キャリタス就活やねん!

思わず二度見したくなる関西就活情報サイト

キャリタス就活やねん!TOP  >  伝説の就活成功記  >  伝説の就活成功記Vol.8 神戸学院大学

キャリアセンター担当者が語る!伝説の就活成功記 就活の先輩とキャリアセンター担当者の対談コラム!

Vol.8

粘り強く対策を重ね、ずっとめざしていた営業職に!

神戸学院大学 経営学部4年生
久保田 涼介さん(内定先:アデコ株式会社)
×神戸学院大学 キャリアセンター
森田 孝平さん

落ち込んだこともあったけど、キャリアセンターの職員さんの心強いサポートで、自信をもって選考に臨むことができました。

久保田 涼介さん
久保田 涼介さん
神戸学院大学
経営学部4年生
内定先:アデコ株式会社

厳しいことを言ったこともあったけど、めげずに最後までがんばり抜いた久保田さん。就活へのやる気と、めざす職業への強い想いを感じた。

森田 孝平さん
森田 孝平さん
神戸学院大学 キャリアセンター

久保田 涼介さん内定までの道のり

3年生 8月 インターンシップに参加し、就活への熱意が高まった!

久保田さん

私はもともと営業職に興味をもっていました。就活が本格的にはじまる前に、いろいろな業界の仕事を見てみたくて、インターンシップの参加を決意。大学で会計の勉強をしていたことから、金融業界でのインターンシップに参加しました。

森田さん

参加してみて、どうだった?

久保田さん

実際にテレアポから営業に行って、提案するまでの一連の流れを体験し、仕事内容を知ることができました。また、他大学の学生さんも参加されていて、論理的に分かりやすく話していたり、立ち居振る舞いも堂々としていたりと、ライバル意識が芽生えて就活への熱意が湧きました。

森田さん

ただの職業体験ではなく、さらにやる気に火がついた体験やったんやね。

3年生 10月 職員さんの熱い想いに惹かれて参加した、「就活塾」。

久保田さん

キャリアセンターが主催する就活対策プログラム「就活塾」の説明会に参加し、そこで初めて森田さんと出会いました。「就活は、自分の人生を変えることができるチャンスだ」と熱くお話される姿に心を打たれて、森田さんについていきたい!って思ったんです。

森田さん

そんな風に思ってくれてたなんて、うれしいね。どんな対策を進めたん?

久保田さん

自己PRの仕方や、グループディスカッションの練習、逆質問の例など、就活のポイントを知ることができました。それに、講師の方が実際に面接官を担当されている方だったので、現場のリアルな話を聞くことができたのも、貴重な経験でした。

森田さん

同時にプロジェクトも進めてたと思うけど、どんなことに挑戦したん?

久保田さん

題して、「クローバーパネルプロジェクト」です。これは、学生がチームを組み、街ゆく人たちに「最近あった良かったこと」をインタビューしてホワイトボードに書いてもらい、写真撮影したものを1枚の巨大なパネルにまとめるというもの。神戸にある商業施設に足を運び、展示してもらうようプレゼンテーションを行いました。

森田さん

おもしろい活動やね。実際に営業活動を体験してみて、苦労したことはあった?

久保田さん

テレアポや資料づくりなど、一から自分たちでつくり上げることも大変でしたが、なかなか展示の許可をもらうことができず、どうすればいいのかをチームの仲間を集めて話し合いました。

森田さん

なかでも久保田くんは、みんなのリーダー的な存在で活動してたよね。臆することなく対応してたから、社会に出ても堂々と営業に取り組める人になるだろうなって思ったよ。

久保田さん

うれしいです、ありがとうございます!最終的にはパネルを2週間展示することができ、営業職をめざしている私にとって、学びの多いプロジェクトでした。

久保田さんが参加した就活塾

就活を専門としているプロの講師を招き、10回ほど講義を行いながら、学生がプロジェクトを実行していく、キャリアセンター主催のプログラム。就活が本格スタートする前に、早い段階から対策を進めることができます。

