昭和瀝青工業株式会社

昭和瀝青工業株式会社の企業情報

昭和瀝青工業株式会社

【化学|建材・エクステリア】

アスファルトビジネスを通じて、すべての人と地球に「やさしい道路」を提供する、誇りのある仕事です。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 販売・調達ルートが自慢

  • 実力と成果を重視

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
開発から工事まで行うアスファルトのトータルコーディネーター

ストレートアスファルトの貯蔵販売を中心に、改質アスファルトや、アスファルト乳剤などの二次製品の製造販売、さらにアスファルト合材の製造販売や、舗装工事の施工や独自の物流ノウハウの提供など、アスファルトのトータルコーディネーターとして、さまざまなご要望にお応えしています。また当社はアスファルトビジネスを通じて地球環境への貢献、そして社会インフラに携わる企業として利便性の向上、交通安全への寄与を推進し、すべての人と地球に「やさしい道路」を提供することを使命として歩んでいます。

企業理念
“誠意と技術で未来を拓く”

当社はお客様・地域の皆様・社員との共存の中で、まず、お客様が困られていることを真摯に受け止め、独自の技術力を駆使して提案・改善することにより、お客様に喜んでいただけるオンリーワン企業を志向し、社業発展と社会貢献を目指してきました。過去の例として、昭和の石油ショックの時にアスファルトの供給不安が生じたことから、多くのお客様から安定供給の相談を受けたことを機に自社所有のアスファルト油槽所を全国に9ヶ所配備し、自社所有のアスファルト専航船も所有、併せて、日本で初めてアスファルトでの「海外建設資材品質審査証明書」も取得しました。これらを併せることで、日本国内情勢の影響を受けずに、アスファルトを海外調達・海上輸送・油槽所貯蔵・自社ローリー出荷までの全てを当社単独で行えることとなり、お客様への安定供給力を高めました。現在、全油槽所で約27000t強の貯蔵備蓄量は、石油元売以外では日本有数の容量に至っています。当社はこのようなお客様の声を大切にし、当社にしか出来ないことに積極的にチャレンジしています。

事業・商品の特徴
一貫して行うからこそ出せる強み

ストレートアスファルトを製造販売している会社、アスファルト合材を販売している会社、アスファルト合材を用いて工事をしている会社など、アスファルトに関連する会社は数多ありますが、開発から製造販売、工事までを一貫して行っている当社のような会社は国内でも非常に珍しいです。またアスファルトはインフラ事業ですので、商品の性能自体に大きく差をつけることは難しいですが、当社はトータルで対応することにより、早い問題解決やお客様のニーズに応えることができています

私たちの仕事

開発から現場まで一貫して業務を行っているため、仕事と言いましても一つにまとめることはできません。ここでは実際に現場で活躍している若手社員の声をお届けすることで、一端ではありますが私たちの仕事がどういうものがあるのかを知っていただきたいと思います。

【技術センター開発グループ所属 2013年入社】
開発グループでは、当社で扱うアスファルトの商品をより良いものへ改良したり、新商品の開発を行っています。私の担当は新商品の開発で、同業他社様と共同研究をしながら、業界内でも画期的と言われるような新商品の開発をしています。この仕事の醍醐味はやはり新商品開発という、未知の領域を自分の足で歩いていく感覚です。まだ存在していないけど、あれば絶対に需要のある製品というものを自分で考えながら、研究ができるというのはすごくやりがいがあります。参考にできる資料が少なく、行き詰まることもありますが、サポートしてくれる上司と相談しながら、日々頑張っています。直近の目標としては、今開発している商品をしっかりと完成まで導くこと。また個人的に営業職にも興味を持っており、将来もし配属されることがあれば、開発グループで学んだ商品知識を生かした営業をしていきたいです。

