クマリフト株式会社の企業情報

クマリフト株式会社

【機械|電気・電子|輸送用機器】

昇降機総合メーカー/国内トップシェア/セコムグループ

クマリフトは、創業以来、業界では数少ない自社一貫体制をとっており、
メーカーとして大きな強みとなる基盤を確立しています!
その結果、50年以上に渡り国内トップシェアを誇っています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 安定した顧客基盤

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
ー昇降機、福祉機器の開発から製造、販売、据付、メンテナンスまでー

クマリフトは総合エレベーターメーカーとして、
ダムウェーター(荷物用昇降機)や福祉機器に至るまで、幅広い製品を手掛けています。
また、このような商品の開発から製造、販売、据付、点検修理(メンテナンス)まで、自社で一貫して行う、
業界では数少ない、メーカーとして強い基盤をもった企業です。

【製品紹介】

1.エレベーター系
・ダムウェーター
創業時から開発に着手し、現在もなお技術革新を続けています。
国内シェアは50年連続トップを誇る、クマリフトの主力商品です。

・エレベーター
荷物用、人荷用、乗用マシンルームレスなど多種多様な機種を手掛けています。
特に、荷物用エレベータに関しては、建築基準法の見直しによる戸開走行保護装置設置の義務化など業界内でもいち早く対応し、
2009年9月には大臣認定に適合するなど、性能の高さが評価されています。

・ホームエレベーター
1994年、時代に先駆け、低価格帯の製品を発表。
以後、使う人の目線に立った開発で、業界では初となる、“敷居の隙間を1センチにする”という最新技術への挑戦を続けています。
また、技術面だけでなく、インテリア(見た目)や安心・安全面にも重視し、エレベーターと居住空間の一体感を出すためや
エレベーター内から外が、外からエレベーター内が見えるように、出窓風の空間を作るなど、幅広い視点での開発を心がけています。

・小型エレベーター
診療所や老人ホームなどの小規模施設に適したエレベーターを指します。
普通のエレベーターやホームエレベーターではコストやスペース、法令面で設置ができないことがあります。
そういった点を踏まえ、使用頻度や設置可能スペースなどを考慮し、コスト面にも配慮して開発されたのが、この小型エレベーターです。

2.福祉機器系
・いす式階段昇降機「自由生活」
いすに座ったまま階段を昇り降りすることができる昇降機です。
対象は、ご高齢者や体の不自由な方など、階段の昇り降りが不安な方。
階段の形状に合わせて製造しており、直線型のほかにも、世界初の曲線型を開発するなど、
今後の日本社会を見据えた開発に取り組んでいます。

・車いす用階段昇降機「モノベアー」
車いすのまま乗ることができる階段昇降機。
様々な施設にバリアフリーな環境を提供するために、日本でいち早く手掛けてきたのがクマリフトです。

・段差解消機「バーチベーター」
車いすごとの段差の移動を可能にした昇降機。
これも他社に先駆けて注目し、いち早く手掛けてきました。
スロープを設けるほどのスペースがない場所でも、車いすに乗ったままスムーズに移動できるように開発しました。


このように、クマリフトでは、あったらいいな!こんなのがほしい!というお客様からの声をダイレクトに商品へ反映しています。
スペース的な問題や、コスト面、法令の面など、機械を設置するにあたっては様々な障壁がありますが、
その都度、なんとかしたい!その一心で、お客様の問題点やご要望に真摯に耳を傾け、お客様目線で製品と向き合ってきました。
これもクマリフトの特長である自社一貫体制が成せる技。

自分たちで全ての工程をやりきるというのは非常に大変です。
外注をすれば、その分他のことに手を回せます。
しかし、お客様目線でお客様のためにものをつくるには、
自分たちで一貫してひとつひとつやっていく
ということが非常に大切になってくるのです。

コツコツ、地道に、着実に。
それは、お客様のために、ひいては社会のために。


クマリフトのカラーに共感できる!という方は、ぜひエントリーをお待ちしております。

企業理念
ー社会貢献、それは「共に生きる」ことー

クマリフトの企業理念は、お客様と社会と「共に生きる」こと。

弊社の特長でもある、エンジニアの突出した想像力・具現力・挑戦力で、
50年以上に渡り常に業界のパイオニアとしてトップを走り続けてきました。
その根柢には、社員全員に根付いているこの理念があり、安全性や使う人の目線に立ったものづくりへと繋がっています。

―私たちにしかつくれないものが高齢者やハンディキャップをもった方々の自立支援活動へと続き、社会貢献へたどり着く―

これからもクマリフトは、皆様と「共に生きて」いきます。

事業・商品の特徴
クマリフトならでは!業界随一の自社一貫体制

昇降機の総合メーカーとしてダムウェーター部門でトップをひた走るクマリフト。
企業理念を貫くにはお客様目線でのものづくりが必須となってきますが、
それをより可能にするのが、弊社の特長でもある「自社一貫体制」。
弊社のアイデアが業界のスタンダードになるほど浸透している機能も、業界では数少ない自社一貫体制をとっているからこそ。
メーカーにおいてとても強みとなるこの基盤で、競合他社の追随を許さず、これからも皆さんと「共に生きて」いきます。