3年生 11月 添削や話し合いを重ね、自分の強みを見出していく。

森田さん

就活塾に参加しながら、キャリアセンターにもよく来てくれてたよね。

久保田さん

はい、まるで自分のホームのように、就活が終わる6月まで何度も足を運びました。まずは、自己PRを考えるところからスタート。森田さんに内容のチェックをお願いしたところ、「これ、何が言いたいん?」って言われたのを覚えています。

森田さん

みんな、はじめは出来なくて当たり前。久保田くんが、これまでにどんなことに取り組んできたのか話を聞いていくと、もっといいエピソードがたくさんあって、アピールポイントを引き出していったんやね。

久保田さん

はい、ただ添削していただいただけでなく、話を聞いてくださったことで、アピールすべき内容がどんどん自分のなかで明確になっていきました。森田さんは、決して私に答えを教えるのではなく、自分の力で書いていくためのヒントを与えてくださったのがうれしかったです。次、どうすればもっといいものを書けるのか道筋が見えてきて、モチベーションも上がりました。

森田さん

厳しいことも言ったと思うけど、書き直したものを何度も見せに来てくれて、前回指摘したところをきちんと修正できていたのにも感心したよ。

久保田さん

実は、森田さんのもとを訪ねるときに、これで大丈夫なんだろうかって、不安でいっぱいだったときもありました。でも、森田さんはいつも明確なアドバイスをしてくださるし、最後には必ず「がんばれよ!」って背中を押していただいていたので、希望が生まれる場だったんです。

森田さん

いつも明るい笑顔で声をかけてくれてたから、そんな不安もあったなんて驚いたよ。

3年生 2月 医療業界のインターンシップに参加!業界研究を進めていく。

久保田さん

どの業界で仕事に就くかを考えていたときに、今後さらに需要が伸びていく仕事も経験してみようと思い、これまで視野に入れていなかった医療業界のインターンシップに参加しました。

森田さん

新しい分野にどんどん踏み込んでいける、すばらしい行動力やね。医療業界はどう思った?

久保田さん

絶対、この業界で働きたい!という強い想いまではなかったのですが、これから本格的に就活がスタートするうえでの、ひとつの判断材料になりました。

森田さん

3月になってからは、まずどんなことをしたん?

久保田さん

営業という職種だけ決めて業界をしぼらずに、コンサルや人材、メーカー、ブライダルなど、さまざまな企業の説明会に参加しました。

森田さん

ほんまに幅広いね!そのなかで、選考にチャレンジしたい企業はあった?

久保田さん

はい、10社ほどありました。

4年生 4月 順調に進んだと思いきや、
最終面接でまさかの不合格…。

久保田さん

うれしいことに、森田さんにチェックしていただいた選考書類は、すべて合格をいただき、グループディスカッションも順調で、あるメーカーの選考では最終面接までたどり着きました。でも、最後の最後で落ちてしまって。それを機に、志望している企業が、一時期はゼロになってしまったんです。最初は落ち込んで、これからどうしようって思いました。

森田さん

キャリアセンターに来てくれたとき、そんなに落ち込んでいるようには見えなかったから、ちょっと驚いたな。

久保田さん

まず行動することで、気持ちもどんどん前向きになるんじゃないかと思ったんです。だから、ここで立ち止まるのではなく、森田さんに助けてもらおう!って思いました(笑)。

森田さん

久保田くんは、まだまだ見ている企業の数が限られていたから、もっと視野を広げて、どんどん選考に挑戦しようってアドバイスしたね。

久保田さん

はい、そこから立ち直ることができて、もう一度原点に帰って、自己分析をし直しました。

4年生 5月 徹底的に対策を重ね、新たに迎えた最終面接。

久保田さん

そして、次に挑戦したのが人材派遣を行うアデコ株式会社。人材業界では、ある業界に特化して派遣サービスを行う企業も多いのですが、アデコはある分野に特化するのではなく、いろんな視点や引き出しをもって、総合的にサービスを展開する会社でした。また、説明会などで出会った社員さんにアデコの魅力を尋ねたところ、みなさん即答で「人」と答えられており、社風にも魅力を感じました。

