ひかりのくに株式会社

ひかりのくに株式会社の企業情報

ひかりのくに株式会社

【出版|その他商社】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  子どもたちの未来を見つめて

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

幼児教育を通して、日本中の子どもたちの未来を、ひかり溢れる明るいものにしてあげたい。

社名に込められた創業者の思いは、70年以上続く会社の伝統とともに、社員全員に受け継がれています。

幼稚園・保育園等の先生方や、保護者の皆様と力を合わせて、子どもたちの健やかな成長に寄り添うこと。

それが私たちひかりのくにの社員にとって、最大の喜びであり、また、果たすべき使命でもあります。

汗をかきながらの営業や、多様な意見が飛び交う企画会議。ひとつひとつ仕事の先に、子どもたちの笑顔があります。

子どもたちの未来のために。子どもたちの未来と共に。

ひかりのくには、いつまでも子どもたちの成長を応援し続けます。

  • 過去10年赤字決算なし

  • 営業力が自慢

  • アットホームな社風

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
幼児教育に必要な全てがここに

幼児向けの絵本や教育雑誌、先生向けの指導書などの出版物はもちろん、のりやはさみ、机や椅子からはたまた園庭の遊具まで、取扱商品の豊富さが当社の自慢です。カタログに掲載されている商品数は、なんと6000点以上。オリジナル商品の企画・制作も絶えず行っており、「ひかりのくにで揃わないものはない」と自信を持って商品を販売しております。

事業・商品の特徴
優しい工夫とこだわりあふれる商品づくり

ひかりのくにがメーカーとタイアップして生み出すオリジナル商品には、子どもたちや先生方のための優しい工夫が、ぎゅうっと詰め込まれています。
例えばこちらの「園児のり カチットキャップ」は、容器のふたが本体とくっついており、バラバラになってしまわないようになっています。これは「園児がのりのふたをなくしてしまい困っている」という先生からのご意見を参考に作られた商品で、今では20年以上売れ続けているロングセラー商品となっています。
その他にも容器が再生プラスチックで作られていたり、のりの原料には有害物質であるホルマリンはもちろん、アレルギーの原因となる小麦や卵、牛乳を一切使っていなかったりと、目に見えないところまでしっかりとこだわることが、ひかりのくにの商品づくりの鉄則です。

私たちの仕事

我が社は幼児やその両親及び先生のために良書と優れた保育用品を提供することによって人間形成の基礎作りに奉仕することを事業の目的としている。

これは、創業者の掲げた理念を一部抜粋したもので、創業以来70年以上経った現在でも、ひかりのくにはこの理念に基づいた事業展開を行っておます。 

具体的には

・児童書、保育図書、介護図書
・幼児教育雑誌
・保育用品(幼稚園・保育園等で扱う教材及び教具)
     等の企画・制作・販売

・保育用品の通信販売
・幼稚園・保育園等を対象とした人材派遣
・先生方のための講習会の開催

などが挙げられます。

当社は、幼児教育以外の事業は一切行いません。
しかし、子どものためになる事業であれば、どんなことでも積極的にチャレンジしております。

子どもたちの未来のために。
それが私たちひかりのくにの思いです。

はたらく環境

働く仲間
若手社員インタビュー 保育営業職1年目

-心掛けていること
先生方と積極的にコミュニケーションをとることです。商談はもちろん、何気ない会話の端々にまで気を配り、「先生方にとってなにが必要なのか」を汲み取って、相手の気持ちを先回りしたご提案ができるように日々心掛けています。

-仕事のやりがい
今までは取引額の少なかった園から、多くの注文をいただけるようになった時はとても嬉しかったです。何度も何度も訪園して、先生方との信頼関係を深める努力をしたことが、売上増に繋がったのだと思います。努力や工夫の成果が、売上という数字になって評価されるので、もっともっと頑張ってやろうという意欲が湧いてきます。

-入社の決め手
知育産業を通して子どもの発育に携わりたいという視点で就職活動をしていたため、幼児教育の教材・教具を幅広く取り扱っているひかりのくにへの入社を決めました。
営業活動を通じて、子どもたちや先生方のためになる商品をご提案することで、子どもたちの成長に貢献できているという実感もあります。

-今後の目標
担当のお客様から、何かあるときは真っ先に頼りにしていただけるようになることが目標です。新人という立場を言い訳にせず、お客様にとって最高の担当者になれるよう、誠実な対応を続けていこうと思います。

-就活生へのメッセージ
少しでも気になっている企業があれば、実際にその会社に足を運びましょう。そしてその会社の雰囲気に溶け込み、仕事をしている自分の姿をイメージしてみてください。
社員の表情はどうか。誇りを持って働ける会社なのか。仕事に対してわくわくできそうか。ホームページには載っていないような情報にこそ、その企業の特色があらわれます。
職種や条件だけではなく、自分自身の感覚も大切にしながら、後悔のない就職活動にしてください。

組織の特徴
業務の流れ 保育営業職2年目

-出勤
毎朝出勤するとまず、その日の営業に必要な販促物の準備をします。前日に計画しておいた営業ルートと納品物を確認し、商品を営業車に積み込んで出発です。

-営業活動
営業車は少し大きめの車なので、新人の頃は緊張しましたが今ではもう慣れたものです。でも事故や違反には気を付けて、毎日安全運転を心掛けています。
一人の営業マンが約100前後の園を担当し、その中から10~15程度の園を一日に訪問します。
担当の園に到着すると、商品を納品したり、集金をしたりしながら、積極的に先生方とお話しをするようにしています。
何気ない会話から商品の受注につながることも多々ありますし、営業活動においては信頼関係づくりが何より大切。
お客様とより良い関係を築いていくことが、営業という仕事の基礎であり、極意でもあると思います。

