マルマテクニカ株式会社

マルマテクニカ株式会社の企業情報

マルマテクニカ株式会社

【機械|輸送用機器|商社(輸送用機器)】

まざまな側面をもつ、一見不思議な会社ですが、その中心には技術志向の好奇心と、家族的な暖かさがある会社です。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
建設機械本体の「製造」以外のほとんどをやっているといっても過言ではないです

近年は、建設機械以外の事業も増えてきています。
●各種建設機械・産業機械・特殊車輌の整備/改造/製造/販売
●各種建設機械用 “特殊アタッチメント” の開発設計/製造/販売
●特殊車輌及び特殊機械 〔鉄道・港湾・林業関連等〕 の開発/製造/改造/販売/整備
●各整備工場用設備機械・工具・テスト機器の開発/製造/販売/輸出
●木質系・金属系リサイクル関連機械の開発/製造/輸入/販売
●工作車 〔移動式整備工場〕 等の製造及び輸出
●環境関連機械の開発/製造/輸入/販売
●トラック搭載型クレーンの輸入/販売
●ディーゼルエンジンの輸入/販売


詳細はWebサイトを参照してください。

私たちの仕事

創業以来、変わることのない大切な商品。
一言で言えば、それは私たちの技術力です。
単なる「製品」で考えると私たちの真の姿がわかりません。なぜなら、私達は本当に色々な「製品」群を扱っているからです。定評のある「マルマの整備」にいたっては、「製品」という形がありません。しかし、共通していることはあります。それは、お客様の要求に何とか応えようとする、技術と意志です。

はたらく環境

社風
マルマテクニカの商品とは?

我々は約70年前に建設機械の整備事業からスタートし、その後、様々な事業を拡大してきました。それは、当時の経営判断もさることながら、実際はお客様のニーズに一生懸命対応してきた結果だと思っています。それが、今のようなスタイルに繋がり、技術力の蓄積に結びついたのでしょう。
すなわち、私たちの商品は、技術力とやる気を持った社員たちといえましょう。だからこそ、私たちの会社はお客様と同様に社員も大切に考えています。なぜなら、大切な商品なのですから・・・

企業概要

創業/設立 1946年(昭和21年)
本社所在地 神奈川県相模原市南区大野台6-2-1
代表者 代表取締役社長  森木 英光
資本金 1億円
売上高 64億円(2016年9月期)
従業員数 220名
その他に、パート社員さんや外注社員さんが大勢活躍しています。 (2016年12月現在) 
主要取引先 株式会社小松製作所、コマツ建機株式会社、キャタピラージャパン株式会社、キャタピラーソリューションエンジニアリング株式会社、前田製作所、VERMEER MANUFACTURING CO.
事業所 ■本社・相模原事業所
 〒252-0331 神奈川県相模原市南区大野台6-2-1
■東京工場(本店所在地) 
 〒156-0054 東京都世田谷区桜丘1-2-22
■厚木工場 
 〒243-0125 神奈川県厚木市小野651
■名古屋事業所
 〒485-0037 愛知県小牧市小針2-18
沿革 2016年9月11日で、創立70周年を迎えました。古ければ良いというものではありませんが、うれしいものです。ここではその一端をご紹介します。

1946年(S.21) 旧陸軍機甲整備学校車輌整備工場の跡地に、
             有限会社マルマ重車輌整備工場として発足。

1949年(S.24) 米国Caterpillar Tractor Co.の日本における指定
                   サービス工場となる。 

1953年(S.28) マルマ重車輌株式会社に名称を変更。

1957年(S.32) 小松製作所、三菱重工の建設機械の指定サービス工場
                   となる。

1959年(S.34) 建設機械分解組立用特殊工具の製造を開始。

1963年(S.38) 名古屋工場を開設。

1964年(S.39) 相模原工場を開設。

1968年(S.43) 相模原工場を拡充し、トラクタ用特殊アタッチメントの
                    専門製造工場を建設。

1980年(S.55) 建設機械整備工場向け設備の輸出を本格化。

1987年S.62) 化工機部と地下建機部を統合し、マルマ機工株式会社を
                   設立。

1994年(H. 6) 東京工場跡地に合同ビルを建設。

1996年(H. 8) 社名をマルマテクニカ株式会社に変更。
              東京工場跡地に本社ビル建設。
              厚木工場を開設。

