にも取り組んでいます。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
最先端の表面分析装置の製造・開発・販売

表面分析装置の製造・開発・販売を行っています。表面分析とは、物質の表面の元素、分子及び化学結合等を調べる事です。普段は目にする装置、または技術ではありませんが、世界のさまざまな企業、大学、国の研究機関などで利用され、世界トップレベルメーカーの技術を支える重要な役割を果たしています。日常生活で必要な色々なものの生産管理や、あっと驚く新製品の開発現場で当社の表面分析装置が活躍しています。

事業・商品の特徴
一つひとつ手作業で最先端の装置を製造しています。

当社では開発、製造・販売からメンテナンス・サポートまで全部門を茅ヶ崎本社に集約した一貫体制にこだわることで、高品質で安定した製品や技術を世界へ供給し続けています。開発チームは会社・部門横断で組織され、装置組立を担当する製造部、さまざまな部品をグローバルで調達している資材部など、社内のあらゆる部門の意見を取り入れ、安定供給、品質確保、コスト最適化に取り組んでいます。また生産で問題が生じた時には全領域の網羅的な調査にすぐに取り組めるので、迅速な問題解決につながっています。130名弱の小さな会社が世界と渡り合う技術を持ち、グローバルな販売活動を展開していることに社員一人ひとりが誇りを持ち、一つひとつ手作業で最先端の装置を製造しています。

事業戦略
グローバルメーカーや、各国の国家予算級プロジェクトが取引相手。新興国へも展開予定です。

国内では自動車、半導体、電機、化学などさまざまな分野の、誰もが知るメーカーが当社では取引先となります。グローバルに展開するトップ企業との仕事を通じて、各分野の最先端技術に触れられるのが当社の強みです。
一方、欧米に目を向けた事業では、各国の国立大学・国立研究機関が多くの取引先となります。各国の国家予算を投じたプロジェクトに当社の製品が広がっていき、未知のテクノロジーへとつながっていく場面は技術者冥利に尽きると思います。当社のネットワークは、これからは中国やインドなど新興国へもどんどん広がっていくことが予想され、まだまだ伸びていく可能性に満ちています。

私たちの仕事

私たちは、表面分析装置の製造・開発・販売を行っているメーカーです。表面分析装置は身近なものではありませんが、実は皆さんのまわりにあるさまざまなモノに関わっています。
例えば、自動車製造の場面。自動車のボディの「表面」には、美しい色を与える塗装はもちろん、ツヤを与えるポリマーコーティング、錆び・腐食を防ぐための酸化膜など、さまざまな機能が付与されています。またパソコンなどのハードディスクの「表面」では、磁気による情報交換が行われています。半導体デバイスの「表面」では、電気的な相互作用が行われています。
このように、高機能で付加価値の高い製品を開発するためには、まず物質表面の性質を正しく知ったうえで、表面を設計し、改良を加えることがますます重要になってきています。メーカーなどのお客様が必要な表面解析を行えるよう、私たちはお客さまが要望する表面分析技術・装置の製造と販売に取り組んでいます。これからも最先端の技術を追求し、新製品の誕生や科学の発展に貢献していきます。

はたらく環境

職場の雰囲気
1人1人の顔が見える風通しの良い職場です

従業員100人規模のコンパクトな職場で、働いている社員全員、一人ひとりの顔と名前が一致しています。社員同士がオープンで、社長や役員ともフランクに色々な話ができる風通しの良い職場です。社長自身も元々は製鉄業の分野で、当社製品を用いた表面分析に取り組んできました。社長就任前から欧米の企業文化に親しんできた人物でもあり、また会社自体のルーツもアメリカのミネソタ州にあります。雄大な大自然が広がるミネソタ州は、同じアメリカでも、ニューヨークやシアトルの金融業・IT業などからイメージされるシビアな競争社会とは一線を画した気質の土地柄です。そうしたバックグラウンドのある当社だから、日本の企業文化とも、いわゆる外資系の雰囲気とも一味違った、大らかで自由闊達な風土が育まれているのかもしれません。

オフィス紹介
転勤・残業が少なく働きやすい環境。女性管理職・女性技術者も活躍中です。

最先端の技術を世界と勝負する一方、湘南・茅ヶ崎のローカルな空気の中、働きやすい環境を用意しています。開発・生産販売機能を茅ヶ崎の一ヵ所に集約しているので、転勤はありません。また全社的に残業がほとんどないように取り組んでおり、毎週水曜日の「ノー残業デー」も実践しています。
もちろん理系の女性も大歓迎です。現時点では女性社員は10人ほどですが、3年前には30代の女性管理職が初めて誕生し、彼女のもとで女性技術者が働いています。技術系、事務系の両方で、女性社員が結婚・出産から復帰して活躍しています。

組織の特徴
セクション間の垣根が低く、出身分野を問わず、さまざまな経験を積んで成長できる環境です。

開発から販売、アフターサービスまで同じ拠点で一貫して行っているので、配属された職種を問わず、技術/製造/営業/サービス/研究と部門横断的な仕事を通じて、いろんな経験ができます。当社では入社後まずは製造部門で、装置の使い方や組み立てをひととおり経験してもらい、後に本人の希望や適性に合った部門に配属していくやり方をとっています。
大手メーカーでは技術者の発想を設計者が図面にし、資材部が材料を調達して製造部で組み立てる、という分業体制をとっているところが多いですが、当社では、工場で製造に取り組む人も、その製品に使われている技術を知っていてもらいたいと考えています。指示されるままに組み立てだけしていればいいとは考えません。営業も同様で、技術者としての知識をもとに、お客様と接してもらいたいのです。当社では製造や営業も技術職だと考えています。

当社での表面分析装置の製造にあたっては、ハードウェアだけでなくソフトウェア、電気工学、機械工学と幅広い分野の技術が必要です。もちろん最先端の物理化学の実践の場でもあり、さまざまな専攻分野の方が、これまで学んだ知見を活かして活躍していける環境があります。だから新卒採用の時点では自分の専攻にとらわれず、何にでもチャレンジしていってほしいと思います。仕事で得た経験を通じて、学生時代には知らなかった自分に出会うこともあるのですから。

企業概要

創業/設立 創業 1982年
本社所在地 〒253-8522 神奈川県茅ケ崎市円蔵370番地
代表者 代表取締役社長 山本 公
資本金 1億円
売上高 55億9千万円(2016年6月期)
従業員数 114人 (2017年01月現在) 
子会社・関連会社 子会社 Physical ElectronicsUSA,Inc.(ミネソタ州ミネアポリス郊外チャンハッセン)
事業所 本社・工場 神奈川県茅ケ崎市 営業所 大阪営業所

採用連絡先

管理部総務課 採用担当
Tel.0467-85-4985
E-mail. recruit@ulvac-phi.com