-昼休憩
訪園の合間に、お昼ごはんを済ませます。コンビニスイーツに手を出すか、気になっていたラーメン屋に並んでみるか。お昼をどうしようか悩むのが、毎日のちょっとした楽しみです。

-午後営業
お昼ごはんでエネルギーを補充して、再び営業に繰り出します。
先生方からの「いつもありがとう」、「またよろしくね」というお声がけが、仕事を頑張る力になります。また、自分が届けた商品を、楽しそうに使っている子どもたちの姿を見られるのも、ひかりのくにの営業ならでは。子どもたちのため、先生方のためにできることは何か。常に相手を気遣う気持ちでいれば、自然と園のニーズに沿った提案ができるようになります。

-帰社
営業所に帰ると、本社とのやり取りを通じて、現場の先生方の意見を伝えたり、商品の在庫状況の確認をしたりします。その後伝票の処理や商品の整理、翌日のアポイントメントと納品の準備、上司への業務報告などを済ませると、一日の仕事は終了です。

-まとめ
楽な仕事ではありませんが、頑張れば頑張った分周囲から評価してもらえるので、とてもやりがいがあります。また、訪問の計画や商品の積み方、商談の話題など自分で工夫できる点が多く、そうした工夫が成果に繋がるととても嬉しいです。
就職活動中の皆さんといつか一緒に働けるのを楽しみにしています!

職場の雰囲気
若手社員インタビュー 編集職1年目

-編集部の仕事
私の所属する書籍編集部は、書店で販売されている絵本や児童書、保育図書、介護図書などの企画・編集をしている部署です。
その中でも私は幼稚園や保育園で働く先生方のお役に立てるような、保育図書の編集を担当しています。

-入社当初の不安
自分の仕事の成果が、一冊の本という形になるので、本当に私にできるのかなという不安でいっぱいでした。
でも、先輩方が優しく丁寧に指導をしてくださったおかげで、少しずつ必要な知識が身につき、自信を持つことができるようになりました。

-仕事へのこだわり
保育図書の企画を考えるときには、「現場の先生が困っていることは何か」など、色々な観点から考えを進められるようにしています。
少しでも先生方のお役に立てるよう、読み手に寄り添う本作り、というのをいつも心掛けています。

-思い出の仕事
初めて編集を担当した本が出版されて書店に並んだことです。
企画会議や取材を重ね、読み手がどう感じるのかを常に考えながら、精一杯作り上げた本が完成した時の感動は、とても言葉で表すことはできません。
たくさんの方の力を借りながらではありましたが、入社一年目から責任のある仕事を任せてもらい、その仕事を最後までやり切った経験は、今後の自信にも繋がりました。

-会社の雰囲気
仕事のこともそうでないことも、先輩や上司に何でも気軽に相談できる、和やかな雰囲気に包まれている会社だと思います。会社全体に漂う家族的な温かさが、ひかりのくにの魅力です。


-これからの目標
まだまだわからないことばかりですが、早く一人前の編集者になれるように頑張ります。また、4月には新入社員が入社してくるので、後輩たちから頼りにされるような、しっかりした先輩になりたいと思います。

社風
楽しいイベントも盛りだくさん

 6月 新入社員歓迎ボーリング大会
 7月 社員旅行(一泊二日)
 9月 運動会
11月 レクリエーション

などなど社内行事も盛りだくさん。多くの社員やその家族が参加し、毎年とても盛り上がります。
行事のほかにもスポーツジムや保険組合保養所の優待利用など、職場環境や福利厚生がとても充実しています。

オフィス紹介
風格漂う本社ビル

大阪市天王寺区に佇む本社ビルは、最寄駅から徒歩5分の好立地。
地下1階から地上8階まで、全てのフロアをひかりのくにの社員が使用しています。
最上階には大規模な集会が行えるホールを有し、入社説明会や採用選考なども行なえる自慢の本社ビルです。

企業概要

創業/設立 1946年1月 「昭和出版株式会社」として設立
1952年2月 「ひかりのくに昭和出版株式会社」に商号変更
1970年7月 「ひかりのくに株式会社」に商号変更
本社所在地 大阪府大阪市天王寺区上本町3-2-14
代表者 代表取締役社長  岡本 功
資本金 7500万円
売上高 100億円(2016年10月期)
従業員数 310名 (2016年11月現在) 
子会社・関連会社 株式会社九州ひかりのくに
株式会社大阪出版流通センター
学校法人ひかり学園美山こども園
事業所 支社 

東京都板橋区


営業所

仙台・新潟・南栃木・千葉・東京・多摩・西埼玉・横浜・静岡・浜松・豊橋・名古屋・名四・
岐阜・奈良・大阪・北大阪・南大阪・阪神・神戸・姫路・岡山・広島・山口・松山・高知・
福岡・北九州・久留米・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄

採用連絡先

大阪本社
〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町3-2-14
TEL :06-6768-1151 総務部
mail:honsya-somu@hikarinokuni.co.jp

東京支社
〒175-0082
東京都板橋区高島平6-1-1
TEL :03-3979-3111 総務経理部