リンク情報システム株式会社

リンク情報システム株式会社の先輩情報

リンク情報システム株式会社

【ソフトウエア|情報処理|情報サービス】

当社の社員ご紹介

K.U.(2012年入社)

ビジネスシステム事業部 第二システム部  

職種 プログラマー
   
出身学部 理工学部
専攻分野 情報工系

インタビュー

マスコミ業向けの業務システム開発

  • マスコミ業で働く方が業務で使うシステムの開発を行っています。配属決定直後からこの業務に携わっており、私の社会人生活と共に歩んできたこのシステムに愛着を持って日々開発を進めています。
    開発業務の中ではプログラムに関する知識はもちろん重要ですが、システムを使う人がいかに扱いやすいか、という視点がとても大切になります。入社当時はそれを考える間もなく開発作業をやってきましたが、最近ではそうしたことを考えながら開発をすることに面白味を感じてきています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    開発実績のある業種の幅の広さに魅力を感じて

    当社との出会いは大学で行われた説明会から始まっています。当時、それまであまりゆかりのなかった渋谷という街に本社がおいていることに興味を持ち、説明会へ参加しました。その説明会の業務説明にて、システム開発はもちろん、番組の字幕の制作まで行っていることに面白みを感じたことをよく覚えています。その中でも、開発職を希望していた私としては、開発実績のある業種の広さにとても魅力を感じ、入社を決意しました。

  • 当社のいいところ

    若いうちから実践的な経験を積むことができ、それを周りが支えてくれる

    私の場合、高校時代からプログラミングをしていたこともあり、入社当時から開発業務をとにかくしたいと思っていました。入社後の研修中や面談でも時々そうした思いを口にしていたのですが、それを考慮してくれてか、配属後すぐに開発業務に携わることができました。
    しかし実際の業務では、自分が今まで培ってきた知識や技術ではどうにもならないことが多々ありましたが、そうなった時には必ず先輩や上司が話を聞いてくれます。時間を掛けて相談に乗ってくれたり、自分が悩んでいるところにアドバイスをしてもらえるおかげで、一見すると困難に感じることも恐ることなく挑戦することができることが、当社のいいところだと思います。

  • 今だから話せる大失敗

    1日の作業が確認不足によって無駄に・・・

    それは入社1年目のクリスマスが近くになった頃のことでした。
    プログラムのテストで使用するデータを用意していた私は、既に作成された手順書に従って作業を進めていました。その日の作業量は特に多く、丸一日掛りのものだったため、手順書の内容を確認しないままとにかく作業をしていました。
    その作業も終わりに差し掛かったとき、データの一部だけを削除するところを、私は全て削除すると誤認し、その日1日掛かりで用意したデータを全て消してしまい、その日の作業が全て無駄になってしまいました。
    結局、チームの方々に手助けをして頂き、その日のうちになんとか作業を終えることはできましたが、苦い苦い経験となりました。
    それ以来、理解ができていないところは細かいところでも誰かに確認するように心がけるようにしています。

  • メッセージ&アドバイス

    パソコン以外の知識もとても重要です

    私はかなり幼い頃からパソコンに触れ合っており、大学も理系の学校でプログラミングをバリバリと行ってきましたし、IT企業への就職を決めた時にもそうしたパソコンに関する知識が大切だと思い込んでいました。
    しかし実際に業務を行ってみると、パソコン以外の知識がとても大切であることに気づかされました。例えば、業務で使用することになったソフトウェアの中には英語の説明書しかないものがあったのですが、あまり英語が得意ではなかった私は、それを読解するために苦労した経験がありました。
    入社してからはパソコンに向かい合う時間が増え、むしろ他の知識と触れ合える時間が少なくなってくるので、学生であるうちにパソコンに限らず色々な知識や経験を身につけておくといいかと思います。

  • 学生時代に打ち込んだこと

    大学3年生の秋から始めたこと

    大学は理工学部に進学しましたが、元々数学が苦手だった私は日々の講義についていくのが大変で、学校も遠かったこともありサークル等には入らず、アルバイトなどもしていませんでした。履歴書は就職活動が近づいてきた3年生の秋にはじめて書きましたが、学生時代の活動を記入する欄には何を書けばいいのか悩んだことを今でも覚えています。
    そんな中で3年生から研究室に配属になったのですが、私が所属したのは音楽を制作する研究室でした。ほとんど経験がないなかでの音楽制作や、一般の方の前で発表は緊張と努力の連続でしたが、今まであまり接したことのなかった同級生や先輩と接したり、一緒に音楽を作れた経験は社会人となった今でもふとした時に思い出すことがあります。
    私と同じように、もう学生生活も終わりなのに何も打ち込んだことがない、と思っている方も、好きなことでもあるいは嫌いなことでも、とりあえずはじめてみてはいかがでしょうか。

仕事の特徴

  • コツコツ研究・開発する仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • IT知識を生かせる仕事
  • モノつくりをする仕事