石原産業株式会社

石原産業株式会社の企業情報

東証

石原産業株式会社

【化学】

石原産業は化学のチカラで生活環境と食糧生産に貢献する会社です。 
白の原料となる「酸化チタン」を先進の製造技術で提供しています。 
人体や環境にやさしい「農薬」を開発し、安定した食生活を支えます。

私たちの魅力

事業内容
環境にやさしい、化学でありたい。

社会の力になりたい。生命を見つめたい。そんな気持ちで化学の心を深めてきた私たちは、今、環境問題に企業全体でさまざまな角度から取り組んでいます。たとえば、農薬の場合、防除対象の雑草・害虫・病原菌に特有な生理機能に着目した探索研究を行い、特徴ある製品群を生み出しています。これらの農薬は、人畜に安全性が高く、生態系の中で分解されやすく、環境にやさしい、環境保全型農業に適した性質を持つ薬剤です。その他、50年以上に渡る研究で蓄積した有機合成技術を駆使し、医薬品の原料となる「有機中間体」の開発にも力を入れています。

事業・商品の特徴
暮らしを彩る「白」。それは私たちの化学です。

身の回りをぐるっと見渡してみて下さい。家の中では、冷蔵庫や洗濯機、部屋の壁、蛍光灯、机の上のノートや消しゴム、そして窓の外を眺めると、ビルやマンション、自動車、飛行機など、日本のあらゆる生活シーンを彩る「白」。白を着色する顔料の中で最も多く使われているのが酸化チタンです。当社は酸化チタンのトップブランド「タイペーク」で世界中のお客様に親しまれています。また、石原産業は農薬のパイオニアとして、増え続ける世界の人口を支えるべく農作物の安定供給に貢献しています。

私たちの仕事

【無機化学分野】 
○酸化チタン部門 
○機能材料部門 

【バイオサイエンス分野】 
○農薬部門 
○有機中間体部門

はたらく環境

組織の特徴
世界を結ぶグローバルな事業を展開しています。

創業当時からグローバル企業として産声をあげた当社は、現在、世界各国に拠点を有し、海外マーケットでも高い評価を受けています。特に農薬事業においては、世界各国に販売拠点を置き、それぞれの国のニーズに応じた幅広いバイオサイエンスビジネスを展開しています。

企業概要

創業/設立 設立1949年6月
本社所在地 大阪市西区江戸堀1丁目3番15号
代表者 代表取締役社長 田中健一
資本金 434億円
売上高 768億円(2016年3月)
従業員数 1,106名 (2016年03月現在) 
事業所 本社/大阪、支店/東京 
営業所(国内)/札幌、仙台、福岡 
営業所(海外)/シンガポール、ブリュッセル、ソウル、北京、上海、ブエノスアイレス等 
工場/四日市 
研究所/草津、四日市

採用連絡先

人事部
担当:山口・岩川・西堀

所在地: 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-3-15

TEL 0120-06-9029 (人事部)   FAX 06-6444-0313 (人事部)
E-MAIL recruit@iskweb.co.jp(人事部)