森田さん

それからは、何度も面接の練習をしたね。 久保田くんは、明るい性格やから、それがもっと面接でも伝われば合格するだろうと思って、面接を受けているときの久保田くんの様子をビデオに撮っては、表情を確認したりしたな。

久保田さん

それに森田さんは、ふだんはとても気さくで親しみやすい方なのに、面接練習となると、がらりと雰囲気が変わって、緊張感ある空気のなかで練習ができたのも良かったです。きちんと自己分析をしないと答えられないような質問など、さまざまな視点から深掘りしていただけたことも感謝しています。

森田さん

久保田くんは、何度も自ら面接練習を依頼しに来てくれてたから、感心してたんやで。いじわるな質問もしたけど、きちんと答えられるようになって、これはもう大丈夫だって思った。

久保田さん

森田さんのおかげで自信をもつことができて、面接でもどんなことを話そうかって、就活がとても楽しくなったんです!

森田さん

徹底的に特訓したもんね。いざ迎えた面接では、どうだった?

久保田さん

実は、これまで経験したことのない面接スタイルで、最初は驚きました。でも、そこで慌てることなく、落ち着いて答えることができました。

森田さん

面接練習のときにいろいろな場面を想定して対策していたことが、本番でも役に立ったかな?

久保田さん

はい、会社が公開している実績や報告書を調べて、しっかりと会社のことを理解したうえで面接に臨んだのが良かったと思います。

4年生 6月 念願の内定!憧れの営業職に、夢がふくらむ!

久保田さん

最終面接を終えた1週間後。内定の連絡をいただきました!

森田さん

ほんまにおめでとう!でも、久保田くんは自信をもって臨んでいたし、きっと合格するだろうって思ってた。営業職、頑張ってね!期待してるよ!

久保田さん

ずっと支えてくださって、本当にありがとうございました。売上トップ3に入る営業マンをめざして頑張ります!

どれだけ対策をしていても、選考でうまくいかなかったり、落ち込むこともあると思います。そんなときは、誰かに話を聞いてもらったり、気持ちを切り替えて次の選考にチャレンジしたり、行動し続けることが大切。それに、これ以上ないくらいに対策をして練習をすれば、自信もつくし、就活がどんどん楽しくなってくるはずです。最後まであきらめずに、自分の夢にむかって頑張ってください!

就活成功3つのポイント
  • 1まずは自己分析!これまでの取り組みや行動を振り返って分析すれば、自分の強みが見えてくる!
  • 2大切なのは、行動力。落ち込むこともあるけど、立ち止まらずに行動し続けよう!
  • 3自分の目指す業界や職種についての本を読もう!視野が広がるだけでなく、情報の引き出しも増えてくる。
神戸学院大学 キャリアセンターより

キャリアセンターというと、最初は敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、ひとりで悩む前に、すこしの勇気を出して足を運んでほしいと思います。神戸学院大学のキャリアセンターの職員は、他業種から転職しているスタッフも多く、就活に対するアドバイスだけでなく、さまざまな業界のリアルな話を聞くこともできます。私たちが学生のみなさん一人ひとりに寄り添い、内定まで徹底的にサポートします。

イベント

         
日程 時間 イベント 会場
8/21(月) 11:00-17:00 キャリタス就活フォーラム 大阪会場 梅田スカイビル
アウラホール

キャリタス就活やねん!活用術

1

ほんまに知ってる?まずは関西の魅力を知るねん

2

おもろい切り口から関西の企業に出会えるねん

3
困った時は参考にするねん
4

関西家の6つ子がみんなの目線で企業レポートするで
せや◯◯で働こ!

キャリタスやねん!は、
関西の就活を全力で応援するキャリタス就活2018の関西版です。

これからもここにしかない役立つ情報をどんどん発信していくから、ぜひちょこちょこのぞきに来て、ガンガン活用してな!

ボクの、ワタシの、就活宣言!

もっと見る

  • スタジオノールスで就活を楽しもう!!