阪神高速道路株式会社

阪神高速道路株式会社の企業情報

応募受付終了

阪神高速道路株式会社

【一般(その他)サービス|建設】

「先進の道路サービスへ」
 阪神高速道路は、昭和39年に1号環状線が開通してから50年以上が経過しました。その後、道路ネットワークの整備を進め、現在は全長260.5kmとなりました。 
今後、高速道路の老朽化・長寿命化対策及びミッシングリンクの解消に向けてネットワーク整備を、常に新しい技術を開発し取り入れながら推進します。いつまでも「安全・安心・快適」を追求し、皆さまに「愛され信頼される阪神高速」を目指して。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
来たるべき未来を見据え、先進の道路サービスを実現する

 1号環状線の開通から50年以上。数年後には約5割の路線が開通から40年以上を迎えるなど、構造物の老朽化が深刻化しています。一方で、クルマの在り方は自動運転やIoTなどの先進技術によって、劇的な進化を遂げることが予想されます。このような状況下で求められるのは、単なる維持管理ではありません。来たるべき未来を見据え、道路交通環境をアグレッシブに進化させていくことが私たちの使命です。南海トラフ巨大地震への地震防災対策も兼ねた先進的な構造・設計手法の研究・開発、渋滞緩和を目的としたミッシングリンク(未整備区間)の解消…。さまざまな取り組みを通じて、先進の道路サービスを実現していきます。

私たちの仕事

 阪神高速道路は、大阪、兵庫、京都地域において全長260.5kmに達し、1日に約75万台のお客さまにご利用いただいている関西の大動脈です。阪神都市圏における貨物輸送量の5割以上を運び、海外と交易される貨物の8割以上を運んでいる道を守り育てていくことが私たちに課せられた役割です。

はたらく環境

社風
道路インフラを支えている誇りを胸に

【仕事を通じた社風】
 阪神高速道路での仕事は、部署を横断して進めることが多いため、社内でのコミュニケーションが重要です。また、若いうちから仕事を任されることも多く、会議で発言することが歓迎される風土にあります。全員がオンとオフの切り替えをしっかりしていると感じます。
【会社の取り組み】
 積極的にワークライフバランスを推進しています。ノー残業デーや有給消化奨励、家庭、育児を大切にできる取り組み、制度が充実しています。

組織の特徴
わたしたちの仕事

阪神高速道路の事業フィールドは広大です。
高速道路の新設、維持管理、料金企画等を行う高速道路事業から、新規事業などを手がける関連事業、経営企画、人事、経理及び広報等のコーポレート部門まで、社内には様々な仕事が存在します。

また、ジョブローテーションも活発に行っており、
様々な経験を重ねることで自身の可能性を広げることが可能です。

企業概要

創業/設立 ・1962(昭和37)年5月1日(阪神高速道路公団設立) 

・2005(平成17)年10月1日(阪神高速道路株式会社設立)
本社所在地1 大阪市中央区久太郎町4-1-3
本社所在地2 大阪市中央区久太郎町4-1-3
代表者 代表取締役社長  幸 和範
資本金 100億円(+資本準備金 100億円)
営業収益 (2016年3月期) 
料金収入      1,723億円 
道路資産完成高  711億円
従業員数 約700名 (2017年01月現在) 
事業所 大阪市、堺市、神戸市、京都市、東京都及びそれらの近郊 等

採用連絡先

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-1-3 
阪神高速道路株式会社
総務人事部人事課(新卒採用担当) 
TEL:06-6252-8121(代表)