イチカワ株式会社の企業情報

東証

イチカワ株式会社

【繊維|紙・パルプ】

授業で使うノートも、通販で届くダンボールも、実は私たちが支えています

  • 海外事業展開に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 安定した顧客基盤

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
紙を作る際に使われる特殊用具「抄紙用フエルト」等の販売

<紙パック、ダンボール、ティッシュペーパー・・・紙のない生活が想像できますか?>
当社は1949年の創業以来、製紙工場において紙を作る際に必ず使われる特殊用具、「抄紙用フエルト」「シュープレス用ベルト」「トランスファー用ベルト」等を製造・販売しています。
当社の製品なくして世の中のあらゆる紙製品は作れない、社会を陰から広く支える会社です。

国内外に高シェア製品を持ち、海外売上高比率も50%に迫る等、挑戦のできる環境が整っています。
興味を持たれた学生の皆様、エントリーをお待ちしています。

事業戦略
グローバル展開とグローバルに活躍するための社員教育

イチカワは、50年以上前から海外に進出しています。現在では海外でも高いシェアを占めており、今後もグローバル展開を加速させていく予定です。

<社員教育>
成長戦略に則って、グローバルに活躍できる社員教育に力を注いでいます。具体的には語学教室への通学、海外販売会社との連携した語学留学などを行い、社員の語学力向上を後押ししています。これからの時代は国という枠を取り払い、グローバルな視点でビジネスをしていくことが求められます。

語学力は問いません。世界を股にかけ、グローバルに活躍したい皆さんの応募をお待ちしています。

私たちの仕事

「抄紙用フエルト」と「シュープレス用ベルト」を作っている国内の会社は、 各製品につき、イチカワを含めて各2社ずつしかありません。また、同じくプレスパートの専門用具である「トランスファーベルト」を加えると、 一つの会社で3つの製品を手がけているのは国内ではイチカワのみです。また、抄紙用フエルトの国内シェアはトップクラスであり、シュープレス用ベルトの世界シェアにおいてはワールドクラスです。このようなシェアの確保と東証1部上場という実績が安定性につながっています。

はたらく環境

社風
早くから任せてもらえる、困ったら助けてもらえる、そんな会社です

イチカワは650名ほどの規模の会社ですが、入社後は即戦力として活躍してもらえるフィールドがあり、自ら積極的に動くことができれば、年齢に関わらず重要な仕事を任せてもらえます。また、入社してきた社員を周りの人間が育てていこうという社風が根付いていますから、若いうちから活躍したい!いち早く成長していきたい!という皆さんであれば活躍してもらえます。

企業概要

創業/設立 設立:1949(昭和24)年11月
本社所在地 東京都文京区本郷2-14-15(最寄駅:御茶ノ水駅、本郷三丁目駅)
代表者 代表取締役社長 牛尾 雅孝
資本金 35億94百万円
売上高 120億42百万円/連結(2016年03月期)
従業員数 676名/連結 (2016年04月現在) 
子会社・関連会社 【海外】
イチカワ・ノース・アメリカ・コーポレーション(アメリカ)
イチカワ・ヨーロッハ゜GmbH(ドイツ)
宜紙佳造紙脱水器材貿易有限公司(中国)

【国内】
(株)イチカワテクノファブリクス
(株)アイケーサービス
(有)アイケー加工
事業所 【本社】東京都文京区
【工場】柏工場(千葉県柏市)、岩間工場(茨城県笠間市)
【開発研究所】茨城県笠間市

採用連絡先

〒113-8442
東京都文京区本郷2-14-15 
イチカワ株式会社 人事部 採用担当

E-mail : saiyou@ik-felt.co.jp
ホームページ : http://www.ik-felt.co.jp/