かながわ信用金庫

かながわ信用金庫の企業情報

かながわ信用金庫

【信用金庫】

お客様のためにもっと頑張りたい  かながわ信用金庫の職員の行動の基本はそこにあります

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
『Face to Face』でお客様に向き合える喜び

お客様に喜んでいただくために、もっと頑張りたい  かながわ信用金庫の職員の行動の基本はそこにあります

私たちの仕事

管理職の仕事、渉外の仕事、融資の仕事、預金為替の仕事、本部の役割
一人ひとりが自らの職務と向き合いながら、そのすべてをつなげて、地域の今を支え、地域の未来を支え続けていきます。
街の息吹を感じ、街の人々の気持ちに寄り添いながら、自らの頑張りを地域活性化のチカラにしていける毎日。それがかながわ信用金庫で働くということです。

はたらく環境

職場の雰囲気
配属店舗はどんな印象?

経験豊富な上司や先輩は頼りになります。温かい方ばかりで、質問しやすい環境です。
一言で表すと「家庭的」な雰囲気というところでしょうか。

オフィス紹介
先輩の指導の感想は?

困ってフリーズしていると助け舟を出してくれます。先輩が忙しいときには質問しにくく感じることもありますが、聞いた質問にはその都度懇切丁寧に答えてくれます。

働く仲間
ノルマはどんな感じですか?

渉外係として目標があるのは当然の事だと思います。渉外係は営業店の中でも“攻めの立場”にある係です。
目標に対して自分なりの戦略を立てて達成に導くことは、とても楽しいことだと思っています。

社風
「強くてやさしい」信用金庫を目指して

地域の皆さまとより強い信頼関係を構築し、皆さまからさまざまな相談を受け、それを解決する「よろず相談承り所」としての役割を担うことで、地域の皆さまから頼りにされる「やさしい」信用金庫を目指します。

組織の特徴
業務提携『TRI bank』について

【TRI bank】(トライバンク)のグループ名で平塚信用金庫、さがみ信用金庫と業務提携を1990年(平成2年)より行っています。具体的には、相互の経営開示、協調融資、研修・人事交流、CI(コーポレード・アイデンティティ)の統一などを実施してきました。

企業概要

創業/設立 1951年3月 横須賀三浦信用組合として営業開始。
1991年9月 合併により三浦藤沢信用金庫となる。
2011年3月 創立60周年を迎えました。
2014年1月 名称変更によりかながわ信用金庫となる。
本社所在地1 【本部】神奈川県横須賀市小川町7番地
本社所在地2 【本店】神奈川県横須賀市大滝町1-28
代表者 理事長 平松 廣司
出資金 51億4900万円(2016年3月)
預金量 9651億9300万円(2016年3月)
職員数 738名 (2016年03月現在) 男性:438名 女性:300名
事業所 本店    =横須賀市
支店・出張所=横須賀・三浦・逗子地区 19店舗
       藤沢・綾瀬地区 11店舗
       横浜地区 16店舗
                     計47店舗(本店を含む)

採用連絡先

〒238-0004 神奈川県横須賀市小川町7番地
TEL.046-822-9147 (人事部直通)
人事部 日原・佐藤
http://www.shinkin.co.jp/kanagawa