株式会社松屋

株式会社松屋の先輩情報

東証

株式会社松屋

【百貨店】

先輩情報

松本真吾(2008年入社)

銀座店 販売促進課 販売促進チーム  

職種 営業推進・販売促進
出身校 明治大学
   
専攻分野 経済・経営・商学系

インタビュー

「松屋に行きたい!」を仕掛ける仕事

  • 店全体のプロモーションを管轄する販売促進課は、役職や部署に関わらず、非常に多くの人たちを巻き込みながら一緒に仕事を行います。打合せの日程やそこで出た意見の取りまとめなど、調整力を発揮しなければならない場面も日常茶飯事ですが、銀座と浅草という都内の二店舗体制で、社員一人ひとりの顔と名前が一致しやすい環境なので、いざ一緒に仕事をするときも初めから密にコミュニケーションをとることができます。
    集客イベントを仕掛けてお客様を集める私たちと、商品を販売する売場との二人三脚で成り立つ百貨店。その中での私のミッションは、イベントの企画や告知だけでなく、商品の購入までいかに繋げていくかを考えること。責任の大きさも感じていますが、「お客様のために絶対にやり遂げる」という気持ちで仕事に取組むことができています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    父への憧れからスタートした就職活動

    幼少の時から没頭し、大学を卒業するまで続けていた野球。朝から晩まで野球漬けの毎日が続き、アルバイトの経験もなければ実際に就職活動が始まってからも、自分が何をしたいのか明確な考えは持っていませんでした。
    業界、職種、そしてたくさんの企業…溢れる情報と迷いの中で、ふと浮かんだのは父親の姿でした。アパレルメーカーで婦人服を担当し、毎日スーツやジャケットをかっこよく着こなして働いていた父の姿に、漠然と「洋服を扱う職場で働きたい」という思いが芽生えてきました。
    その後、実際に百貨店に勤務する先輩の話を聞いていく中で、会社の雰囲気や印象が一番良かったのが松屋。銀座、浅草という都内でも有数の立地に店を構え、一人ひとりの顔を見ながら仕事ができそうだと感じたことが、最大の決め手となりました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    売上目標1億円のイベントを手掛けるスケール感!

    もし皆さんが「売上目標1億円のイベントを手掛けなさい」と言われたら…?
    私が担当するのが、まさにこのような仕事。イベントのテーマ、ターゲットの設定、そして売場から販売計画の吸い上げを行い、その後わずか三ヶ月という期間で、広告作成や集客施策の企画、会場のレイアウトを一手に管轄しながら、目標の達成に向けた組み立てをしていきます。全部で50近くの項目を準備・検証しますが、何千というお客様が集う当日には必ずハプニングが起きるもの。とっさの判断と対応力が問われ、会場内を奔走することもしばしばです。「本当にこれでお客さまに満足してもらえるのか?」そんな自問自答を繰り返しながらイベントを企画することに、絶対的な正解はありません。だからこそ生み出せるスケール感、そしてスピード感に大きなやりがいを感じています。

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事
  • 人との出会いが多い仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事