スタンレー電気株式会社

スタンレー電気株式会社の企業情報

東証 応募受付終了

スタンレー電気株式会社

【電気・電子|半導体デバイス|自動車】

【~海外33拠点からグローバルに展開する“光創造企業” スタンレー電気 ~】
スタンレー電気は「光に勝つ」を企業スピリットとして、自動車用照明製品、半導体製品、LED照明製品などを幅広く手掛ける『光創造企業』です。

  • 海外事業展開に積極的

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
「光」の可能性を追究し、独自の製品を世界に提供します

スタンレー電気は、光の創造を担う製品を通じて、世界中の産業と暮らしを支えています。

■自動車用照明機器のメーカーとして高いシェアを保持
スタンレーの社名を初めて知った方でも、きっと当社の製品を目にしたことがあるはず。自動車照明機器メーカーとして高いシェアを誇るスタンレーの製品は、国内の自動車メーカーをはじめとして海外の自動車メーカーにも採用されています。自社独自のノウハウや技術を、自動車のヘッドランプやリアランプの開発へと活かすことで、自動車の安全性向上に大きく貢献しているのです。
また、近年ではランプの光源にLEDを採用。省エネ、長寿命ということに加えてデザイン性の高い自動車照明機器を作り出しています。スタンレーの強みとも言える、自動車機器事業と電子機器事業双方のノウハウを相乗効果として活かしたものづくりで、より顧客満足度の高い製品を提供しています。

■電子デバイスメーカーとしてPCから一般照明に至るまで幅広い製品を供給
スタンレーのもう一つの顔、それはLEDやバックライトなど電子デバイスメーカーとしてのビジネスです。
スタンレーが作り出す電子デバイスは、PC(液晶画面など)のバックライトユニットや、デジカメ、一般照明など日常生活を支える数多くの製品に搭載されています。スタンレーでは、LEDをはじめとする電子デバイスの発光素子の研究開発から製造・販売まで一貫して取組んでいます。また、基礎研究の分野では、主に視覚機能を中心とした感性工学・人間工学、LEDの演色性や発光効率向上のための蛍光体材料、高出力の発光デバイスを目指した表面プラズモン共鳴、照明などから排出される熱を電気に変える熱電変換材料などの研究にも取り組んでいます。

企業理念
“光に勝つ” それが、スタンレーの企業スピリット

光は人間に多くの恵みをもたらす無限の可能性を持っています。その光に勝負を挑み、そして勝つことなどは不可能でしょう。まさに恐れを知らぬ言葉なのですが、未来を切り拓いていこうとする時、最も大事なことは、実現不可能なほど高い目標でも全員で果敢に挑もうとする志を持つことです。
「論理的にそれは不可能だよ」という前に、まずは挑戦してみる。それが、新世紀を勝ち抜くための“スタンレースピリット”です。

事業・商品の特徴
先進技術力で、次世代製品の開発を続けます

スタンレーにおけるモノづくりのスタンスは、光に挑み、光に価値、新しい製品を生み出していくこと。そのスタンスのもと、スタンレーはこれまでに数多くの「次世代」製品を生み出してきました。
例えば、1968年に発売され、当時世界最小を達成した「超小型電球」や、1969年に業界で一早く開発に着手した「発光ダイオード(LED)」。今後も、次世代製品に挑戦し、世界を驚かせるモノづくりを続けます。

