独立行政法人国際協力機構

独立行政法人国際協力機構の企業情報

独立行政法人国際協力機構

【特殊・独立行政法人|その他金融】

JICAが取り組むのは、開発途上国の「国創り」。
日本の経験・技術・知見も活かし、開発途上国の抱える課題解決に取り組み、途上国と日本、そして世界の未来を築いていく仕事です。

JICAの仕事で出会うのは、自国の将来を思う、熱い思いを持った途上国の人々です。JICA職員には、そのような「国創り」の現場に入り込み、彼・彼女らこそが主役であることを忘れずに、最前線で支えていくことが求められます。

日々刻一刻と変化する開発途上国の発展の息吹を肌で感じながら、開発途上国のため、そして日本や世界の将来のため、情熱を持って活躍できる舞台がJICAにはあります。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
世界最大規模の二国間援助機関

JICAは世界150の国・地域に対し、教育、保健医療、農業、都市開発、運輸交通、環境、平和構築、エネルギー等、様々な分野での課題解決に取り組んでいます。年間事業規模は約一兆円。世界最大級の二国間援助機関として、草の根の活動から、大規模インフラ案件、人材育成や政策・制度構築支援等、JICAの持つあらゆる援助手法と世界約90カ所の拠点を活用し、途上国の様々なニーズに対するソリューションを提供しています。

ビジョン/ミッション
「すべての人々が恩恵を受ける、ダイナミックな開発を進めます」

JICAは、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、開発途上国への協力を行っています。「すべての人々が恩恵を受けるダイナミックな開発」というビジョンを掲げ、技術協力、有償資金協力、無償資金協力等の多様な協力手法を組み合わせながら、開発途上国が抱える課題解決を支援しています。

私たちの仕事

JICA職員の仕事を一言で言えば、「国創り」。職員は途上国政府との幾度にもわたる議論を経て、途上国の数年・数十年先を見越した長期的、大局的な見地から、今途上国に必要な支援は何かを見極め、プロジェクト形成・実施を支援しています。

数年先、数十年先を見越して考える長期的な視野が、そして局所的ではなく問題の根本を解決する大局的な見地が「国創り」には不可欠となります。世界で通用する確かな知識と経験、そして途上国開発への情熱を胸に、クライアントである開発途上国の大臣や局長クラスの政府高官と対等に議論をしてゆくことが求められます。

はたらく環境

働く仲間
世界中に広がる活躍の拠点

JICAは、世界各地に90か所を超える海外拠点を有し、自国を思う現地の職員と協力しながら、開発途上国の課題解決に取り組んでいます。

企業概要

創業/設立 2003年10月1日
本社所在地 東京都千代田区二番町5-25 二番町センタービル
代表者 理事長 北岡伸一
資本金 7兆9,254億円
従業員数 1,864名 (2016年03月現在) 
事業所 本部(東京都)、国内(15ヶ所)、海外(約90ヶ所)
研修制度 途上国の発展に貢献する人材の育成のため、業務に必要な知識や専門性を高める様々な研修制度があります。JICA職員としての基本を習得する導入研修のほか、マクロ経済や財務分析などの専門研修、英語、仏語、西語などの語学研修、海外留学を支援する制度等があります。

採用連絡先

〒102-8012
東京都千代田区二番町5-25 二番町センタービル
TEL 03-5226-9758 人事部採用班
e-mail:jicaps-saiyou@jica.go.jp