【技術センター設備グループ所属 2013年入社】
設備グループの主な業務は、全国の支店・営業所全社の設備管理で、故障等があった場合に解決したり、意見を求められる部署なのですが、同業務以外にも自社工場の運営や、省エネルギーの報告業務など様々な業務を行っています。設備グループは私を含めて3人だけの部署ですが、先ほど申し上げたように仕事が多岐に渡り、さらに上司二人が飛び回っていて席を空けていることが多いため、あらゆる場面で自分の判断に任されることがあります。入社4年目の自分としては大きなプレッシャーになる反面、すごくやりがいを感じるところです。設備の故障を一人ですべて対応できるようになるには短くても5年はかかると言われていますが、今は少しでも早く習得するために、時間を見つけては上司の後ろについて学び、知識を吸収していきたいです。そしてゆくゆくは一人で現場を任されるように努力を続けていきたいです。

【工事部所属 2014年入社】
実際の現場に赴き、現場監督として、下請け業者の方と共に舗装工事等の業務を行っています。現場ということで直接商品を触る立場でもありますので、そういった意味では、営業職や開発職より、実際の使用感など商品のことをより深く知ることができる部署だと思います。当社は開発から工事まで一貫して行っている会社ですので、自分が現場で「ここがちょっと使いづらいな」と思ったことをすぐに汲み取っていただけることは強みだなと実感しています。普段の作業は屋外の現場で行っていますので、時期によっては暑い・寒いということはありますが、大学生活ではあまり外で活動する人間ではなかったので、仕事を通して少しは健康的になれたのかなと思います(笑)。今は工事部の人間ですが、もともと大学院で研究をしていたということもあり、いつかは研究職で活躍できればと考えています。その時には、現場で培った体験・経験をしっかりと反映させていきたいです。

はたらく環境

働く仲間
自然と絆が生まれ、価値ある時間を共有

同じ営業所同士の人間でも、現場に出ている者も多くいますので、全員が集まるのは終業時間ということも珍しくありませんが、そのため社員同士が積極的にコミュニケーションを取り合い、自然と強い絆で結ばれてきます。終業後は食事や飲みにでかけることもしばしばあり、プライベートでも仲の良い仲間となっています。

組織の特徴
スピーディな連携が最大の武器

工事の人間にしか分からない問題点や改善点を、営業の人間がすぐに聞き入れ、技術や開発などその他の部署と連携を図って解決に向かうといったスピーディな対応ができるのは、川上(開発)から川下(工事)までトータルで行っている当社の組織の特徴であり、最大の強みでもあります。

企業概要

創業/設立 1965年(昭和40年)2月
本社所在地 兵庫県姫路市北条口4-26
代表者 代表取締役社長 濱本 博司
資本金 9,980万円
売上高 103億7,300万円(2016年3月期)
従業員数 120名 (2016年04月現在) 
主要取引先 官公庁、道路会社、JXエネルギー、昭和シェル石油、双日、など
事業所 営業所:姫路、大阪、和歌山、熊本、沖縄、奄美、上越、石巻
工 場:姫路、大阪、和歌山、熊本、沖縄、上越、石巻
油槽所:姫路、大阪、熊本、沖縄、石垣、上越、石巻
技術研究所:姫路
社会生活に欠かせない「道路」を創るために・・・ 私たちは、社会生活を送るすべての人が利用する「道路」を構成する資材を扱っています。舗装道路は、過酷な交通事情と、各地の異なった気象条件にさらされており、現場は様々な顔や体質を持っています。

それらの事情やニーズに応えられるよう、当社では、これまでの経験と技術力を基に、分析と開発を繰り返しています。

簡易舗装から高級舗装まで、さらに新設道路の施工から維持修繕施工を含む多様な対応を、自らの手でつくり、そして確認まで加えたフルシステムで取り組んでいます。
皆さんには、こんな仕事をしていただきます。 アスファルトのトータルプランナーとして、常に新しい発想でお客様のニーズに合わせた技術・製品の提案をお願いします。

交通量の多い幹線道路、交差点や歩道、あるいは排水性、高耐久など、同じように見える「道路」でも用途や目的は様々です。

柔軟な発想力とチャレンジ精神で、様々なニーズを実現してください。

採用連絡先

住所:兵庫県姫路市北条口4-26 
電話番号:079-226-2611 
採用担当:管理部 小林・田中