キャリタス就活【神奈川・山梨】U・Iターン&地元情報発信局

キャリタス就活【神奈川・山梨】U・Iターン&地元情報発信局

1954年9月26日生まれ。兵庫県神戸市出身。早稲田大学政経学部卒業後、(株)フジテレビジョン入社。報道記者、解説委員、ワシントン駐在員、『新報道2001』キャスターを務め、自ら展開した救急医療キャンペーンから救急救命士が誕生した。国際医療福祉大学大学院教授を経て、2011年4月より現職。座右の銘は「愚直」。趣味は歌、ミュージカル、ダイビング。
神奈川県は東京に次ぐ、第二の県です。人口もそうですし、経済規模も同様です。私は神奈川県を「日本の縮図」だとよく言っています。ありとあらゆるものがそろっています。横浜・川崎のような大都会もあれば、田園地帯もある。丹沢などの本格的な山もあれば、湘南などの海もある。また、世界中から人を集める古都・鎌倉もあれば、日本有数の大温泉地・箱根もあります。さらには米軍基地などもあり、まさに日本の縮図です。
こうしたなかで神奈川県は今後、このボリュームあふれる財産、多彩さを最大限に活用するとともに、さらなる彩りを加え、その魅力をもっと増していこうと試みているところです。
これから超高齢化社会を迎える中で、みなさんが最後まで元気で朗らかに過ごせる県、そんな「いのち輝く神奈川」を作る、これはいちばん大事なことだと私は思っています。次にマグネット、磁石のように人や企業・産業を引き付ける力を持った魅力ある県、それが「マグネット神奈川」です。
私はこの二つの実現を目標に、現在あらゆる政策を総動員して、神奈川県の可能性をもっと大きく広げられるように努力しているところです。
この二つをひとつにまとめた政策が「ヘルスケア・ニューフロンティア」です。この動きはいま、WHO(世界保健機関)を含め世界中から熱い注目を集めています。
「ヘルスケア・ニューフロンティア」を構成する具体的な政策の第一が「未病を治す」というアプローチです。病気というのは、真っ白な健康状態が、急に真っ赤な病気の状態になるわけではありません。その中間に、グラデーションの状態が現れます。これがまだ病気になる前の未病の状態です。この段階で未病を治すことが大切です。真っ赤な病気になってからでは遅すぎるというわけです。
なぜ未病の概念を普及する必要があるかと言いますと、この先に猛烈な勢いでやって来る超高齢社会に対応するためです。特に神奈川県は、そのスピードが他県よりも早いと予測されているのです。そこで昨年の10月には「未病サミット神奈川2015in箱根」という国際シンポジウムを開催しました。この動きには、WHOも大変興味を示し、会議に参加してくれたのです。その後私たちもWHOのジュネーブ本部へ出向いてミーティングを行い、今後はWHOとの連携をさらに進めていくという合意にも至っております。
それでは未病を治すことをどう促進するのか、そこに第二の政策である「最先端医療・最新技術」を追求するアプローチが関わります。たとえば、再生細胞医療、ロボット技術、高度な医療の情報化などを推進しています。この分野では「国家戦略特区」、「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」、そして「さがみロボット産業特区」という三つの特区が中心的な役割を担います。ニューフロンティア政策の特区を活用して、高度医療と未病を治すという2つのアプローチを融合させながら、ヘルスケアを進めていきます。未病の状態を日常的に最先端医療でチェックし、そのすべてをインターネットで見える化したシステムを構築します。この取り組みはIoT(インターネット・オブ・シングス)ならぬIoHH「インターネット・オブ・ヒューマン・ヘルス」です。未病状態を最先端のセンサーを使ってデータ化し、各個人がしっかりと把握し、健康状態を保つようにする。そして超高齢社会になっても、社会は健康な人であふれている、そんなアプローチを推進しているわけです。
県中央部の相模原市、厚木市、藤沢市などを中心とする「さがみロボット産業特区」は、「生活支援ロボット」の拠点にしたいと考えています。生活支援ロボットとは、介護・医療、災害対応ロボットなど「いのちを支えるロボット」です。そして特区の強みを生かして実証実験を行い、実用・製品化に向けた研究開発の拠点にします。世にいち早く製品を提供し、多くの皆さんのいのちを支えていただきたいと考えています。さらにこうしたロボット産業の推進は、これまで出会っていなかった技術と技術、企業と企業との出会い、イノベーションの場も提供します。これにより産業・経済はより活性化していくわけです。
ヘルスケア・ニューフロンティアのマグネット効果により、アップル社がアジア初の支社を横浜市に置くことを決めてくれました。これは神奈川県の「国際化戦略」を大きく後押ししてくれるでしょう。また2019年のラグビーワールドカップ決勝戦は横浜で行われます。そして2020年には東京オリンピック競技大会の、セーリング競技が江の島で開催されます。この2年間で世界中からお客様が神奈川県にやって来ます。そのため産業・観光の両面で国際化戦略を推進しているところです。観光においては、横浜・鎌倉・箱根に次ぐ第4の観光エリアを作ろうと進めています。このように神奈川県はとっても活気に満ちた、そして可能性のあふれる未来を迎えようとしているのです。
このようにアグレッシブに産業・経済の活性化を推進している神奈川県ですが、通勤・居住環境も大いに魅力的です。週末はマリンスポーツや登山、さらには農業を体験することもできます。そんな「ちょこっと田舎」が味わえるエリアもあれば、都市部で楽しむこともできます。東京へ行くにもアクセスは整っており、オン・オフを共に充実させるワーク・ライフ・バランスの良さは満点です。皆さん、ぜひ、すべてがそろった神奈川県で働いてください。私のところには毎日、多くの外国からのお客様が来ます。神奈川県はいま、海外から熱く注目されています。そんな神奈川県でぜひ、皆さんの前向きな力を発揮してください!