二本松信用金庫の企業情報

二本松信用金庫

【信用金庫】

当金庫は、「お客様・地域社会・信用金庫の三位一体の経営」「親しまれ、信頼されるまつしんの構築」「ナイスコミュニケーションまつしん」を経営理念として掲げ、地域の皆様と豊かで活力のある地域経済を創るべく使命共同体の中核となって、地域経済の再生・活性化に向けて取り組んでまいります。

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
地域経済活性化への取り組み

■二本松市・本宮市・安達郡の地域を主な事業区域として、地元の中小企業者や住民が会員(15,774先/2016年12月末現在)となって、お互いに助け合い、お互いに発展していくことを共通の理念として運営されている協同組織の金融機関です。

■地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積金)は、地元で資金を必要とするお客様に融資を行って、事業や生活の繁栄のお手伝いをするとともに、地域社会の一員として地元の中小企業や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的な発展に努めております。

■金融機能の提供にとどまらず、文化、環境、教育といった面も含め、広く地域社会の活性化に積極的に取組んでおります。

私たちの仕事

地域経済の発展と地域の活性化に最も必要な中小企業の発展と地域住民の福祉向上に貢献することがまつしんの重要な使命です。

はたらく環境

組織の特徴
“まつしん”の経営理念

積極的かつ堅実をモットーに「地元と歩む”まつしん”」として地元に親しまれ信頼される信用金庫を目指しております。

企業概要

創業/設立 1948年 二本松信用組合設立
本社所在地 本社所在地:福島県二本松市本町二丁目64番地
本部所在地:福島県二本松市金色久保227番地9
代表者 理事長 石川 憲幸
出資金 504百万円(2016年12月末現在)
預金量 126,347百万円(2016年12月末現在)
職員数 108名 (2016年12月現在) 
事業所 本部、本店営業部、根崎支店、本宮支店、岩代支店、東和支店、安達支店、金色支店
地域経済活性化への取り組み 当金庫は、「お互いに発展していくこと」を共通の理念として運営している相互扶助型の金融機関として、地元の中小企業者や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的な発展に取り組んでいます。

具体的には下記の取り組みに積極的です。

■まつしん地域活性化ワーキンググループの発足
■ビジネスマッチング、商談会への積極的支援
■地元市・村、商工会議所、商工会と産業振興に関する連携の強化
研修制度の充実 「企業は人なり」との考え方から、多様化・高度化するお客様ニーズにきめ細かく対応するサービスを提供できる人材を育成するため、教育研修に積極的に取り組んでいます。

■各種集合研修「まつしん金融塾」の実施
■公的資格や検定試験の助成制度の充実
■ジョブローテーション制による業務スキルの計画的向上
沿革 1948年 二本松信用組合設立
1952年 信用金庫に改組
2004年 全国信用金庫協会第7回社会貢献賞受賞
2007年 福島大学と産学連携協力協定を締結
2011年 福島県農業信用基金との債務保証契約ならびに業務提携の締結
2013年 二本松市と産業振興等に関する包括協定を締結
2013年 経営革新等支援機関を認定取得
2014年 本宮市、大玉村と産業振興等に関する包括協定を締結
2014年 二本松商工会議所、あだたら商工会と産業振興連携協定を締結
2015年 本宮市商工会、大玉村商工会と産業振興連携協定を締結
2016年 二本松市指定金融機関に指定される

採用連絡先

〒964-0807
福島県二本松市金色久保227-9
総務部 大内・安田
TEL:0243-23-3660
E-Mail:recruit-m@matsushin.jp