科研製薬株式会社

科研製薬株式会社の企業情報

東証

科研製薬株式会社

【医薬品】

現在、14期連続の増益、また2015年度には過去最高の売上高1097億を達成しております。科研製薬は、整形外科、外科、皮膚科といった独自の得意分野をもって、世界の医療に貢献する新薬メーカーです。たとえ市場が小さくても、病気に苦しむ患者さんがいる限り、私たちは、その患者さんに笑顔をもたらす新薬を創りたいと考えています。規模の拡大を追うのではなく、何より患者さんの笑顔を考える。いわば、誰も取って代わることのできない「唯一無二」の価値を生み出す存在です。独立して存在感のある企業へ。それが、科研製薬の目指す姿です。

  • 過去10年赤字決算なし

  • 3年連続で業績アップ

  • 実力と成果を重視

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
企業理念

科研製薬の企業理念は、「一人でも多くの方に笑顔を取りもどしていただくために優れた医薬品の提供を通じて患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上につとめる。」です。この企業理念を実践し続けるために、医薬業界を取り巻く環境が厳しさを増すなか、科研製薬は整形外科領域、皮膚科領域、外科領域の3つを大きな柱とした特化領域に経営資源を集中させています。世界に通用する自社創薬を目指す立場から、必要とされる良質な医薬品提供を通じて、科研社員が胸を張れる企業に成長していきます。

事業戦略
得意領域での独創的な医薬品の提供

当社の戦略は、整形外科や外科、皮膚科といった得意領域での独創的な医薬品の提供です。関節機能改善剤「アルツ」や、世界初のbFGF製剤「フィブラストスプレー」、あるいは術後の癒着防止吸収性バリア「セプラフィルム」・・・・これらは医療の現場でよく選択される私たちの主力製品です。また、2014年9月には日本初の外用爪白癬(水虫)治療剤「クレナフィン」、2016年12月には世界初となる歯周組織再生剤「リグロス」を発売しました。今後も、大手製薬企業が手がけないようなニッチな分野において、世界に通用する自社創薬を目指し、数々の優れた医薬品を世に送り出すとともに、医療の現場で存在感を示す企業として邁進していきます。

私たちの仕事

【研究職】
研究部門には、新薬創生センターとCMCセンターがあります。新薬創生センターは、「薬理」「合成」「薬物動態・安全性」の各研究部からなり、自社の強みを発揮できる領域(整形外科、皮膚科)を中心に新薬開発に取り組んでいます。CMCセンターは、「品質の確保」をするため製剤研究を中心に必要な技術、方法などの開発に取り組んでいます。
【臨床開発職】
各種ガイドラインに沿って治験実施計画を立案し、その計画に従い、モニタリングを実施します。治験終了後には、報告書や承認申請資料の作成なども行います。
【薬制部門職】
製造販売する医薬品の品質、有効性および安全性は、医薬品製造販売業者として遵守すべき事項です。これらを司る責任部署の仕事が「薬制部門職」です。薬制部門職には、薬事申請などを行う「薬事部」や、市販後も継続的に調査を実施する「医薬情報部」があります。
【学術職】
当社製品の学術的戦略の企画・立案・推進、学術宣伝物の作成などその活動は、多岐にわたります。本社学術部のほか、各支店にも配置されMR支援活動を行っています。
【生産部門職】
静岡工場では、最先端の設備のもとで、GMP(医薬品などの製造管理・品質管理の基準)に準じて医薬品を製造しています。原料・原薬の検査をはじめとして、すべての工程において、厳格な品質管理を経て安全・安心の製品を創っています。
【MR職】
MRとは、Medical Representativesの略で「医薬情報担当者」です。たとえば、担当する病院の医療にとって必要な薬の情報を医師に紹介したり、薬剤師や看護師にその使用方法を案内したり、時には製品説明会を実施したりする仕事です。また、医療現場から副作用などの情報を収集して社内へフィードバックを行うことも重要なミッションです。医療現場への情報提供を通し、多くの患者さんの笑顔を増やしていけることに貢献できる仕事です。

はたらく環境

組織の特徴
偉大な科学者を輩出した「理化学研究所」が科研製薬の源流です。

科研製薬のルーツは、1917年に創設された財団法人理化学研究所(理研)にあります。理研は、仁科芳雄、湯川秀樹、朝永振一郎など数多くの優秀な科学者を輩出した研究機関。
太平洋戦争の終結とともに一旦解体されましたが、1948年、仁科芳雄を初代社長として株式会社科学研究所が発足。これが現在の科研製薬の母体となっています。
こうした背景を持つ科研製薬には、その企業文化の中に、旺盛な探究心やチャレンジ精神が息づいています。

企業概要

創業/設立 194803
本社所在地 東京都文京区本駒込二丁目28番8号 文京グリーンコート センターオフィス
代表者 大沼 哲夫(代表取締役社長)
資本金 2385338万円
売上高 10973000万円(2016年3月期)
従業員数 1436 (2016年09月現在) 
株主 東レ株式会社、農林中央金庫、株式会社みずほ銀行、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)、杏林製薬株式会社、日本生命保険相互会社、科研製薬従業員持株会、共栄火災海上保険株式会社、MSCO CUSTOMER SECURITIES
事業所 新薬創生センター:京都市山科区、静岡県藤枝市
C M Cセンター :静岡県藤枝市
工 場          :静岡県藤枝市
支 店          :札幌、仙台、東京、東京第2、名古屋、大阪、中四国、福岡
営業所          :全国60箇所

採用連絡先

科研製薬株式会社 

〒113-8650 
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコート 

人事部 人材開発グループ 
tel: 03-5977-5015 
tel: 0120-236-547(フリーダイヤル) 
fax: 03-5977-5992 
e-mail; saiyo@kaken.co.jp