みやぎ生活協同組合

みやぎ生活協同組合の企業情報

みやぎ生活協同組合

【生活協同組合】

みやぎ生協は組合員数723,122人(県内世帯数比73% 2017/3/20)を有する宮城県の生活協同組合です。
「一人は万人のために、万人は一人のために」「平和とよりよき生活のために」「みんなでつくる豊かな地域」をスローガンに、みやぎ生協で働く職員だけでなく、組合員の皆様と共に協同して地域社会を形作っています。
店舗でのいわゆるSM事業のみならず、共同購入事業、共済事業、くらしのサービス事業など事業範囲は多岐に渡っており、宮城県内の各地域のコミュニティに必要な存在として、みやぎ生協は日々成長を続けております。

みやぎ生協の県内加入率は73%!宮城県で県民のくらしのお役に立ちたいと考えている方、みやぎ生協でその力を活かしてください!

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • シェアNo.1サービスあり

私たちの魅力

事業内容
組合員数72万人を超える組織力の高い生活協同組合として全国から注目されています。

食品・衣料・生活用品などの商品供給事業
共済・葬祭などのサービス保障事業
文化事業など
旅行事業、介護福祉事業、学校用品教育事業、
生活再生支援貸付事業、コープフードバンク事業などのセーフティネット
など

ビジョン/ミッション
わたしたちは、協同の力で、人間らしいくらしを創造し、平和で持続可能な社会を実現します。

■スローガン
「一人は万人のために、万人は一人のために」
「平和とよりよき生活のために」
「みんなでつくる豊かな地域」

■キーワード
「環境保全、自然との調和」
「環境・安全・安心そしてより安く」

みやぎ生協は1982年の設立当初から生活協同組合として地域にどのように貢献し、また、平和や各種の社会問題、国民生活の向上を図っていく上で果たさなければならない役割を「みやぎ生協のめざすもの」という形にまとめ、社会に対し公表するとともに、みやぎ生協の諸活動を貫く基本的な指針としてきました。この「めざすもの」は、設立以来、社会状況の変化などにより、何度か変更をしてきました。現在の「みやぎ生協のめざすもの」は、1996年度に制定されたものです。

私たちの仕事

【総合職】
店舗・共同購入を経験し、適性に応じて管理職、商品企画、トレーナーなど、様々な職種に配置しチャレンジしていただきます。

■共同購入営業
担当エリアを持ち、お客様(メンバー)から頂いた注文商品を確実にお届けする業務です。お客様(メンバー)のニーズにあった商品やサービスの紹介、季節商品や注力商品・サービスをご案内します。お客様(メンバー)と直接会話できるやりがいある仕事です。

■店舗部門担当
店舗での運営に関わる様々な業務を行います。店舗内では農産や水産・畜産・レジサービスなどの部門に分かれ、スタッフと連携をはかり、より地域の方に満足いただける店作りを行います。

はたらく環境

組織の特徴
豊かで安心なくらし。新しい未来をめざして。

みやぎ生協の活動は、皆さんが良く目にする「店舗事業」や
「宅配事業(共同購入)」以外でも多岐にわたり、
 県民の皆さんの暮らしに密着しています。
 「衣食住」に関する商品提供やサービス事業はもとより、
 環境・平和・福祉など暮らしと密接に関わる幅広い分野を、
 生活者目線で消費者であるメンバー(組合員)とともに考え行動し、より良い地域社会つくりを進めています。

10年後、20年後、またその先も、
 宮城県にみやぎ生協があったおかげで今がある・・と評価いただけるよう
 これからも取り組んで参ります。

 是非、みやぎ生協というステージで、みなさん一人ひとりのパワーを
思う存分発揮していただくことを願っています。

企業概要

創業/設立 1982年 宮城県民生活協同組合と宮城県学校生活協同組合が合併、設立
本社所在地 〒981-3194
宮城県仙台市泉区八乙女4-2-2
代表者 代表理事 理事長  宮本 弘
出資金 255億円
売上高 供給高: 1033億5400万円(2017年3月)