2002年(H.14) 本社機能を東京から相模原に移転。

2006年(H.18) 名古屋にエンジン整備工場建設。

2012年(H.24) オーストリア パルフィンガー社トラック搭載型屈曲式
                    クレーンの販売代理店契約を締結

2013年(H.25) 英JCB社ディーゼルエンジン販売店契約を締結。
                    米コーラー社小型ディーゼルエンジンの販売店契約
                    を締結。
                    英ハートリッジ社ディーゼル燃料噴射試験装置の販売代理
                    店契約を締結。
2015年(H.27)  オーストリア エプシロン社トラック搭載型の林業用クレーンの販
                    売代理店契約を締結。
主な取り扱い製品としては ■一般建設機械 〔油圧ショベルなどの販売、整備〕
ブルドーザ、油圧ショベル、トラクターショベル、ホイールローダウォータージェット、シールド工事用機器、エンジン発電機、パルフィンガークレーン、ディーゼルエンジン

■各種特殊アタッチメント 〔建設機械に装着する特殊な作業装置〕
トリミングドーザ(船内荷役に使用し、押し作業とかき寄せ作業が可能)
サイドダンプバケット(左右にダンプするバケット:除雪や隧道工事で活躍)
ビーチレーキ(浜辺に廃棄されたゴミ類を素早く寄せ集める装置)
アングリングプラウ(降雪時に路面の雪を左右両方向に排雪できる装置)

■木質系リサイクル製品〔木材・根株・竹・建築廃材の破砕処理〕
タブグラインダー(木材破砕機:米国から輸入して国内で販売)
バイオマスチップボイラー(木材チップを燃料としたボイラー:英国より輸入)
木材グラップル(木材のハンドリングに威力を発揮する装置)
ウッドシァ (丸太や抜根を楽々切断する装置:木材破砕機とセットで活躍)
チップ散布機(木材のチップを散布する装置:法面緑化で活躍)

■建造物解体/金属リサイクル製品〔廃棄物関連〕
ラバウンティシァ(金属切断機、船舶・プラント・鉄骨物解体に威力を発揮)
自動車解体機(車の解体、分別処理を大幅にスピードアップ)
リフティングマグネット(強力な磁力で金属スクラップを取り扱う装置)
スクラップハンドラー(ワイドな作業範囲で効率の良い荷役作業)
スチールバスター(製鉄所で発生するスラグを破砕し、リサイクルに貢献)

■各種特殊車両
バラスト掘削機(線路の敷石を容易に交換する機械:保線現場で活躍)
消防ロボット(危険な消火作業をリモコンで行う放水車)
工作車(機械を修理する機材を搭載した移動式の修理工場。海外で活躍)
泥上作業車(湿地帯での土壌改良作業で活躍:海外で生産し海外に販売)

■整備工場用設備機器
油圧機器テストスタンド(流体力学応用製品:油圧機器の性能確認に使用)
トラックリンクプレス(無限軌道の部品を再生する作業で活躍するプレス)
エンジン分解スタンド(エンジンの整備を効率良く行う整備用設備です)
特殊工具(建設機械を整備するのに必要な特殊な道具:世界中に輸出)

■環境関連機器
NOx・PM優良低減装置(ディーゼルエンジンの排出ガス浄化装置)
ディーゼル自動車粒子状物質低減装置(粒子状物質(PM)を低減する装置)
触媒式浄化マフラー(一酸化炭素(CO)炭化水素(HC)を触媒作用で浄化)
排ガス浄化装置メンテナンス用品 


など、多岐にわたり、ここではとても語り尽くせません。詳細はWebサイトを参照して下さい。 
→http://maruma.co.jp

採用連絡先

マルマテクニカ株式会社
本社・相模原事業所
業務企画室 藤崎、窪田
 〒252-0331 神奈川県相模原市南区大野台6-2-1 
 TEL 042-751-3810  
 FAX 042-751-3216
 info-2018@maruma.co.jp