旭コンクリート工業株式会社

旭コンクリート工業株式会社の企業情報

東証

旭コンクリート工業株式会社

【建設|設計|建材・エクステリア】

★東証二部★「PCボックスカルバート」「HTCボックスカルバート」を基軸として、下水道分野で独自のシステム技術を保有しています。

  • CSR活動に積極的

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 安定した顧客基盤

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
「技術のアサヒ」

早稲田大学と共同で開発した耐震工法【TB(タッチボンド)工法】や、環境にやさしく、従来では施工が困難な場所での工事を可能にした【ECO・CL(エコ・クリーンリフト)工法】など、業界でも特に技術力では定評があります。特にTB工法は、NETIS(国土交通省・新技術情報提供システム)に採用されており、着実に実績を伸ばしています。

事業・商品の特徴
【東証二部】コンクリート製品メーカーのパイオニア

大正12年の創業以来、【最高の技術を持って社会に奉仕する】の精神で、社会資本整備の一端を担ってきました。

90余年という長い歴史の中、都市環境を支え続けながら、環境にやさしい耐震性に優れた製品を数多く生み出しております。

事業戦略
「強固な財務基盤」

毎年安定して利益を出しており、強固な財務基盤を持っております。当社が開発した新技術を独占せずにあえて他社に供与して、その技術の使用量に応じてロイヤリティーを受け取っており、安定した利益を出す仕組みが整っております。

私たちの仕事

コンクリート二次製品の製造・販売を通じて、社会基盤整備をしています。特許技法を用いた下水道製品など、地中から安全で豊かな暮らしを支えています。

はたらく環境

組織の特徴
最新の設備と妥協を許さない品質管理体制

当社では最新の設備と妥協を許さない品質管理体制の下【プレキャスト耐震性防火水槽】、【PC雨水貯溜槽アグア】などといった環境にやさしい商品を数多く生み出しています。他にもセメント二次製品事業を中心に、日々技術革新に努めています。

企業概要

創業/設立 1923年(大正12年)11月14日
本社所在地 東京都中央区築地1-8-2
代表者 代表取締役社長 清水 和久
資本金 12億490万円
売上高 123億9,600万円(2017年3月期)
従業員数 231名 (2016年03月現在) 職員:104 現業職員:90 一般職:37名
株主 日本ヒューム株式会社 
太平洋セメント株式会社
株式会社みずほ銀行  
みずほ信託銀行株式会社
高周波熱錬株式会社
三井住友建設株式会社ほか
事業所 本社及び東部支社/東京 西部支社/京都 営業所/東京、横浜、千葉、埼玉、秋田、仙台、京都、大阪、和歌山、金沢、名古屋 出張所/茨城、神戸 工場/埼玉、茨城、秋田、仙台、和歌山、滋賀、兵庫、愛知、岐阜

採用連絡先

〒104-0045
東京都中央区築地1-8-2
旭コンクリート工業株式会社
人事部(TEL03-3542-1206)
E-mail:jinji@asahi-concrete.co.jp