【内訳】
店舗  : 717.6億円
共同購入: 277.3億円
サービス: 38億64百万円
など
職員数 6994名 (2017年03月現在) 正規1254名/パート・アルバイター・嘱託5740名
子会社・関連会社 コープ東北サンネット事業連合
(株)コープ東北保険センター
(株)宮城県学校用品協会
(株)コープトラベル東北
(株)コープ総合サービス
(株)コープエステート
(株)スクラムファイブ
(株)コープ東北サービス
(株)コープコミュニケーションズ
(株)コープエナジー東北
(株)コープでんき
(社)こーぷ福祉会
宮城県ユニセフ協会
事業所 本部(仙台市泉区)、49店舗(内 共同運営1店)、共同購入 10センター、生産工場、共済センター、商品検査室、くらしと家計の相談室、宅配水センター、コープトラベル、住まいのセンター、コープガスセンター、家電センター、物流センターなど
コープ東北サンネット事業連合 1995年に、みやぎ生協が中心になって、コープ東北サンネット事業連合を設立しました。東北地方の生活協同組合が緊密に連携し合い、商品の共同開発・仕入れ・購入、店舗・サービス事業等のシステムの共同開発・運営ノウハウの共有、店舗開発の調査・設計管理、経理計算システムの一元化を行っています。
現在は、生活協同組合コープあおもり、青森県民生協、生活協同組合コープあきた、いわて生活協同組合、生活協同組合共立社(山形)、コープふくしま、生活協同組合コープあいづ、福島県南生活協同組合が加わり、2015年度時点で東北6県9生協と共に東北地方の地域コミュニティ発展に寄与しています。
社会福祉法人 こーぷ福祉会 “こーぷ福祉会”は、みやぎ生協メンバーからの「生協の福祉施設があったらいいのに」というたくさんの声と、みやぎ生協の福祉に対する理念が一緒になって1999年2月に設立されました。
社会福祉法人の設立にあたってみやぎ生協では、福祉施設事業積立金から1億円の寄付と所有地を無償貸与することを98年の第17回総代会で決定し、青葉区桜ヶ丘(桜ヶ丘店向い)に2階建ての施設がつくられました。そして、99年3月25日、こーぷ福祉会の最初の事業として、「こ~ぷのお家桜ヶ丘・桜ヶ丘デイサービスセンター」がサービスを開始し現在に至っています。
2016年11月より、住居型介護施設「こーぷなごみの杜」がオープンしました。

こーぷ福祉会の理念
社会福祉法人こーぷ福祉会は、生協の原点である「一人は万人のために、万人は一人のために」のスローガンを実践する場所として生まれました。あくまでも「利用者の立場にたったサービスの提供」をモットーに、在宅介護を支援する複合的な機能を備えた施設を拠点に、高齢者とそのご家族をトータルにサポートいたします。
またボランティアなど、地域の皆様の参加も積極的に呼びかけ、人と人のふれあいを通じて優しさと思いやりをもった人づくりのお手伝いなど、より豊かな地域社会の実現に向け、役立ちたいと考えております。
沿革 1982年 宮城県民生活協同組合と宮城県学校生活協同組合が合併、設立
2012年 設立30周年コープフードバンクの取組み開始
2013年 東日本大震災学習・資料室設置。全国で初めて「高齢者見守りの取り組みに協力する協定」を県内全市町村と締結
2014年 長町店、太子堂店を開店。メンバー(組合員)数70万人突破
2015年 A&COOP松島店を開店。コープ東北保険センター設立
2016年 風力発電事業開始。レストラン「コステリア」開店

採用連絡先

〒981-3194
宮城県仙台市泉区八乙女4-2-2
人事教育部人事教育課 採用担当
Tel: 022-374-1281