埼玉縣信用金庫

埼玉縣信用金庫のキャリタス限定情報

応募受付終了

埼玉縣信用金庫

【信用金庫】

埼玉縣信用金庫

テーマ

人材育成

≪さいしん≫の研修体系―基礎教育期間編―

《さいしん》では、新入職員から経営職まで階層別にさまざまな研修を取り揃えています。特に入庫後3年間は基礎教育期間と定め、基本知識やスキルを習得するための育成期間としております。新入職員へは、入庫直後に社会人としてのマナーや基本的金融知識などを一から学ぶ「新入職員研修」があります。新入職員研修では、グループ活動を通じ、「責任性・強調性・積極性・規律性」の能力向上を図ります。また、【ジョブローテーションシステム】という制度のなかで、1年目に預金係と融資係を経験し、金融業務の基礎知識を身につけます。また、3年以内に得意先係又はマネーアドバイザーを経験することで、金融のプロになるためのスキルを習得します。各係で業務経験を積んだ後は、本人の適性と能力に応じて、キャリアアップを目指します。

作業写真
ジモトの魅力

Challenge to the next~地域のために~

私達の出発点は地域のために何ができるのかを考えることです。埼玉の皆さまから《さいしん》の愛称で親しまれている埼玉縣信用金庫は、埼玉県全域を活動フィールドとし、全国に約270ある信用金庫のうち預金積金残高は2兆円を超え第4位※と、トップクラスの規模を誇っています。
私達の仕事は、お客さまごとに異なる金融ニーズにお応えすることです。
Face to Faceでお客さまとのコミュニケーションを大切にし、職員一人ひとりが、お客さまと真摯に向き合いながら仕事をしています。地域の明日のために「一歩を踏み出す勇気」「成長への強い意欲」「何度でもトライする粘り強さ」を持ち、既成概念にとらわれず新たな発想で積極的にチャレンジいただける方をお待ちしております。
※2016年3月末現在

ジモトの魅力写真