就活に自分らしさをプラスするキャリタス就活 掲載企業数 約15,000

キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [業界研究・企業研究]簡単3ステップ! 業界・企業・職種研究 業界研究編
簡単3ステップ!業界・企業・職種研究

簡単3ステップ! 業界・企業・職種研究

「業界研究の仕方が分からない」「企業研究は何を調べればいいのか」「志望企業すべてを研究する時間がない」――。そんな悩みをすべて解決するのが、この「簡単3ステップ! 業界・企業・職種研究」。研究に必要な3つの段階を踏みながら付属の研究シートを埋めていけば、手間のかかる業界・企業・職種研究も簡単に整理できるでしょう。

業界研究・企業研究

業界研究編

なぜ必要?業界研究

なぜ必要?業界研究

世の中には数多くの業界が存在しています。食品やサービスなど生活に身近な業界から、今まで知らなかった業界など、実にさまざまで多種に及んでいることに驚くことと思います。最初は無理に絞り込まずに、できるだけ幅広く、多くの可能性を考えて業界を研究するのがオススメ。特定の業界にこだわりすぎると、優良な企業を見落とす可能性があります。業界研究を始める前に、まずは目的を簡単に押さえておきましょう。業界研究の目的は以下の3つとなります。

業界研究の目的

  1. 数多くの業界の中から志望業界を絞るため
  2. 自分の知らない業界を知るため
  3. 自分の志望する業界の知識を得るため

自分の憧れや興味のある業界だけではなく、さまざまな業界を調べることが必要です。きっと新しい発見ができるでしょう。また実際に働いているOB・OGの先輩から話を聞くことで、業界の実態をより具体的にイメージでき、より深く理解できるでしょう。そこから絞り込み、さらに研究を進めていくことが大切です。

STEP1 業界を広く、深く知る

志望業界が決まっていない人(上記【目的】1に当てはまる人)
街中や普段の生活を見回すと、実に多くの業界があることに気付きます。例えば、駅前には飲食店やコンビニエンスストア、銀行、ドラッグストア、衣料品店などがあります。家の中には食品、家電製品があり、電気、ガス等のインフラが使用できます。身近にあるモノを眺め、「この業界で働くとはどんなことか」という気持ちで調べてみてはいかがでしょうか。

志望業界が決まっている人(上記【目的】2に当てはまる人)
特定の志望業界が決まっている人は、関連業界にも目を向けてみましょう。例えば、「百貨店業界」が第1志望なら、同じ接客・販売という視点から「専門店」「スーパー」「コンビニエンスストア」「フードサービス」などがあり、扱う商品から見れば「アパレル」「宝飾品」などがあります。このように志望業界の周辺業界を調べてみて、各業界はどのような事業活動を行い、どんな企業があるのかなどを調べてみるのもいいでしょう。

「業界MAP」&「業界クイズ」を使おう
興味を持った業界が見つかったら、「業界MAP」を見てみましょう。企業規模が大企業から中堅・中小企業までと、30業界に細分化されている中から、興味を持った業界名をクリックすると業界の動きが分かるようにまとまっていて、約900社が業界ごとにひと目でわかるように地図形式で掲載されています。その業界ではどんな事業を行っているのか、どんな会社があるのか、どんなグループがあるのか、製品やサービスの国内シェアなどを記載しているので、業界のことをより深く理解できるでしょう。
また「業界クイズ」では、主要な18業界について各業界10問のクイズに挑戦できます。業界研究の基本となるような情報や時事問題をクイズにしており、就活のために必要な情報を網羅しているので、楽しみながら業界研究ができます。この時点では「この業界!」と決め込まないことが大切です。できるだけ多くの業界のクイズに挑戦し、興味の幅を広くして、より多くの業界を知ることを心がけてみましょう。

STEP1 業界を広く、深く知る
STEP2 志望業界について調べる

STEP2 志望業界について調べる

興味のある業界が見つかったら、再び「業界MAP」「業界クイズ」に戻って、下記の4つを中心に調べてみましょう。

  1. 業界に興味を持ったきっかけや自分がその業界に感じた魅力
  2. 業界の現状と課題・将来性(業界では今、何が起こっていて、これからどのような変化が予想されるのか)
  3. 自分の生かせる能力や長所と、挑戦してみたい仕事
  4. 業界で興味のある企業

キャリタス就活では「業界MAP」「業界クイズ」以外でも業界研究ができます。キャリタス就活の会員限定サイト『日経の注目ニュース&リサーチ』には業界研究に欠かせないコンテンツがそろっています。「日経の産業天気図」は、主要30業種の好不調を天気図で表したもの。天気図と合わせて各業界の現状と今後の解説記事があるので、なぜ天気が良いのか、悪いのかが分かります。また、「日経の注目ニュース」「業界別ニュース」、業界研究に必須である業界別の最新ニュースをチェックできます。キャリタス就活以外でも各企業の会社説明 会・セミナー等で、業界動向などの解説を詳細に聞くことができるので、志望している業界、そして興味のある企業のことを、どんどん調べてみましょう。

STEP3 業界研究のゴール

業界研究は、学校の定期試験のように「ここまで行えば十分」と決まったラインはありませんが、目安はエントリーシートの記述や面接の場を想定して、以下のことが明確化できるまで行おいましょう。

  1. なぜ、○○業界を志望するか
  2. 自分のこんな能力が○○業界に役立ちそうだ
  3. 志望業界の現状と将来性

業界研究は、エントリーシートの作成や面接の場で役に立つだけではなく、自分の性格や能力を再発見し、自分を客観的に分析する上でも役に立ちます。その業界を志望する理由、どんな能力が役に立つのかを整理し、自分の価値観や強みを、どう生かせるのか明確化しましょう。キャリタス就活の「業界研究シート」をダウンロードして、それぞれの項目を記載すると、理解できているところと、できていないところの整理がより進みます。そして整理できるまで何度も繰り返しましょう。より具体化していくことがポイントです。こうしたことを実践できると、エントリーシートや面接の場で説得力のある説明ができるようになるはずです。

STEP3 業界研究のゴール

まずは幅広く。志望業界を定めたら、自分の価値観や強みをどう生かせるか、明確にしよう。

「業界研究シート」を活用しよう

拡大する
業界研究シートをダウンロード
就活成功ガイド・TOPへ