新潟トランシス株式会社

新潟トランシス株式会社の先輩情報

新潟トランシス株式会社

【輸送用機器】

先輩社員紹介

牛木 哲郎(2011年入社)

技術・開発室 交通プロジェクト部 車両・エンジニアリンググループ  

職種 システムエンジニア
出身校 新潟大学
出身学部 新潟大学大学院 自然科学研究科
専攻分野 電気・電子系

インタビュー

鉄道の全てが凝縮されている職場です

  • 鉄道車両といっても保守用車両、除雪車から、新交通車両、低床式路面電車(LRV)まで様々な種類の製品を手がけています。加えてカスタマーサポート業務から地上側設備の設計業務まで、製造以外の業務もとにかく幅広く、鉄道の全てを知ることができる職場です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    全く知らない分野へ

    就職活動初期は大手企業にしか目が向いておらず、この会社も面接の場数を踏むために地元の企業にもいくつかエントリーしておこう、そんな軽い気持ちで応募した会社のひとつでした。鉄道への興味も全くありませんでした。転機は面接当日、工場内を見学させてもらったのですが、そこで鉄道車両の製造過程を目の当たりにして、その時に初めて、身近にもすばらしい製品を生み出す会社があるのだということを知り、これまで自分は本当に狭い視野でしか物事を見ていなかったということに気づかされました。その後、車両製造だけでなく、新交通車両をはじめとする自動運転システムの総合的な全体設計業務も手がけていることも知り、大手企業以上に大きな仕事にも携わることができると感じ、最終的に入社を決めました。

  • 当社のいいところ

    プロフェッショナルになれる

    鉄道の開発に長年携わってきた方々と同じ職場で働けるため、入社してから間もなく最前線で仕事をすることができます。はじめはわからないことばかりですが、百戦錬磨の上司たちがサポートしてくれるため、失敗を恐れずにどんな仕事にもチャレンジができます。私は新交通の地上信号設備の担当なのですが、新交通システムの開発初期からのノウハウが会社には詰まっているので、当時の設計思想から現在に至るまでの全てを学ぶことができ、非常に勉強になると同時に、この環境が自然と自分のステップアップにもつながっていると感じています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    携わったものが公共の場で多くの人に利用されている喜び

    普段何気なく乗っている電車も、車両だけでなくそれを動かすための様々な設備があって初めて運行することができることを、この会社に入社してはじめて知りました。仕事のやりがいはなんといっても、自分が設計に携わった電車が、多くの人に利用され公共の場を走っている姿を見ることです、なんとも感慨深い気持ちになります。毎日当たり前に動いている電車も、陰で多くの人たちが支えていることで成り立っているということを、しみじみと実感するようになりました。余談ですが、「ホームで出発予告放送が鳴ったから、あと2分後に発車だな」なんていうちょっとした豆知識も身につき、自分で利用する際にも携わった者ならではの愛着感がわくようになります。

  • メッセージ&アドバイス

    大手企業だけにとらわれない

    自分が知っている企業、大手企業にしか目を向けないというのは就職活動を始めるにあたりよくありがちなのですが、これは自分の可能性を狭めていることに他ならないと思います。世の中には本当に多くの会社があります。これを全て知ることは不可能ですが、できるだけ多くの会社を知ろうとすること、興味のない会社の説明会などにも、余裕があれば参加し、話だけでも聞いてみることをオススメします。私自身、当初は大手企業に入ることが目標でしたが、今の会社ではその大手企業が下請け会社となっており、協力して仕事を進めている状況です。会社の大小が仕事の大小ではないということです。中小企業でも、大企業では真似のできないような素晴らしい仕事をしている会社が数多くあります。まずは、自分のやりたいことを見つめなおし、自分にあった会社に出会えるような努力をすることが大切だと思います。

仕事の特徴

  • リーダーシップを発揮できる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事