ダウ・ケミカル日本株式会社

ダウ・ケミカル日本株式会社の企業情報

ダウ・ケミカル日本株式会社

【化学】

私たちは、人類の進歩を支えるために、革新的な科学技術と6千を超える製品群を用いて世界の課題解決を目指すグローバルチームです。「人々の生活の質を向上させるのは、日々の研究から生み出されるソリューションである」というダウ・ケミカル・カンパニーの創業者であるハーバード・H・ダウの想いは、創業から120年以上たった今でも企業のDNAとして引き継がれており、ダウには常にチャレンジできる環境と、イノベーションのために国境を越えて協働する仲間がいます。

  • 多角的な事業展開

  • 3年連続で業績アップ

  • 外資系企業

私たちの魅力

事業内容
世界180カ国で活躍する、世界最大規模の総合化学品メーカーです。

ダウは、世界最大規模の総合化学品メーカーです。原料から川下製品まで、統合化された製造体制、6千種類以上に及ぶ化学製品、多様性に富んだ企業文化を基盤に、5万9千人の従業員が世界180カ国で活躍する真のグローバル企業です。
たゆまぬ技術革新と化学の力を結集して、清潔な水、再生可能なエネルギー、作物の生産性改善など世界が直面する課題の持続的な解決に取り組み、最先端材料、機能化学品、プラスチック、電子材料、農業科学品など、消費者に快適な生活をもたらす素材を提供しています。

ビジョン/ミッション
The Human Element At Work

【Vision】
化学・生物学・物理学の力を用いて、ステークホルダーのために技術革新を生み出す

【Mission】
世界で最も価値のある、尊敬されるサイエンス・カンパニーとなることで、長期的な株主価値を最大化する

【Value】
誠実性・人を大切にする・地球を守る

私たちの仕事

各種化学製品の製造・輸入販売、および技術サービス提供ならびに関連研究開発

はたらく環境

組織の特徴
圧倒的な売り上げを占める真のグローバル企業です。

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーは、米国ミシガン州ミッドランドに本社を置き、世界各地で基礎化学品から高機能化学品およびサービスの開発、生産、販売を行っている総合化学品メーカーです。さまざまな国籍を持つ従業員の数は5万9千人、圧倒的な売り上げを占める真のグローバル企業です。

日本においては、2009年のローム・アンド・ハースの買収、2016年のダウ・コーニングのシリコーン事業を完全子会社化したことにより、国内事業規模は大幅に拡大しました。最先端材料、機能化学品、プラスチック、電子材料、農業科学品などの各事業グループが、健康・栄養、輸送・インフラ、消費財、エネルギーという4つのメガトレンド分野で事業活動に携わっています。日本市場に向けた取り組みや日本企業との事業提携、交流も強化しており、これらの活動が円滑に進展するように支援するのも国内グループの重要な役割のひとつです。

2007年に設立したダウ日本開発センターもその取り組みの一環です。ダウ日本グループは、半世紀以上にわたって築き上げてきた日本のお客さまとの信頼関係と地元に深く根付いた地域貢献活動を礎に、国内経済・環境・社会への責任を果たしてきました。今後も日本の社会と産業界への貢献に努め、ダウの持続可能な事業発展に専心していきます。

企業概要

創業/設立 昭和49(1974)年8月21日
本社所在地 〒140-8617 東京都品川区東品川2丁目2番24号 天王洲セントラルタワー
代表者 代表取締役社長 ピーター・ジェニングス
資本金 84億3005万円
売上高 676億円(2015年12月期)
従業員数 1700名(ダウ・ケミカルグループ会社を含む) (2017年01月現在) 
株主 ダウ・アグロサイエンス・ビー・ヴィ(100%)
事業所 <研究施設>  
◆ダウ日本開発センター
〒221-0024 神奈川県横浜市神奈川区 恵比須町1 澁澤ABCビルディング1号館5階

◆小郡開発センター
〒838-0113 福岡県小郡市山隈821

◆千葉工場・開発センター
〒299-0108 市原市千種海岸2-2

採用連絡先

ダウ・ケミカル日本株式会社
採用担当
ftkgrad@dow.com