浜松ホトニクス株式会社

浜松ホトニクス株式会社の企業情報

東証

浜松ホトニクス株式会社

【電気・電子|半導体デバイス|その他電子・電気機器】

2015年は国連によって制定された「国際光年」(光と光技術の国際年)であり、光と光技術の重要性を共有する活動が国際的に推進されています。

私たちは半世紀以上に渡って「光」の可能性を追求してきました。しかし「光」には未だ人類が解明していない領域も多く、無限の可能性を秘めております。

当社は“光のパイオニア”としてこの領域を開拓し、光技術により人類、社会の発展に寄与していきたいと考えております。ぜひ私たちと一緒に、未知未踏の分野へ挑戦してみませんか!

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
ノーベル賞受賞にも当社製品が貢献!!

光センサ・光源および応用機器、画像処理装置等の研究開発、製造販売(宇宙、医療、学術、産業用等)を行っています。最先端医療診断装置PET、小惑星イトカワを観測した人工衛星「はやぶさ」や、2013年ノーベル賞受賞で話題となりましたCERN(欧州原子核研究機構)で行われているヒッグス粒子の研究等、最先端分野で当社製品が使用されております。ニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」にて弊社光電子増倍管が使用されており、梶田先生のノーベル物理学賞受賞により大きな注目を集めました。

私たちの仕事

光センサ・光源および応用機器、画像処理装置等の研究開発、製造販売(宇宙、医療、学術、産業用等)を行っています。

 最先端医療診断装置PET、小惑星イトカワを観測した人工衛星「はやぶさ」や、2013年ノーベル賞受賞で話題となりましたCERN(欧州原子核研究機構)で行われているヒッグス粒子の研究等、最先端分野で当社製品が使用されております。

 ニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」にて弊社光電子増倍管が使用されており、梶田先生のノーベル物理学賞受賞により大きな注目を集めました。

はたらく環境

社風
もの創りの実践を通して未知未踏に挑む

世の中は、わからないことばかりです。わかりきっていること、当たり前と思われていることに「なぜこれをやるのだ?」という素朴な疑問を抱くところから、全ては始まると言えます。

 そして、その疑問に対して、現場で「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤を重ねることです。机の上だけでなく現場で実際にやってみる、試してみることの繰り返しで、肌身で問題のツボを感じるようになる。変化する世界の中で10年、20年先の産業を切り開く新しい知恵が生まれます。

企業概要

創業/設立 1953年9月
本社所在地 本社事務所/静岡県浜松市中区砂山町325-6 日本生命浜松駅前ビル
代表者 代表取締役社長 晝馬 明
資本金 349億2800万円
売上高 【連結】
1218億5200万円 (2016年9月期)
従業員数 4592名(連結) (2016年09月現在) 
事業所 工場/浜松地域7ヵ所
営業所/東京都港区、大阪市中央区、茨城県つくば市、宮城県仙台市、福岡市博多区、浜松市中区
研究所/静岡県浜松市2ヵ所、茨城県つくば市

採用連絡先

〒430-8587 
静岡県浜松市中区砂山町325-6 日本生命浜松駅前ビル
総務部 人事グループ
TEL 053-459-1110

http://www.hamamatsu.com