キャリタス就活やねん!

思わず二度見したくなる関西就活情報サイト

農家でなくても活躍できる 「就職」先として「農業」を考えてみる。in滋賀

企業に勤め、営業やデスクワークをするのと同じように、毎日出勤して、農業に従事する。
そんな風に、農業を「就職先」として考えたことはあるでしょうか?

農業には家族経営などの自家農業のほか、企業のように組織で取り組む農業法人があります。
大規模な農業法人では、生産から加工、販売までを手がける六次産業化に取り組んでいるところもあり、農作業のほか、出荷や配送、在庫・顧客管理、営業活動など、現場ではさまざまな業務を担当する人材が求められています。

農業を手がけているのは農家だけではない!?

農家の担い手としてまずイメージするのが、農家の子弟が家業を継いでいるケースでしょう。
また、田舎暮らしに憧れのある方が地方に移住し、自家農業に就農するパターンも近年よく耳にします。

そしてここ数年最も増加傾向にあるのが、農業法人に常勤で雇われる雇用就農です。
全国には露地栽培や施設園芸、畜産など、さまざまな農業法人があり、生産工程にあたる農作業をはじめ、食品加工や販売営業、商品企画など、さまざまな職域において多様な人材が活躍しています。

将来の独立をめざし、働きながら農業の技術・知識を身につけたい人はもちろん、自社商品の魅力を営業を通じて多くの人に伝えたい、ゼロから商品企画にかかわりたい、販促のためのイベントを手がけてみたい、といった農作業以外の業務に興味がある人の活躍の場が広がっており、「職場」という観点から眺めた際にも、「農業」というフィールドには多様な可能性が秘められています。

では、実際に農業の現場での仕事とは、どういったものなのでしょうか。
ここでは関西圏でも有数の農場地帯を誇る滋賀県にスポットを当て、六次産業化に取り組む現場で働く、二人の先輩の声をお届けします。

農業の六次産業化

第一次産業に分類される農業が、食品加工(第二次産業)、流通・販売(第三次産業)を一貫して手がけ、より付加価値の高い商品やサービスを生み出そうという取り組みを指します(六次産業は、一次・二次・三次の各産業の数字をかけると「六」になることをもじった造語)。近年では農業公園※の運営を手がける農業法人もあり、中にはテーマパークのように、数多くの体験型のアトラクションなどが楽しめる施設も。高品質な食品の生産・加工・販売や多様なサービスの提供など、進化する「農業の六次産業化」に注目が集まっています。

※農林水産省の主導のもと、全国に整備される施設で、自然とのふれあい、演劇、造園、農業への理解と環境・食育を目的としたレクリエーションの場を提供する。

スペシャルインタビュー 農家でなくても活躍できる!先輩が語る農業の魅力

松本 達也さん 株式会社に就職
竹田 知裕さん 農事組合法人に就職

加工品の開発や生産現場のICT化など、新しい農業のカタチに挑戦していく。松本 達也さん

松本 達也さん

前職ではホームセンターの販売員として、園芸部門を担当。実務を通じて、植物や肥料の特性など農業全般に興味を持つようになり、2008年横江ファームに転職。生産はもとより、販売部長としてオリジナル加工品の販売・営業も担当する。

就農先の株式会社について

滋賀県有数の農業地である草津北山田に位置し、小松菜や水菜などの葉物野菜を中心に生産。平成23年8月に株式会社化し、生産現場のICT化に取り組むなど先端的な事業を展開するほか、「小松菜ペースト」をはじめ加工品の企画・販売も手がける。

他業種から農業の道へ

前職はホームセンターの販売員で、園芸部門を担当していました。店頭でお客さんから野菜や植物の育て方などについて尋ねられることが多かったわけですが、当時の私には専門知識がありません。質問を受けるたびに業者の方に電話で確認するといった感じで、「これではお客さんに対して説得力がない」と思ったことが、植物や農業に対して興味を持つきっかけになりました。
そんな折、ハローワークで農業の就労相談会のポスターを見かけ、同イベントに参加。そこで縁があった今の会社に転職し、今年(2016年)で8年目を迎えます。非農家出身で、農業の経験もなかったので、最初の頃はわからないことばかり。
当初は社長の指導のもと、がむしゃらに取り組む毎日でした。私以外にも前職が不動産、パソコンの営業販売などのスタッフがおり、本人のがんばり次第で、未経験でも問題なくチャレンジできる業界です。

農業生産の現場は毎日新しいことの連続

横江ファームがある草津市北山田町には、約100軒の農家と2000棟以上のビニールハウスがあり、敷地面積におけるビニールハウスの密集率は日本最大規模といわれています。その中で当社はハウス野菜3ha、露地野菜3haを誇り、小松菜や水菜などの葉物野菜を中心に生産。こだわりの土づくりと低農薬栽培で、安心安全な野菜を提供しています。
季節によって多少前後しますが、葉物野菜の種まきから収穫までの期間は約1か月。「種まき、水やり・防除などの管理、収穫」という一連の流れを年間を通じて繰り返すわけですが、その過程は新しいことの連続です。例えば、各工程をまったく同じように手がけても、気候の違いなどによって収穫に大きな差が出ることがあります。そこで、肥料や排水などの管理方法に少し手を加えたり、時には前例のないことを試したり、いろいろと工夫を重ねます。その毎日の試行錯誤が新鮮で、面白いですね。

