土屋グループ(株式会社土屋ホーム 株式会社土屋ホームトピア)

土屋グループ(株式会社土屋ホーム 株式会社土屋ホームトピア)の先輩情報

東証

土屋グループ(株式会社土屋ホーム 株式会社土屋ホームトピア)

【住宅|設計|不動産】

先輩情報一覧

伊藤 瞳(2006年入社)

北海道営業部 本店 設計  主任

職種 建築土木企画・設計
   
出身学部 北海道職業能力開発大学校
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

営業のスキルが設計に生きる。リフォームのトータルプランナーはお客様の想いを形にするやりがいのある仕事。

  • 入社後1年間の営業職を経て、2年目に設計職になりました。元々人と話すことが得意ではなく営業という仕事に不安はありましたが、1件1件のお客様と接しているうちに自然と話すことが楽しくなりました。設計になってからはお客様と密に打合わせしプランを作っていく上で営業時代の経験が生きてきました。プラン打ち合わせから、内外装・照明・カーテン等のトータルコーディネート、作図、法規確認、構造計算、現場打ち合わせと業務内容は多岐に渡りますが、自分の提案が形になりお客様に喜んで頂けるやりがいのある仕事です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    学生時代学んできた建築を通して、人の役に立ち、喜んでもらえる仕事がしたくて

    大学では4年間建築を学び、ものづくりに興味を持ちました。特にお施主様と打合わせをしながら一緒に作り上げていく住宅の設計をすることが夢でした。就職活動を通して気付いたことは、住宅の設計職は法規・構造計算・作図が主で、お客様と直接関わることが意外と少ないということ。一番やりたかったプラン打ち合せは営業マンがやる会社が多かったのです。土屋グループは全社員営業体制でお客様との接点が多く、特にリフォームは人の役に立てる機会が多いと思い、自分にとっては理想の職種でしたので入社を決めました。

  • 当社のいいところ

    社員一人一人の良いところをみてくれる。若手も活躍できる活気のある会社です。

    採用面接では私が受けたほとんどの会社で「あなたは外交的ですか?内向的ですか?」という質問がありました。印象良く見せようと「外交的な方です」と答えていましたが、他社では「性格診断テストで内向的と出ています。営業には向いていないですね。」と言われました。ホームトピアの社長、役員の方は私の話や考え方を真剣に聞いてくれ、「あなたは前向きに考えられる人」と私自身を見てくれたことに感動しました。教育体制もしっかりしており、成果を上げた分だけ評価してくれる制度もあるので若い人でも活躍できる会社です。

  • 仕事のやりがいは・・・

    出会い~引渡し。お客様の想いをかたちにして「ありがとう」という最後の一言が最高の喜びです。

    リフォームは1件1件の建物が全て違い、今あるものを生かして今まで以上に良くしていくことが必須です。常に新しい問題にぶつかり、多様化するお客様ニーズに応えるために常に勉強の毎日です。入社1年目はわからないことだらけで失敗も多く、上司やお客様からもお叱りを受けることもありましたが、それも全て住宅のプロになるための試練。「お客様の為に」を常に心掛けることで最終的には「ありがとう」と言ってくれる、工事後も何かあったらすぐに声を掛けてくれるお客様が年々増えていくことが一番のやりがいです。

  • こんなときに成長を実感!

    1年前悩んでいたことが普通にこなせるようになったとき

    住宅リフォームは経験がものをいう仕事。最初は何もわからず常に壁に当たり、できない自分に悩んでいた時期がありました。件数をこなすうちに1年前できなかったことが気付いたら普通にこなせている自分に気付きます。1年1年壁は大きくなっていきますが、上司、先輩、周りの人に支えられながら乗り越えられるのでその度に自己成長できます。入社1年目のときに工事して頂いたお得意様から再度工事の依頼を受けたとき「すっかりベテランさんになって~」と言われ、自分では気づかなかった成長を実感できました。

  • 今後の目標・将来の夢

    全国リフォームコンクールに入賞することが目標。設計スキルを上げて夢のマイホームの実現。

    毎年、全国・道内のリフォームコンクールが開催されています。今までは、道内のコンクールに3回入賞しましたが、全国のコンクールには入賞経験がありません。住宅リフォームの設計は自分のやる気次第で常に上を目指し続けることができるので、現状に満足することなく全国レベルの設計ができるようになることが目標です。良質な物件を多く見て、提案に落としこめられないかを意識しプランしています。設計スキルを上げて、学生時代からの夢だったこだわりのマイホームを建てることが今私の一番の夢です。