公益財団法人 献血供給事業団

公益財団法人 献血供給事業団の企業情報

公益財団法人 献血供給事業団

【公団・公社・公益】

当財団は昭和42年の設立以来、東京都内の全ての医療機関(患者さん)
が必要とする輸血用血液を365日24時間体制で供給し続け、献血して頂いた方々と患者さんの架け橋となってきました。救急医療を支える社会貢献度の高い業務です。

私たちの魅力

事業内容
24時間体制で東京都内の救急医療を支えています。

当財団は創立以来、東京都内において輸血用血液の供給業務を行っています。平成28年度には約241万単位の輸血用血液を延べ13万軒の医療機関に供給しました。この供給単位数は全国で使用される輸血用血液の約13%にあたります。この供給体制を維持するため、56台の緊急自動車・16台の普通自動車を配備し、年間出動回数は5万8千回に達し、その内7千1百回がサイレンを吹鳴しての緊急出動です。

ビジョン/ミッション
いかなる状況でも「献血」をお届けします。

当財団は昭和58年7月より東京都の防災協力機関として、「指定地方公共機関」に指定され、東京都総合防災訓練に毎年参加しています。なお、平成23年3月11日に発生した、東日本大震災への対応として、供給職員2班(1班3名編成)を交替で宮城県に災害派遣しました。

事業・商品の特徴
献血由来の血漿分画製剤等供給業務

昭和48年8月より血液を原料とした血漿分画製剤の供給業務を開始し、献血由来の製剤を中心に取り扱い、献血による血漿分画製剤の安定供給の確保・国内自給の原則に寄与するための事業を実施しています。

私たちの仕事

皆様に献血して頂いた輸血用血液を、東京都赤十字血液センターより供給業務委託を受け、主に都内の医療機関にお届けしています。手術等で緊急に輸血が必要な患者さんに対しては、医療機関の要請に基づきサイレンを吹鳴しての緊急出動にて対応しています。

はたらく環境

社風
使命

「献血」をどのような状況のもとでどのような所にでもそれを必要とする患者さんのもとへ届けることが我々の使命です。

職場の雰囲気
安全、適確、迅速に

命に関わる仕事です。安全、適確、迅速に「献血」がいかなる時にも届けられるよう職員同士が常に協力して仕事を進めます。特に緊急の対応時は、どのような業務より最優先され、一刻も早く出動できるよう、職員同士が動きます。

企業概要

創業/設立 昭和42年1月23日東京都知事の設立許可(東京都42総行指収第76号許可)を得て、財団法人として設立、平成2年6月21日(厚生省収薬第720号)により厚生労働大臣所管の財団法人となり、平成23年3月25日内閣総理大臣(府益担第2535号)により公益財団法人への移行が認定され、平成23年4月1日に公益財団法人に移行しました。
本社所在地 東京都武蔵野市境南町一丁目26番1号 (東京都赤十字血液センター武蔵野出張所3階)
代表者 理事長 北田靖則
基本財産 3億5千万円(2017年3月31日現在)
事業収入 32億4453万円(2017年3月期決算額)
職員数 134名 (2017年03月現在) 【内訳】供給職員(緊急自動車乗務員)105名、事務職員等24名、薬剤師5名
主要取引先 主として東京都内の各医療機関
事業所 【事業所】
本部(武蔵野市)、供給部(新宿区若松町)、辰巳支所(江東区辰巳)、葛飾支所(葛飾区亀有)、立川支所(立川市)

採用連絡先

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町1―26―1
公益財団法人献血供給事業団
総務部 総務課 担当:堀
TEL 0422-39-5771