加工品の開発や営業活動など、幅広い業務をこなす

販売部長として、当社が数年前から取り組んでいるオリジナルの加工品の販売・営業も手がけています。現在、「小松菜ペースト」「かける小松菜ソース」を商品化し、草津市の給食やホテル、パン業者のほか、百貨店や関東のショッピングモールなどにも納入。また、やりとりをする中で当社の野菜自体にも興味を持っていただき、東京の大田市場に出荷するなど、加工品の販売が販路拡大のきっかけにも。生産した野菜には自信を持っているので、加工品を通じてその良さを知ってもらえることは嬉しいですし、大きな手ごたえを感じています。
また、生産現場へのICTの導入にも取り組んでおり、現在外部業者さんと共同でスマートフォンにも対応した情報管理システムを開発中。完成すれば作業の効率化をはじめ、農業全体のレベルアップにつながるはずで、そういったチャレンジが結果的に若い人たちの農業参入も後押し、業界の活性化につながっていくと期待しています。

がけるのは、お茶の生産から製造、販売まで。世界に販路を拡大し、「近江茶」の魅力を広めたい。竹田 知裕さん

竹田 知裕さん

農業高校を卒業後、滋賀県立農業大学校に進学。在学中にお茶づくりの面白さに触れ、卒業後は研修先でもあったグリーンティ土山に就職。「近江茶」の生産、加工に携わる一方、オリジナル商品の企画・開発も手がける。

就職先の農事組合法人について

鈴鹿山麓の水と豊かな自然が育んだ地で、こだわりぬいた旨味の強いお茶を栽培・製造。全国茶品評会、関西茶品評会、滋賀県茶品評会で、農林水産大臣賞をはじめ、数々の賞を受賞。近年ではオリジナル商品の開発にも精力的に取り組んでいる。

愛情をかけた分だけいいものができるので、努力が苦にならない

みなさん、近江茶はご存知でしょうか? 関西では京都の宇治茶が有名ですが、実は近江茶もそれに負けないくらいのブランド力があり、全国の品評会で1位を取るなど高い品質を誇っています。中でも当社がある土山町(滋賀県甲賀市)は県内最大の産地であり、私たちを含むこの地の茶農家が手がけているのが、味が濃く二煎目でも深い味わいが消えない「土山茶」です。仕事のやりがいは、自分たちのがんばりがそのまま収穫時にカタチとして現れるところ。
いいお茶をつくるには手間がかかりますが、愛情をかければかけるほどいいものができます。その喜びを知っているので努力が苦にならず、特に私の場合は趣味の延長のような感じになっており、仕事は毎日楽しいですね。

2015年、内閣総理大臣賞を受賞

農業高校で野菜づくりの面白さに目覚め、卒業後滋賀県立農業大学校に進学。在学中、講師として来られていた滋賀県農業技術振興センター茶業指導所の所長さんに誘われ、同施設で研修を体験したのがお茶との出会いでした。また、2年次には今の職場のグリーンティ土山で農家研修を体験し、その際にお茶づくりの魅力も実感。野菜と違い、お茶は一回収穫して終わりではなく、30年、40年と同じ木から葉を取り続けます。
いかに同じ木をいい状態に保つかが大切で、そのための各工程での作業が非常に難しいわけですが、その困難を乗り越え、良質なお茶をつくっていくことに面白さを感じました。その結果として品評会で表彰されると本当に嬉しいですし、特に2015年に初めて内閣総理大臣賞をした際は大きな達成感がありました。

生産だけでなく、商品企画やマルシェへの出展も

当社ではお茶の生産から、自社工場での製造、販売まで、そのすべてを手がけています。2年ほど前から若手社員が中心となってオリジナルブランドも開発し、味を決めるブレンドはもちろん、パッケージなども自分たちで考え、日本各地で開催されるマルシェやインターネットで販売。茶畑の作業が落ち着いている時期は私自身もマルシェに参加し、自社のお茶の魅力を伝えるとともに、会場で消費者の方と直接ふれあえるのが生産者としての喜びにも。
最近では当社と同じように、農家が自ら生産物を加工し、販売まで手がけるケースも多くなってきていますが、生産現場だけではなく各工程でそれぞれに違った仕事のやりがいがあるはずです。やればやるほど自分の成長も感じられますし、興味の方はぜひチャレンジしてほしいですね。当社の次のステップとしては、台湾や中国、ヨーロッパへの販路拡大を進めており、近江茶を世界に広めていくのが次の目標です。

イベント

  • 就職フォーラムin堺
  • 神戸市外国人留学生のためのセミナー
         
日程 時間 イベント 会場
6/30(金) 11:00-17:00 キャリタス就活フォーラム 大阪会場 梅田スカイビル
アウラホール

キャリタス就活やねん!活用術

1

ほんまに知ってる?まずは関西の魅力を知るねん

2

おもろい切り口から関西の企業に出会えるねん

3
困った時は参考にするねん
4

関西家の6つ子がみんなの目線で企業レポートするで
せや◯◯で働こ!

キャリタスやねん!は、
関西の就活を全力で応援するキャリタス就活2018の関西版です。

これからもここにしかない役立つ情報をどんどん発信していくから、ぜひちょこちょこのぞきに来て、ガンガン活用してな!

ボクの、ワタシの、就活宣言!

もっと見る

  • スタジオノールスで就活を楽しもう!!