住友金属鉱山株式会社

住友金属鉱山株式会社の企業情報

東証

住友金属鉱山株式会社

【非鉄金属】

400年以上の歴史を持つ日本を代表する総合非鉄素材メーカー

  • 地域に密着した事業展開

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
資源開発から製錬・加工まで一貫した技術を確立する総合非鉄素材メーカー

当社は住友グループの源流企業として400年以上の歴史を持つ、日本を代表する総合素材メーカーです。安土桃山時代に銅の製錬からスタートした当社ですが、現在は世界を舞台とした資源(鉱山)開発や非鉄金属製錬(金、銅、ニッケル)などの創業以来取り組んでいる事業のほかに、最先端の電子機器に使われる部品や低炭素社会実現のカギとなる二次電池の材料の生産など、幅広く事業を展開しています。

私たちの仕事

住友金属鉱山の代表的な職種をご紹介いたします。

≪技術系≫

■資源開発
鉱脈の発見から調査、その後の開発計画や運営管理(費用管理、人員管理、保安業務)に至るまで、幅広い業務があります。国内だけでなく、海外鉱山での業務にも携わる機会が多くあります。

■生産管理
決められた生産量を確保することはもちろん、安全面や環境面で問題が起きないよう生産現場全体を管理する職種です。様々な部署と協力・調整しながら、製品の生産状況そのものの管理の他、生産現場の費用や人員、設備管理も行います。

■設備保全
既存設備の保全・改善業務、新規プロジェクトや増産時の設備設計およびこれらに伴う工事手配や工事施工管理を行います。計画どおりの生産を実現するために、設備の面から生産現場を支えます。

■研究開発
新規市場開拓につながる新たな材料開発の知見やデータを取得するための基礎研究、顧客の依頼に応えた開発や提案、または共同開発などに携わります。また、生産現場の技術支援も行います。


≪事務系≫

■人事・労務
採用、労務管理、福利厚生関連業務、教育計画の策定・実施まで様々な業務があります。社員が安心して仕事に集中でき、仕事を通じて成長できる環境を整えています。

■経理・財務
本社経理部や各事業室における財務会計や生産現場において経理的側面から生産計画や製造工程の改善提案を行う業務があります。どちらの業務も、携わる事業や製造工程についての深い知識が求められると同時に、多くの人との協力・調整が求められる業務です。

■営業
SMMは多種多様な製品の開発・生産・販売を行っています。営業は、それら製品を必要とする新規顧客の獲得や既存顧客とのやりとりをします。また、顧客と生産現場の間に入り量、質、納期等、あらゆる要素において調整を行います。

■法務・広報
法務では、一般法務関係(契約書の作成・審査、法律相談など)、株主総会事務局、コンプライアンスチェックなどの業務を行います。広報では、マスコミに向けた社外広報、投資家に向けた経営・財務状況の情報発信、CSR活動の事務局などの業務を行います。

はたらく環境

社風
事業は人なり

企業は刻々と変化する環境の中で成長していかなくてはなりません。そのためには、企業自身が「進化」し続けていくことが必要となります。進化を続けるための方法は、企業によって異なりますが、我々は一人のカリスマ的なリーダーシップに頼るのではなく、組織の一人一人の力を十分に発揮することで実現しようと考えています。つまり、『事業は人なり』ということです。

企業概要

創業/設立 設立/1950(昭和25)年 
創業/1590(天正18)年
本社所在地 東京都港区新橋5-11-3
代表者 代表取締役社長 中里 佳明
資本金 932億円(2015年3月期)
売上高 連結 8554億円 / 単独 7003億円 (2016年3月期)
従業員数 連結8734名 単独2267名 (2016年03月現在) 
子会社・関連会社 (株)日向製錬所、住友金属鉱山シポレックス(株)、住鉱潤滑剤(株)、エヌ・イーケムキャット(株)、日本ケッチェン(株)、大口電子(株)、新居浜電子(株)、(株)伸光製作所ほか
事業所 本社/東京 

支社・支店/大阪・愛知 

事業拠点/北海道・栃木・東京・神奈川・千葉・三重・兵庫・愛媛・宮崎・鹿児島ほか

海外/フィリピン・中国・インドネシア・台湾・韓国・マレーシア・シンガポール・アメリカ・カナダ・チリ・ペルー・オーストラリア・ニューカレドニアほか
沿革 1590年: 住友家の業祖・蘇我理右衛門、京都において銅製錬を開業 
1691年: 別子銅山の稼業開始 
1927年: 住友合資、別子鉱業所の経営を分離して住友別子鉱山(株)を設立 
1937年: 住友別子鉱山(株)と住友炭礦(株)を合併して住友鉱業(株)を設立 
1950年: 住友金属鉱山(株)新発足 
1960年: 電子材料事業へ進出 
1971年: 東予銅製錬所完成 
1973年: 別子銅山閉山 
1975年: 別子事業所ニッケル・コバルト混合硫化物処理工場完成 
1983年: 菱刈鉱山開坑 
1986年: アメリカ・モレンシ―鉱山へ直接投資 
1993年: オーストラリア・ノースパークス金・銅鉱山開発プロジェクト参加 
1995年: 金隆銅業有限公司へ資本参加 
1997年: 菱刈鉱山累積産金量日本一に 
2001年: フィリピン・リオツバ鉱山の低品位硫化ニッケル鉱開発プロジェクト開始 
2006年: ポゴ金鉱山(米国アラスカ州)生産開始
2013年: タガニート・プロジェクトプラント完成、操業開始
2015年: シエラゴルダ銅鉱山(チリ)生産開始
2016年: モレンシー銅鉱山(アメリカ)の権益を追加取得

採用連絡先

〒105-8716
東京都港区新橋5-11-3
住友金属鉱山株式会社 人事部 採用担当
TEL:03-3436-7821
E-MAIL:saiyo2018_smm@ni.smm.co.jp