宝酒造株式会社

宝酒造株式会社の企業情報

応募受付終了

宝酒造株式会社

【食品】

宝酒造は、創業から170年以上、焼酎・清酒・本みりんなどの「和酒」を中心に技術力を積み重ねてきた酒類メーカーです。『宝焼酎』、清酒『松竹梅』、『タカラcanチューハイ』、『タカラ本みりん』など、各カテゴリーで屈指の有名ブランドの開発・育成に成功してきました。
人口の減少などで厳しい環境である国内市場において、「スパークリング清酒<澪>」や桜餅のようなほのかな甘い香りを実現した宝焼酎「NIPPON」等、技術力で差異化された商品を武器に更なる成長を目指しています。
海外では、日本食に不可欠な清酒や本みりんなどの輸出および現地での製造・販売を行うとともに、海外の日本食レストランや小売店に日本食材を販売する日本食材卸事業を展開しています。
宝酒造は、伝統的な日本の食文化を継承し、「和食」に加え清酒に代表される「和酒」のおいしさを伝えることで、日本の食文化の世界的な広がりに貢献していきます。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 実力と成果を重視

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
酒類、酒精、調味料の製造・販売

宝酒造は、持株会社である宝ホールディングス株式会社の傘下において、酒類・酒精・調味料事業を展開する中核会社として事業活動を展開しています。幅広いカテゴリーにおいて、独創的で確かな技術に裏づけられた商品を提案しています。

主に以下の3つの事業を軸に展開しています。
1)国内酒類事業
国内の家庭用と業務用(飲食店)の市場を中心に、焼酎・清酒・ソフトアルコール飲料・調味料・輸入酒の研究開発、製造および販売を行っています。

2)調味料・酒精事業
加工食品メーカー、惣菜メーカー、外食市場に対する調味料の専門的な営業活動と技術的な支援を行います。当社のB to B事業にあたる事業です。

3)海外酒類事業・海外日本食材卸事業
清酒・焼酎・本みりんなどの輸出および現地での製造・販売を行っています。それに加えて、海外の日本食レストランや小売店に日本食材を販売する海外日本食材卸事業にも注力しており、海外市場での新たな販路拡大と、和食と和酒の拡大を目指します。

私たちの仕事

・事務系(文系・理系)
・技術系
のいずれかの職種で採用します。

入社後のキャリアについては、弊社は「ジョブ・ローテーション制度」を採用しており、様々な職種や業務について活躍していただき、経験を深めていただくことになります。

宝酒造の仕事内容については、当社採用ホームページで紹介しています。
http://www.takarashuzo.co.jp/recruit/

はたらく環境

働く仲間
厳しい市場を切り開く

当社の経営環境は、人口の減少などの環境要因の影響もあり、決して楽観視できるものではありません。
営業の現場だけでなく、企画・支援部門、研究開発・製造部門に至るまで、常に高い目標の達成と変革が求められます。

そんな中で、厳しい市場を切り開くのは、常に商品であり、あらゆる側面でそこにかかわる社員一人ひとりです。
当社は、社内のコミュニケーションを重視しつつ、和食・和酒の魅力を国内外で継承し、広めていくために取り組んでいます。

新入社員研修からスタートし、同期・同僚、先輩・後輩、同期・部下など非常に距離が近く、切磋琢磨しながら仕事を通して成長できる環境です。

企業概要

創業/設立 創業:1842年酒造業開始
設立:2002年4月1日持株会社体制移行により発足
本社所在地 京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20番地
代表者 取締役社長 柿本敏男
資本金 10億円
売上高 1,920億2,500万円(2016年3月期/宝酒造グループ連結)
従業員数 2,277名(宝酒造グループ連結) (2016年03月現在) 
事業所 本社事務所/京都市下京区四条通烏丸東入 四条烏丸FTスクエア
支社/北海道・東北・首都圏(東京)・西関東(横浜)・関信越・東海(名古屋)・京滋北陸(京都)・西日本(大阪)・九州(9支社)
工場/松戸・楠・伏見・白壁蔵(灘)・黒壁蔵(高鍋)・島原(6工場)
研究所/京都
蔵置所/長野
物流センター/東日本・西日本
※海外の事業拠点としては、アメリカ、中国、シンガポール、イギリス、フランス、スペイン等に駐在事務所や海外子会社の事務所を展開しています。(詳細はホームページ等でご確認いただけます)

採用連絡先

〒600-8688
京都市下京区四条烏丸東入長刀鉾町20番地
TEL:075-241-5114