株式会社アブアブ赤札堂

株式会社アブアブ赤札堂の企業情報

株式会社アブアブ赤札堂

【百貨店|スーパー|専門店(総合アパレル)】

【当社は異業種複合体「小泉グループ」の中核】

私たちアブアブ赤札堂は、流通から外食、トラベル、レジャーまで幅広く手掛ける小泉グループの中核企業。中国料理の東天紅、おなじみの富士サファリパークなども、このグループの一員です。

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
社会貢献

アブアブ赤札堂は、価値観や社会意識が多様化・高度化した現在の情報化社会にあって、地域のお客様への貢献と奉仕を使命として、より良い商品とサービス、生活情報を提供する特徴のある店づくりを進めています。

私たちの仕事

Akafudado 新しいライフスタイルを創造・提案する総合スーパー

アブアブ 若者向けファッション専門店

はたらく環境

組織の特徴
【キャリアデザイン】・【夢をバックアップする教育環境】

【キャリアデザイン】
「ABAB」・「Akafudado」は、あなたの夢を実現する職場です。社員一人ひとりのパーソナリティを重視し、個性や能力が最大限発揮できるように制度化されています。

まずは入社時、「ABAB」・「Akafudado」への配属からスタート。この際、本人の適性や希望が尊重されます。先輩や上司のOJTを受けながら、数年後の自分に目標を立て、その現実に向けて積極的に取り組んでください。
-----------------------------------------------------------
【夢をバックアップする教育環境】
「キャリアデザイン」の実現を強力にサポートするのが、教育基本フレームです。新入社員の研修システムはもちろん、全社員を対象に職制や職種別にプロとして欠かせない専門的な教育を実施しています。

新入社員は、採用内定後の各種資料(会社資料・専門書・専門雑誌などの送付と購読のすすめ)の発行による通信教育。入社後配属までには、オリエンテーションと実務教育。その後、OJTをはさみ
研修や自己啓発のための通信教育など、成長していくために万全のカリキュラムが用意されています。

企業概要

創業/設立 1917年(大正6年)10月 創業
1971年(昭和46年)2月 設立
本社所在地 東京都台東区上野4-8-4
代表者 代表取締役 小泉 和久
資本金 10億円
売上高 320億円(2016年2月実績)
従業員数 1060名 (2017年01月現在) 
子会社・関連会社 東天紅、富士サファリパーク、大分アフリカンサファリ、トラベル日本、全日本ガードシステムなど
事業所 店舗数 20店舗(2017年2月現在)
スーパーマーケット12店舗
ファッション専門店 8店舗
【売上構成】 スーパーマーケット部門 70%
ファッション専門店部門 30%
【沿革】 1917年 東京門前仲町深川に赤札堂洋品店として創業
1970年 上野ABAB誕生、ファッション専門店がスタート
1971年 株式会社アブアブ赤札堂に社名変更 ※2業態(スーパー・ファッション)による経営戦略が確立
1999年 清澄店オープン
2000年 深川店リニューアルオープン
2002年 川口店、船橋店リニューアルオープン
2003年 堀切店リニューアルオープン
2004年 柏店オープン
2005年 池袋店リニューアルオープン
2006年 町屋店リニューアルオープン、ラブミー町屋店
2008年 堀切菖蒲園店オープン
2012年 ラブミー宇都宮店オープン
2014年 上野ABABをリニューアル、地下1階に赤札堂上野店オープン

採用連絡先

〒110-8541 東京都台東区上野4-8-4
TEL.03-3831-8321総務部人事課
http://www.ababakafudado.co.jp