就活に自分らしさをプラスするキャリタス就活 掲載企業数 約15,000

キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [業界研究・企業研究]簡単3ステップ! 業界・企業・職種研究 企業研究編
簡単3ステップ!業界・企業・職種研究

簡単3ステップ! 業界・企業・職種研究

「業界研究の仕方が分からない」「企業研究は何を調べればいいのか」「志望企業すべてを研究する時間がない」――。そんな悩みをすべて解決するのが、この「簡単3ステップ! 業界・企業・職種研究」。研究に必要な3つの段階を踏みながら付属の研究シートを埋めていけば、手間のかかる業界・企業・職種研究も簡単に整理できるでしょう。

業界研究・企業研究

企業研究編

なぜ必要?企業研究

なぜ必要?企業研究

企業研究は、会社に関する知識を蓄えることではありません。やみくもに、売上高や商品を調べて記憶してもそれほど意味はないのです。企業研究をする目的は次の2つです。

企業研究の目的

  1. 志望企業が自分に合っているかどうか
  2. 採用担当者が納得できる「志望動機」をまとめるため


ここでは、何を重視して働きたいのか。なぜ、その企業で働きたいのかを明確化することが目的です。まだぼんやりとしたイメージしかないはずなので、働く企業に何を求めているのかを整理することから始めましょう。給与なのか仕事内容なのか、それとも企業の社会貢献の高さなのか。さまざまな要素が出てくるはずです。何が企業選びのポイントになるのか、いくつか絞り込んでいき、次に企業を絞り込み、同業他社と比較していく。ここで役に立つのが日本経済新聞社の各種調査・ランキングです。企業研究では欠かすことのできない情報が満載なので、チェックしましょう。一連の作業ができれば、説得力のある志望動機を作成できるはずです。

STEP1 自分にとって「働くこと」とは?

仕事(働く)に求めることは、人によってさまざま。ある人は「いくら忙しくてもやりたい仕事ができればいい」といい、別の人は「企業の成長性や将来性が企業選びの一番の優先事項だ」と話します。女子学生であれば、女性の管理職登用が積極的で女性が活躍できる職場かどうかや、産休・育休制度の充実度、実際の制度の運用実態は気になる部分でしょう。
企業研究を始める前に、自分は「働く企業に何を求めるのか」を明確にしておきたいものです。仕事内容や給与、福利厚生、休日休暇、勤務地、教育制度、女性の活躍度、環境・社会貢献度……などなど、さまざまな要素があります。自分にとって何が企業選びの基準となるのかをいくつか決めておくことが必要です。この基準が、就活終盤で複数内定をもらった場合に1社を選ぶ助けになります。さらに会社説明会やOB・OGから話を聞くと、さらに絞り込むことができます。入社してから、考えていたことと違うなど、後悔しないように、正しい情報を入手しましょう。

STEP1 自分にとって「働くこと」とは?
STEP2 企業選びの基準に沿って各社を比較する

STEP2 企業選びの基準に沿って各社を比較する

企業選びの基準が決まったら、各志望企業の基準を調査、比較し、各社の「違い」や「特徴」を見てみましょう。基準によっては「キャリタス就活」のような就職情報サイトや各社のホームページで調べれば分かる内容もあれば、実際に志望企業で働いている人に会わないと分からない基準もあるでしょう。企業の理解を深めるには客観的データである日本経済新聞社の各種調査・ランキングを参考にしてみてください。「NICESランキング」なら安定性や将来性、社会貢献度など、業績だけではなく、社内外からの視点で企業を客観的に評価しています。志望している企業の強みを見つけることができるでしょう。「NICESランキング」は総合ランキングの他に「投資家」「消費者・社会」「潜在力」「従業員」の評価別ランキングがあります。たとえば、ワーク・ライフ・バランスなど働きやすさを基準に企業を選びたいのであれば、「従業員ランキング」を参考にするといいでしょう。この調査の他にも企業選びに欠かせない日本経済新聞社の情報は、キャリタス就活の会員限定サイト『日経の注目ニュース&リサーチ』に載っているので必ずチェックしましょう。

STEP3 企業研究のゴール

志望企業を比較検討して志望順位が決まったら、いよいよ終了間近。志望度の高い企業から順に、以下の項目を中心に調べてみましょう。

  1. 同業他社と比べたときの強み、弱み、違い、特徴など
  2. 企業の現状と課題・将来性
  3. 入社後に挑戦したいことと、自分の長所、能力などとの接点
  4. 最近、ニュースや話題になったこと


「企業比較シート」と「企業研究シート」をまとめられれば、「なぜ他社ではなく、うちを第一に志望するのか?」といった面接での質問にも答えられるようになります。
2つのシートを作成するには、「NICESランキング」や「キャリタス女子学生」の「女性が活躍する会社 Best100」を参考にするといいでしょう。社風や会社の雰囲気、仕事内容、人事評価などの制度面から「企業比較シート」にまとめてみましょう。同じ項目を比較することで企業の特徴が見えてきます。つぎに「企業研究シート」を作成して、企業の強み、弱み、違い、特徴や、現状と課題・将来性を確認します。そして志望企業が自分に合っているかどうかを再考しましょう。

STEP3 業界研究のゴール

なぜ、その企業で働きたいのかを明確にしてから、面接に挑もう。

「企業研究シート」を活用しよう

拡大する
企業研究シート・企業比較シートをダウンロード
就活成功ガイド・TOPへ