私たちの仕事

クマリフトはメーカーとしてとても大きな強みとなる、業界でも数少ない「自社一貫体制」をとっています。
それはお客様目線でのものづくりを徹底するため。

そのため、弊社には様々な職種があります。

◆開発
マーケティングや設計、組立、試験、性能評価、特許取得など、製品化に至るまでの全てのプロセスに関わることができる。
また、製品化されたものを初めて動かすときにも立ち会うため、最初から最後まで一貫して関わることができるのは、
クマリフトならではの醍醐味である。

◆製造
最新設備を導入した生産現場での作業(板金加工、組立、塗装など)はもちろん、
資材の購買や生産管理、品質管理、検査、出荷など、
安心・安全な製品を届けられるよう、チーム一丸となって幅広い業務を行っている。
お客様の想いをカタチにする、とても重要なポジション。

◆営業
製品によって担当が分かれている。荷物用昇降機/福祉機器
・エレベーター関連を担当する場合は、大手ゼネコンや設計事務所など建築関係の企業へ設置の提案から引渡しまで、一貫して対応。
・福祉機器を担当する場合は、ハウスメーカーや福祉関係の企業に対する営業が中心。
ユーザーの問題を解決するため、ご自宅へ機器の説明や提案をしに行くこともある。

◆サービスエンジニア(電気・機械技術者)
製品の据付工事をはじめ、設置後の点検や故障対応などのメンテナンスも行うため、
機器や現場、状況によって必要な対応が異なり、専門技術も多岐に渡る。
そのため、製品・お客様双方にいちばん近く、要となるポジション。


-より快適で利便性の高い製品を生み出す-

そのために、皆さんにはそれぞれの長所や能力を活かして、
◇お客様目線で商品を「開発」し、
◇お客様のニーズにピッタリ合うように「ご提案(販売)」、
◇お客様のご要望に合わせて「製造」し、
◇お客様のイメージ(図面)どおりに「据付」、
◇お客様により快適にお使いいただくために「メンテナンス」
をしていただきます。

はたらく環境

社風
気配り・目配り・心配りであふれる、利用者目線のものづくり

世の中、快適さや便利さを追求したい。クマリフトの技術力の向上は、この想いが原動力です。例えば、ダムウェーターは、水をなみなみといれたワイングラスを昇降させても中の水がこぼれないほど、最高水準の技術を誇っています。この技術を成しえたのも、常に利用者目線を忘れず、情熱と豊かな感受性をもったメンバー達が最大限自身の能力を発揮しているから。時には担当を超えて助け合い、また、世代に関係なく意見を言い合える風通しの良い文化が、最高水準の技術を生み出し続けています。

「お客様も会社も社員も、皆で共に支えあい、成長していける」

企業概要

創業/設立 1965年10月  クマリフト株式会社 設立
本社所在地1 大阪府大阪市西区京町堀1-12-20
本社所在地2 東京都台東区東上野3-35-9
代表者 代表取締役社長  熊谷知哉
資本金 1億円
売上高 61.1億円(2016年3月期)
従業員数 343名 (2017年03月現在) 
主要取引先 大手ゼネコン
工務店
設計事務所
介護福祉施設
教育施設(幼稚園、保育所、小学校、中学校、高等学校、大学)
飲食店(大手チェーン、個人)
官公庁
個人宅
ほか
事業所 ◆支店
東北:宮城県仙台市若林区
九州:福岡県福岡市中央区

◆営業所
札幌:北海道札幌市白石区
青森:青森県青森市
秋田:秋田県秋田市
盛岡:岩手県盛岡市
山形:山形県山形市
仙台:宮城県仙台市若林区
郡山:福島県郡山市
北関東:埼玉県さいたま市大宮区
茨城:茨城県つくば市
千葉:千葉県千葉市中央区
東京:東京都台東区
横浜:神奈川県横浜市神奈川区
新潟:新潟県新潟市中央区
長野:長野県長野市
静岡:静岡県静岡市駿河区
北陸:石川県金沢市
名古屋:愛知県名古屋市熱田区
京都:京都府京都市上京区
大阪:大阪府大阪市西区
神戸:兵庫県神戸市中央区
岡山:岡山県岡山市北区
広島:広島県広島市東区
四国:香川県高松市
福岡:福岡県福岡市中央区
長崎:長崎県長崎市
大分:大分県大分市
熊本:熊本県熊本市東区
宮崎:宮崎県宮崎市
鹿児島:鹿児島県鹿児島市

◆出張所
八戸:青森県八戸市
石巻:宮城県石巻市
宇都宮:栃木県宇都宮市
前橋:群馬県前橋市
長岡:新潟県長岡市
長野中信:長野県塩尻市
福井:福井県福井市
北九州:福岡県北九州市小倉北区

◆工場
石川工場:石川県小松市

◆センター
R&Dテクニカルセンター:大阪府茨木市

採用連絡先

〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀1-12-20
TEL:06-6445-6700
FAX:06-6445-6780
URL:http://kumalift.co.jp/

何かございましたら、総務部人事課までお電話にてお問い合わせください。