冨士ダイス株式会社

冨士ダイス株式会社の企業情報

東証

冨士ダイス株式会社

【機械】

゛人゛を原点に真の社会貢献を追及

  • 地域に密着した事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
メッセージ

昭和24年の創業以来、私たちは超硬耐摩耗工具の製造一筋に心技を磨き、お客様本位の直販方式と、全国を結ぶ最新鋭の工場・サービス網により、いつでも、どこでも、何でも間にあう冨士ダイスとして、より質の高い顧客奉仕の実践を追求し続けてきました。

常に最高水準の精度を要求される私たちの超硬工具づくりにおいて、技術と品質はまさに「人」の質によって決まると言っても過言ではありません。このことを踏まえ、冨士ダイスでは「人」を企業の原点として、人間尊重、人間中心の経営を行っています。

企業理念
経営方針 『FUJILLOY』

「生命工具」

超硬合金を主体とした耐摩耗工具のことを、私たちはこう呼んでいます。材料や機械や人間がすべて揃っていても、工具の出来次第(精度)でお客様の製品そのものの命(品質)が決まってしまう。 この大きな責任を自覚しながら、冨士ダイスは常に世界最高水準の技術力をもって、客様のニーズに応え続けて来ました。

日進月歩の技術革新とともに、あらゆる分野でより高精度なパーツが求められるようになり、これを生み出す優れた超硬耐摩耗工具への需要はさらに高まってきています。こうした産業界全体のニーズに応えるべく、最先端の高性能ハイテクマシンを業界に先駆けて導入し、自動化、省力化に努めています。

しかし、私たちはいかなる性能をもってしても機械力だけでは成し遂げられないファクターがあることも知っています。
芸術品ともいうべき最高精度の工具―。それは妥協やごまかしのない「誠心」から生み出される人間の卓越した「うで」を通してのみ製作可能です。

そのために、フジダイスマンは日々心をみがき、最高度の技術修得に努めています。超硬耐摩耗工具のトップクラスのメーカーとして、お客様の信頼に応え続けてきた冨士ダイスの製品。それはフジダイスマン一人ひとりに培われた創造の精神と、業界最高峰のマシンテクノロジーとが美しく調和した゛結晶゛そのものなのです。

私たちの仕事

超硬工具(耐摩耗工具)・超硬合金の製造販売

はたらく環境

社風
社会の一隅を照らす理想的企業形態の実現を目指しています。

企業の目的は「しあわせな人」を育てることにあると考え、家庭的雰囲気のもとに
全員が相和し、常に道を学んでその徳性の高揚につとめ、個人としては幸福な人生の追求を心がけ、企業としては社会の一隅を照らす理想的企業形態の実現を目指しています。

企業概要

創業/設立 創業 昭和24年(1949年)6月6日
本社所在地 〒146-0092
東京都大田区下丸子2-17-10
代表者 代表取締役社長 西嶋守男
資本金 1億6,400万円 (純資産:163億円 H27実績)
売上高 145億2,900万円 (H27年 3月期 実績)
従業員数 895名 (2017年02月現在) 男子793名 女子102名
子会社・関連会社 ◎グループ会社

[国内]
新和ダイス株式会社
冨士シャフト株式会社

[海外]
中国
富士模具貿易(上海)有限公司
タイ
FUJILLOY (THAILAND) CO., LTD.
インドネシア
PT. FUJILLOY INDONESIA
マレーシア
FUJILLOY MALAYSIA SDN. BHD.
事業所 ◎本社
東京都大田区下丸子2-17-10

・郡山製造所
福島県郡山市待池台2-2-8
・郡山第二工場 
福島県郡山市字道場407-1 
・秦野工場
神奈川県秦野市平沢36-1
・秦野第二工場
神奈川県秦野市平沢41-2 
・名古屋工場
愛知県名古屋市緑区大根山2-106
・大阪工場
大阪府吹田市芳野町8-10
・岡山製造所
岡山県倉敷市玉島乙島字新湊8234-15
・熊本製造所
熊本県玉名郡南関町関下1966 

[営業課・所]
郡山、栃木、埼玉、東京、秦野、北陸、名古屋、大阪、岡山、門司、熊本

採用連絡先

〒146-0092 東京都大田区下丸子2-17-10 
担当者 : 人事部 採用担当 
TEL : 03-3759-7181(代) / 03-3759-7185(直通) 
FAX : 03-3759-7395 
E-mail : jinji.kyoyu@fujidie.co.jp