東京産業株式会社の企業情報

東証

東京産業株式会社

【商社(機械・精密)|商社(電子・電機・情報機器)】

現代の私たちの生活は「機械」によって支えられています。機械から作り出される様々なモノは、私たちの生活をより豊かにし、その進化によって、日々、新しいモノが作り出されています。
機械の総合商社として社会の根幹を支える東京産業は、新たなコア事業の確立、成長性のある事業領域の開拓、グローバルな市場の開拓を目指し、お客様の多様なニーズにも対応すべく、最適なビジネスソリューションを提供できるよう発展を図ってまいります。
これらの成長のためには、意欲と挑戦心に溢れた人材が欠かせません。ひとりでも多くの方々とお会いできることを、心より楽しみにしています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
企業理念

■ 企業理念 ■
1.顧客に「信頼」され社業を通じて社会の発展に「貢献」する。
2.「相互信頼」と「協調」の精神を基本として勇気と信念を持って行動する。
3.社会と調和を大切にし、自ら良き企業市民として節度ある企業活動を行う。

私たちの仕事

電力設備や工作機械設備をはじめとした様々な機械を取り扱っており、縁の下の力持ちとして、日々、人々の生活や日本のものつくりを支える仕事をしています。

【営業】:各種機械設備などの提案営業、国内販売および輸出入業務
【管理】:総務、人事、経理、法務、情報システムなど

私たち商社の仕事は、「ものつくりの現場」から「ものを必要とする現場」へ商品を販売することです。これだけ聞くととても単純なことのように聞こえるかもしれません。しかし、実際には私たちの仕事は、商品を作り始めところから、納期管理をはじめとする双方の要望の交渉・納品後のフォローに至るまで、あらゆる局面で機能します。また、社会状況や顧客の動向からニーズを読み取り、多様なコネクションによってソリューションを導きだす提案営業等、ビジネスを生み出すきっかけをつくるのも私たちの仕事です。
私たちは、自社製品も自社工場も持たない代わりに、人の足で、人の言葉で、多くの企業、人々とビジネスを共にしています。細やかな仕事はもちろんのこと、規模の大きな商品取引に関わる機会も多い為、やりがいや達成感を日々感じることができます。

はたらく環境

社風
東京産業の特徴

東京産業の特徴のひとつとして「少数精鋭」というのがあげられます。300名に満たない従業員数で1000億円以上の売上高を計上しており、一人ひとりの貢献度がとても高くなっております。若手のうちから海外の取引先や多くの人々を巻き込む仕事を任されるチャンスも多くあり、既存のビジネスだけでなく、新しいビジネスにもしっかりとした事業計画やそのビジネスに対する想いがあれば、自ら立ち上げ実行していくことも可能です。そのような社風の背景には、新たな挑戦をしていく中でぶつかる「壁」をともに越える仲間の存在があります。所属部署の上司や先輩のみならず、部署や年齢の枠を越えて、多くの社員と関わることができる点も、少数精鋭企業であるわが社の魅力の一つだといえます。仕事だけでなく、野球部やサッカー部、釣り部などの部活動もあるので、同年代や同部署だけでない「縦」にも「横」にも広がる繋がりを作りやすい環境が整っています。
社外の取引先はもちろんのこと、社内でも多くの人達に自ら飛び込んでいける社員が多いのも、東京産業の特徴のひとつかもしれません。

企業概要

創業/設立 1942年4月に大和機械株式会社として設立
1947年10月に旧三菱商事株式会社が財閥解体を命ぜられたことを機に、同社機械部の有志により、三菱系各社の支援の下、東京産業株式会社として新発足
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目2番1号 新大手町ビル8階
代表者 代表取締役社長 里見 利夫
資本金 34億4328万円
売上高 1100億2800万円(2016年3月実績)
従業員数 258名 (2016年03月現在) 
子会社・関連会社 TOKYO SANGYO SINGAPORE(PTE)LTD.
菱東貿易(上海)有限公司
TOKYO SANGYO(THAILAND)CO.,LTD.
PT.TOKYO SANGYO INDONESIA
TOKYO SANGYO INC.
TOKYO SANGYO MACHINERY,S.A.de.C.V.
TOKYO SANGYO EUROPE GmbH
東京産業不動産株式会社
社会環境イノベーション株式会社
事業所 <国内拠点>
札幌、仙台、新潟、福島、鹿島、東京、静岡、名古屋、神戸、広島、福岡、北九州、長崎

<海外拠点>
台北、ジャカルタ、上海、広州、バンコク、シンガポール、フランクフルト、カリフォルニア、オハイオ、アグアスカリエンテス
沿革 1942年4月16日、安江安吉氏が機械器具の製造販売を業とする大和機械株式会社を設立した。 その後、同社は1947年3月、商号を東京建材工業株式会社に変更した。 一方、1947年7月、連合軍総司令部覚書により三菱商事株式会社が解散を命ぜられ、同社機械部の有志が東京建材工業株式会社の経営権を譲り受け、商号を東京産業株式会社に変更した。 

1947年10月 三菱系各社支援の下、一般産業機械及び器具類の国内販売、輸出入を業とする機械専門商社として新発足し、10月20日を創立記念日とした 

1950年11月 名古屋出張所(現名古屋支店)開設 

1951年3月  仙台出張(現仙台支店)開設 

1951年4月  大阪出張所(現関西支店)開設 

1956年6月  台北出張所(現台北支店)開設 

1957年4月  三菱重工業株式会社の発動機の代理店、株式会社東京メイキ商会を合併 

1959年8月  東京証券取引所に店頭株として公開 

1960年3月  取扱品目の多角化を図るべく船舶・舶用機械類の輸出入取扱に特色を持つ日協産業株式会社と対等合併 

1961年10月 東京証券取引所市場第二部に上場 

1971年4月  三菱重工業株式会社の農機部門再編成で農機部門を分離 

1977年4月  TOKYO SANGYO SINGAPORE(PTE)LTD.設立 

1983年10月 三菱重工業株式会社の発動機部門再編成で発動機部門を分離 

1987年2月  東京産業不動産株式会社設立 

1996年9月  東京証券取引所市場第一部銘柄に指定 

2006年10月 菱東貿易(上海)有限公司設立 

2007年7月  大阪支店と神戸支店を統合し、関西支店開設 

2011年11月 TOKYO SANGYO(THAILAND)CO.,LTD.設立 

2012年12月 PT.TOKYO SANGYO INDONESIA 設立 

2013年4月  TOKYO SANGYO,INC.設立

2013年10月 投資単位を100株に変更

2014年5月  TOKYO SANGYO MACHINERY,S.A.de C.V. 設立

2014年7月  TOKYO SANGYO EUROPE GmbH 設立

2016年4月  社会環境イノベーション株式会社 設立

採用連絡先

〒100-0004 
東京都千代田区大手町2丁目2-1 
新大手町ビル8F 
総務人事部人事課 
TEL 03-5203-7690 
HP  http://www.tscom.co.jp/