株式会社ヤオコーの企業情報

東証

株式会社ヤオコー

【スーパー】

■27期連続増収増益中!その原動力はメンバーひとりひとりの想いと力■
関東圏内に151店舗を展開し、現在27期連続増収増益中の食品スーパーマーケットです。ただ、やらされるだけではない、自分の想いをこめた売り場・店舗づくりをすることによって、地域のお客さまから「ヤオコーがあってよかった」と言っていただける達成感のある仕事を私たちと一緒に取り組みませんか?

  • 地域に密着した事業展開

  • 3年連続で業績アップ

  • 実力と成果を重視

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
豊かで楽しい食生活提案型のスーパーマーケット

食品スーパーマーケット(生鮮食品を中心に一般食品及び日用雑貨品を主体とした小売業)として食事の提案と豊富な品揃えで地域社会に貢献しております。

食品スーパーマーケット(小売)の魅力は、自分のやったことの結果が目に見えるかたちですぐに返ってくること。お客さまの反応、売上金額になって反映されることが一番の面白さです。
そして、失敗を恐れずその結果をもとにすぐに改善して、より良いものを作り上げていくことができる、それがヤオコーの魅力であり、成長のポイントです。

ビジョン/ミッション
「みんなの個性がヤオコーの企業力」

27期連続増収増益の食品スーパーマーケット。
東京・神奈川・千葉にも積極出店!500店舗1兆円企業を目指します。

私たちの仕事

当社は、食料品を中心としたスーパーマーケットです。
現在、埼玉県を中心に千葉県、群馬県、茨城県、東京都、栃木県、神奈川県の1都6県に広く店舗展開し、生鮮食品、惣菜をはじめとする食料品並びに家庭用品などの住居関連商品の販売を行っております。
地域のお客さまの毎日の消費生活を豊かにするために、「味」と「鮮度」の追求、「メニューに合わせた品揃え」の追求、「安さの実現」に努めています。
「楽しい食卓」が演出できる店づくり、「楽しい買物」ができる店づくりをめざし、価値ある商品の開発やサービスの向上に取り組んでいます。
地域のお客様の豊かな食をつくっているのは私たち!というプライドを持って仕事をしています!

はたらく環境

職場の雰囲気
自分の想いをこめた売り場・店舗づくり

ひとくくりに関東と言っても地域によって好みや味付け、地域行事などニーズやライフスタイルは様々で、通常のチェーンストア・オペレーションでは地域ごとのニーズに対応しきれません。ヤオコーでは地域ごとに異なるライフスタイルやニーズに対応できるようにその地域を誰よりも知っている店舗のメンバーに商売のやり方を任せています。その分、メンバーそれぞれの売場や商品にかける想いや考えがとても大切です。店長を筆頭に、メンバー全員で店づくりを行う「全員参加の商売」の姿勢が、ヤオコーの成長の原動力になっていると私たちは考えています。
ただ、やらされるだけではない、自分の想いをこめた売り場・店舗づくりをすることによって、地域のお客さまから「ヤオコーがあってよかった」と言っていただける達成感のある仕事を私たちと一緒に取り組みませんか?

企業概要

創業/設立 1957年7月
本社所在地 埼玉県川越市脇田本町1-5
代表者 代表取締役会長  川野幸夫
代表取締役社長  川野澄人
資本金 41億9900万円
営業収益 3254億4100万円 (2016年03月期実績)
従業員数 2714名(正社員のみ) (2016年03月現在) 
子会社・関連会社 (株)ヤオコービジネスサービス
(株)ヤオコープロパティマネジメント
事業所 埼玉県(85店舗)、千葉県(27店舗)、群馬県(13店舗)、茨城県(7店舗)、栃木県(5店舗)、東京都(8店舗)、神奈川県(6店舗) 合計151店舗(2016年11月1日現在)
経常利益 135億3900万円 (2016年03月期実績)

採用連絡先

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町1-5
ヤオコー人事部人事第3 高瀬・馬場・横尾
採用直通フリーダイヤル 0120-43-8052
(月~金 9:30~18:00)
http://www.yaoko-net.com
E-mail:jinji-saiyo@yaoko-net.com