私たちの仕事

○研究開発 
 オプトエレクトロニクスデバイスの基礎から応用までの研究・開発

○電子システム開発
 組み込みソフトウェア、制御系の開発

○回路設計 
 カーエレクトロニクス製品、オプトエレクトロニクス応用製品の
 アナログ・デジタル・高周波回路・電源回路の開発・設計

○製品設計 
 自動車照明製品、エレクトロニクス製品の開発・設計 

○プロダクトデザイン
 ヘッドランプ、リアランプ、車内インテリアなどクルマの内外装のデザイン
 住宅・街路灯などの一般照明や応用製品の新規デザイン開発

○生産技術 
 電子デバイス、電気機器製品、自動車照明製品の生産技術、
 ロボット制御、画像処理のプログラミングなど量産化技術の開発・設計

○営業(国内・海外) 
 カーメーカー、家電メーカー等に対する営業・拡販 

○マーケティング 
 市場情報の収集・分析と、最適な戦略と実行施策の立案・支援等 

○国際 
 海外事業運営に関わる案件に対する情報収集・企画立案・管理分析
 ・調整等

○その他職種 
 社内システム開発・品質保証・総務
 法務・人事・経理・秘書・購買等の各種業務

はたらく環境

組織の特徴
海外33拠点を中心に、グローバル展開を続けます

当社の主力製品である、自動車用照明機器は、自動車マーケットに大きく影響を受けます。日本では、自動車のマーケット規模は横ばいですが、アジアを中心に世界のマーケットは拡大中です。スタンレーは、アジアを中心としたグローバル展開に力を入れ、先進技術力で世界に製品を届けます。

社風
創造性とチャレンジ精神が活性化する風土の確立

自由闊達で社員一人ひとりが自主性を持つことにより、創造性とチャレンジ精神に富んだ活き活きとした企業風土を確立しています。
そのために、スタンレーでは、能力主義を軸とした公平性、納得性、妥当性のあるトータルな人事制度であるスターズプラン(STARS Plan)を展開しています。
※STARS Plan=Stanley Total Ability Rating System Plan

▼詳細はこちら▼
http://saiyo-stanley.com/institution/index.html

企業概要

創業/設立 創業:1920年12月29日(大正9年)
設立:1933年 5月 5日(昭和8年)
本社所在地 〒153-8636
東京都目黒区中目黒2-9-13
代表者 代表取締役社長 北野 隆典
資本金 30,514百万円(2016年3月時点)
売上高 単体:1,690億7,400万円(2016年3月期実績)
連結:4,041億4,800万円(2016年3月期実績)
従業員数 本体3,483名、グループ15,542名 (2016年03月現在) 
子会社・関連会社 国内:8社 海外:33社
事業所 【本  社】 東京都目黒区  

【研 究 所】栃木県宇都宮市
       神奈川県横浜市(3拠点)

【生産拠点】山形県鶴岡市
      神奈川県秦野市
      静岡県浜松市
      愛知県岡崎市
      広島県東広島市

【営業拠点】宮城県仙台市
                   福島県いわき市
       栃木県宇都宮市
       埼玉県さいたま市、川越市、朝霞市
       神奈川県秦野市、横浜市
       静岡県浜松市
       愛知県岡崎市、名古屋市
       三重県鈴鹿市
       大阪府大阪市 
       岡山県倉敷市
       広島県東広島市
       福岡県福岡市
       熊本県阿蘇郡
チャージ休暇制度 ■5年毎に取得できる『チャージ休暇制度』で心身ともに充電!■
スタンレーには勤続年数によって連続休暇を取得できる「チャージ休暇制度」というものがあります。これは入社してそれぞれ5年、15年、25年間勤務した人は1週間、10年、20年、30年間勤務した人は1ヶ月の連続休暇を取ることができるというものです。つまり5年毎に1週間か1ヶ月の休暇がもらえるのです。また、休暇中のプライベートライフをサポートするための手当も支給されます。このチャージ休暇制度を活用すれば、海外旅行をしたり、語学留学をしたり、免許を取りに行ったりと、普段の休暇ではなかなかできないことも実現できるのです。心身ともにリフレッシュし充電するとともに、仕事への新たな意欲を養うこの休暇は社員にも人気の制度です。

採用連絡先

〒153-8636
東京都目黒区中目黒2-9-13
スタンレー電気株式会社/人事部採用担当 
TEL:0120-522-840
 (受付時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00) 
http://www.stanley.co.jp/