日東ベスト株式会社

日東ベスト株式会社の先輩情報

ジャスダック

日東ベスト株式会社

【食品】

先輩情報

齊藤 友彦(2012年入社)

試作開発部  

職種 生産・製造技術開発
   
出身学部 工学部
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

食べることが仕事です。

  • 私は主にデザートの試作を担当しております。ロールケーキ、プリン、タルト、クレープetc..とその種類は多岐にわたります。しかし、テーブル試作でどんなにおいしいデザートが作れても、それを工場(ライン)で再現できなければ意味がありません。処方を作成する段階から、現場の設備や生産能力を計算に入れ、いかにお客様の求める価格で、納得のいく製品をつくることができるか、日々試行錯誤の連続です。また、流行や市場のニーズを捉えることも重要になります。そのため常日頃からアンテナを張り巡らせ、気になるものをまずは実際に食べてみる。そうして積み上げられた知識がよりイメージを膨らませ、自身の試作の幅を広げることにも繋がっていきます。食べることが仕事です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    好きなことを仕事に、より多くの人々へ

    仕込みから手作りの居酒屋でのアルバイト経験が「食」に興味を持つきっかけとなりました。自分が仕事を選ぶ上で一番重視したことは好きなこと仕事にすること。好きなことなら興味や探究心が自然と湧き毎日が有意義なものになると考えたからです。
    もう一つ、料理人を目指すのではなく、なぜ食品会社であるのかという点です。料理人ですとその料理の提供先はどうしても目の前のお客様に限定されます。しかし、工場で作られた『製品』ならば全国の何千、何万という人々の元へ届けることが可能です。自分が手掛けた製品がより多くの人へ届けられるという整備環境、だからこそ食品メーカーであるこの会社に魅力を感じました。

  • 思い出に残る仕事

    絆が深まった瞬間

    私が入社後の研修を終えて最初に配属されたのはハンバーグをつくる生産ラインでした。そのハンバーグラインを新工場に移管するということで、山形工場に転勤し、工場の立ち上げに参加しました。新規設備も数多く導入され、広々とした現場に胸躍らせながらも、それは平坦な道のりばかりではありませんでした。ハンバーグの焼き工程、袋詰め工程、作業者の配置、清掃の仕方、使用器具の管理など、挙げていけばキリがないほど、慣れない環境の中で様々な問題に直面し、思うようにいかないことも本当に多くありました。しかし、そんな大変な時期を一緒に乗り越えたメンバーとは一層絆が深まったように感じます。互いに協力し合い、時には衝突しながらも、仕事に対して本気で向き合っている人が多い点は他社に対しても誇れると思っています。

  • メッセージ&アドバイス

    就活アドバイス

    資格や学歴はあくまで自分の糧であり、一番大切なのはやはり気持ちだと思います。やりたいことを明確にして、それを自分の言葉で伝えてみてはどうでしょう。周りと違うことは個性です。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事