大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品工業株式会社の企業情報

応募受付終了

大鵬薬品工業株式会社

【医薬品】

チオビタ・ドリンク」「ソルマック」等の消費者向け商品で知られていますが、売上の8割は病院で使用される医療用医薬品が占めています。
「がん領域」「免疫・アレルギー領域」「泌尿器領域」の3領域を重点研究テーマとし、独創的な新薬の研究開発に挑み続けています。
特にがん領域においては、経口抗がん剤のパイオニアとして、常に創意・工夫をし、TS-1やロンサーフ等、日本の抗がん剤のリーディングカンパニーとして、国内随一ともいえるエビデンスを創出してきました。
これからも、画期的な新薬を心待ちにする世界中の患者さん、医療関係者の勇気となり、力となるために、期待に応える真のグローバル・スペシャリティファーマを目指します。

  • 海外事業展開に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
医薬品の製造販売

医薬品、医薬部外品、医療機器などの製造、販売及び輸出入

私たちの仕事

研究本部:

つくばエリア
アンメットメディカルニーズを分析し
基礎研究を推進して
独創的新薬候補品を創製する

徳島エリア
新薬候補化合物の有効性と安全性を評価し臨床研究へ橋渡しする

開発本部:
世界中の患者さんの健康へ新薬を通じた最大貢献を目指す

CMC本部:
医薬品の品質を有形無形で作り上げる

生産本部:
グローバルな基準の品質保証 安心・安全な製品づくり

医薬本部:
チーム医療を支える高度な情報提供で
患者さん一人ひとりの最適な治療に貢献する

コンシューマーヘルスケア本部:
人びとの健康で愛情豊かな
暮らしのために情報力・企画力を駆使し、販売店をバックアップ

はたらく環境

組織の特徴
大鵬薬品の「人財育成」について

「薬づくりは人を育てるところから」というのが、大鵬薬品の”人財”育成の基本方針です。すべての人の笑顔のため、多角的な視野や創造力を持ち、新しいことにチャレンジし続ける人財を募集しています。

大鵬薬品では、人間性を重視し、多角的な視野や創造力を持ち、新しいことにチャレンジし続ける「人財」を育成するため、様々な教育カリキュラムを構築しています。新入社員教育、MR認定試験対策研修に始まり、勤続年数や職種に合わせて継続的にユニークな研修を実施しています。

企業概要

創業/設立 1963年6月1日
本社所在地 東京都千代田区神田錦町1-27
代表者 代表取締役社長 小林 将之
資本金 2億円
売上高 913億円(2014年12月期)
※ 決算期の変更に伴い、2014年12月期は9ヶ月決算
従業員数 2,554名 (2014年12月現在) 
子会社・関連会社 ●子会社 
岡山大鵬薬品(株)、TAIHO ONCOLOGY,INC.、TAIHO PHARMA SINGAPORE PTE. LTD.、大鵬薬品信息諮詢(北京)有限公司 

●大塚グループ各社 
大塚ホールディングス(株)、大塚製薬(株)、(株)大塚製薬工場、大塚化学(株)、アース製薬(株)、大塚倉庫(株)、大塚包装工業(株)、アース環境サービス(株)、大塚オーミ陶業(株)等
事業所 ●本社 : 東京(千代田区) 

●支店 : 23支店 
 
●出張所 : 全国52ヵ所 

●工場 : 全国5ヵ所 

●研究所 : 徳島、つくば(茨城)

●海外拠点 
米国、中国、シンガポール、北京、ソウル、パリ
薬は、尊い人の命を守るもの 大鵬薬品の社員は、一人ひとりがスペシャリスト。
専門知識や高度な技術の習得が求められるうえ、常に情報を収集し、分析する力が必要です。そのため、より優秀な社員を育てるべく、薬の基礎からしっかり学び、身につけられるカリキュラムを整えています。しかし、医薬品を扱う仕事は、人間の生命に向き合う仕事でもあります。どれだけ高度な知識や技術を持っていたとしても、人を思いやる気持ちがその根底になくてはなりません。大鵬薬品では、人間性の育成にも重点を置き、熱意と誠意ある仕事で社会に貢献できる人材を育てていきたいと考えています。そのために、部門別研修・職掌別研修や階層別研修・特別研修など様々な研修を設けております。

採用連絡先

〒101-8444 
東京都千代田区神田錦町1-27 
(大手町駅C2a出口より徒歩5分、神田駅西口より徒歩10分) 

人事部人財開発課 採用担当
 E-mail : thsaiyo@taiho.co.jp
 TEL : (03)3293-2122 (直通)
 ホームページ : http://saiyo.taiho.co.jp/