就活に自分らしさをプラスするキャリタス就活 掲載企業数 約15,000

キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [エントリーシート対策] コツをつかんで通過率アップ!エントリーシート対策講座/企業はESのここを見ている
[エントリーシート対策]コツをつかんで通過率アップ!エントリーシート対策講座

コツをつかんで通過率アップ!
エントリーシート対策講座

企業の選考の多くはエントリーシート(ES)からスタートします。ただの「応募書類」と軽く考えていたら痛い目にあうかもしれません。企業はESに書かれた内容を吟味して学生を選抜したり、面接で何を質問するか参考にしたりするからです。とはいえ、自分のことを文章で他人に伝えるのは案外難しいもの。学生生活を伝えきるためにはどうすればよいか、ES作成のコツを教えます。

エントリーシート対策

企業はESのここを見ている

ESでよく出る質問の例
自己PR・
ガクチカ
学生時代に力を入れたこと/あなたの強み/学業で取り組んだこと/困難を克服した経験/周囲と人と協調して何かを成し遂げた経験
志望動機・
将来展望
当社を志望する理由/就職する企業を選ぶ際に重視していること/入社後にやってみたい仕事・夢とその理由/あなたが考える○○業界の未来像
その他 あなたを○○に例えると/100万円あったら何に使いたいか/1日が25時間だったら増えた1時間で何をするか

質問は「過去に何をやってきたか」「将来何をやりたいか」の2つ

ESでよく出る質問を大きく2つに分けると、「自己PR・ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」と「志望動機・将来展望」があります。前者は、どんな学生生活を送り、どんな価値観を持っていて、どんな場面で頑張れる人間なのかを伝えるための質問で、過去のあなたについて聞いています。一方、「志望動機・将来展望」は、企業に興味を持ったきっかけから、どんな仕事に関心を持っているのか、といった過去から未来に向けたことを聞いています。

これらの質問から、企業は「この人は入社したらこんなふうに働いてくれそうだ」とイメージして、面接を行います。ですから、ESに書く内容で迷ったときには、皆さんの将来の働きぶりをイメージできるものを選ぶとよいでしょう。

他の学生と差をつけるには

ESが他の学生と似た内容になってしまったり、企業に対する自分の思いがいまひとつ伝え切れてない、と悩む人もいるかもしれません。そんなときは、業界研究、企業研究を通じて知った事実を盛り込んでみましょう。例えば、その会社の強みについてです。

・御社は、○○という〔商品/サービス〕において、○○という強みがある。
・御社は、〔営業体制/研究開発/財務〕において、○○という強みがある。

このようにして他社にはない強みを挙げて、「~という点で御社にひかれる」などと続ければ、他の学生と差をつけた内容にすることができます。

STEP1 業界を広く、深く知る
STEP1 業界を広く、深く知る

業界関連の質問には自分の考えを交えて書く

 ESの質問の中には、「高齢化社会の中で○○技術はどうあるべきだと考えますか」や「○○を使った新しい製品の提案」など、業界に関連したものがあります。このような質問の意図は、学生が業界・企業の現状を理解し、将来展望を描いているかの確認です。

まず、新聞・テレビのニュースや業界研究本などから、業界の動きを知り、企業のホームページなどで最新情報をチェックしましょう。そこで得た情報と、自分で考えたことや体験を交えて書きます。「こんなに調べました!」という報告ではなく、自分がどう感じたか、どんな意見を持ったかを入れることがポイントです。

就活成功ガイド・TOPへ