就活に自分らしさをプラスするキャリタス就活 掲載企業数 約15,000

キャリタス就活 トップ  >  特別企画  >  キャリタス女子学生  >  好感度UP!身だしなみ講座  >  第一印象が勝負!就活スーツの着こなし
限定学生応援!キャリタス女子学生

好感度UP!身だしなみ講座 第一印象が勝負!就活スーツの着こなし

第一印象はわずか“3秒”で決まります。最初にパッと見て感じた印象は、後々になっても変わらず、あなたがどういう人かを判断する決め手となってしまうこともあります。外見を印象づける身だしなみは、細部までしっかり見られています。正しい着こなしができていると、自分の自信にもつながることに。好印象を与えてチャンスを勝ち取るために、きちんとスーツを着こなして就活に挑みましょう。

私がお答えします! イメージコンサルタント・ビジネスマナーインストラクター 長澤久理子さん

01.就活スーツ 7つのチェックポイント

第一印象を決める“3秒”は、面接室に入ってから、挨拶をして座るまでの間にやってきます。人の視線はまず頭の先から胸元30cmくらいを見て、そこから下に移動します。ジャストサイズのスーツはもちろん、ボタンのほつれや襟の汚れなど、細かい所まで常に気を配りましょう。

1:1:胸まわりは細かくチェックしよう シャツは窮屈そうな印象を与えないよう、指が一本入る程度の余裕のあるサイズを。食事後の汚れ、ホコリ、ジャケットの襟が立っていないかも気をつけて。
2:ボタンはすべて留めるのが基本 就活では、ボタンはすべて上まできちんと留めるのが基本。ボタンのほつれは目立つので、出かける前にしっかりチェックしましょう。
3:スカートは座った時の長さも要チェック ひざの真ん中が最適な丈の目安。座った時に短すぎないよう、必ず座っても試着すること。座りジワは結構目立つので、行きの電車は立つように心掛けましょう。
4:パンツは裾丈バランスに注意 裾は地面から2㎝ほど、ヒールが少し見えるくらいがベスト。座った時に足のくるぶしが見えないよう、座って試着し、長さや履き心地を確かめましょう。
5:ジャケットサイズは肩を基準に ジャケットのサイズを決めるのは肩。肩パット部分が腕よりも中に入らないものを選びます。肩からワキ、背中にシワが寄ったら、サイズが合っていない証拠。
6:袖丈の目安は手首とのバランス ジャケットの袖丈の目安は、親指のつけ根と手首の間位の長さ。手を下ろした状態で、ジャケットからシャツの袖が1.5~2cm見えるのがきれいな着こなし方です。
7:美しく見える着丈の長さ ヒップの一番高い部分が隠れるくらいの長さを選びましょう。これよりも着丈が短いと見た目がすっきり見えず、逆に長いと野暮ったく見えてしまいます。

あなたはスカート派?パンツ派?

  • スカートスタイル 就活スタイルのスタンダードはやはりスカート。とくに女性面接官に対しては、パンツでは個性を出しすぎるので、スカートのほうが好印象を与える傾向にあります。ただし、女性らしさを見せすぎないよう気をつけて。
  • パンツスタイル スポーティでアクティブな印象を与えるパンツスタイル。最初はスカートで行き、二次面接や三次面接で印象を変えるために、パンツにするのもいいでしょう。私服指定の場合にも、パンツは使いやすいので1着持っておくと便利です。

シャツ・バッグ・小物はココをチェック!

シャツ

襟は3~4cm以内なら出さず、それ以上のサイズであれば出すのが基本。目安としては、動いてみて襟が自然に出るかどうかで決めるといいでしょう。就活のピーク時には、毎日続けてスーツを着ることもあるので、シャツは3、4枚用意しておくと安心です。襟はスキッパーとレギュラーの2タイプがあり、与える印象も違います。自分をどう印象づけたいかを考えて、業界や企業カラーに合ったものを選ぶのがベストです。

skipper shirt

スキッパータイプ

アクティブでスポーティな印象。丸顔やスクエアタイプ、むくみが気になる人は、顔がすっきり見えるスキッパーがおすすめ。

regular shirt

レギュラータイプ

清楚、真面目な印象。顔が卵型、面長の人はレギュラータイプを。ボタンを上まで留めても、首元が窮屈に見えません。

ここがポイント! シャツは常にアイロンをかけて、シワのない状態をキープするのが鉄則。時間に余裕がない場合は形状記憶タイプを選ぶようにしましょう。
小物
ここがポイント!スマホカバーは意外な盲点。必ず見られているので気をつけて。キャラクターなど可愛いものや派手過ぎるものはNG。ナチュラルなものを選びましょう。

バッグ

黒色でA4サイズがすっと入る大きさで、肩からかけられるタイプがおすすめ。説明会や面接などで、椅子の下に置いても中身が見えないよう、自立タイプでチャックがついているものが
良いでしょう。

小物

常に携帯しておきたいのは、ハンカチ、ティッシュ、ハンドクリーム、リップクリーム、デオドラント、ネイルのトップコート。ストッキングが破れた時の応急処置用として、トップコートを持っていると便利です。

腕時計

時計のフェイス部分はあまり大き過ぎず、2~3cmがベスト。
シンプルで、文字盤がはっきり見えるものが良いですね。
ベルトは革でも金属でもOKですが、ブレスレットタイプはおすすめできません。

コートの着こなし

基本的にはベージュ・黒・ネイビーで、シンプルなデザインならOKです。買い足すなら、トレンチコートがおすすめ。コートの着丈はひざからヒップが隠れる間くらいで、コートからスカートが出ているのは5cm以内に。10cm以上出ていると、全体のバランスが悪くなります。コートの持ち方も気をつけて。裏地を出してきれいに畳み、片手にかけて持ち、もう片方の手でバッグを持ちます。座る場合は、きちんと畳んだコートをバッグの上に置きましょう。

私服指定の時は? 私服指定の場合は、自分をどう見せたいかを意識して選びましょう。「オフィスカジュアル」ならジャケット、ヒールは必須。中をTシャツにしたり、清楚なアクセサリーで工夫を。「カジュアル」ならジャケットはやめて、スカートはひざが出るくらいの長さに。どちらも過剰な露出や個性を出しすぎないことが大切です。

02.スーツを長持ちさせるお手入れ方法

スーツは1日着たら1日休ませるのが理想です。頻繁にクリーニングに出すわけではないので、自分で行う普段のメンテナンスは欠かせません。 とくに1着しか就活スーツを持っていない場合は、毎日続けて着ることになるので、スーツを脱いだら、すぐにお手入れをする習慣をつけましょう。正しいメンテナンスをすることでスーツの型崩れを防ぎ、ぐんと長持ちさせることができます。

シワ取りはハンガーにかけて

ハンガーは木製がベストですが、プラスチックでも肩がきちんとあるものなら大丈夫です。ハンガーにかけて、シワ取りスプレーを吹きかけ、入浴後のバスルームに換気をしながらひと晩おけば、ある程度のシワは消えます。

ホコリ取りはコロコロが便利

黒のスーツはホコリや髪の毛、ペットの毛などがつくと目立つので、コロコロできれいに落としましょう。強く当てると生地を傷めるので、気をつけて。とくに袖まわりやパンツの裾はホコリがつきやすいので念入りに。

アイロンはハンカチで当て布を

強力なシワならアイロンの出番。ただしスーツの素材は、直にアイロンを当てるとテカってしまうので要注意。とくにスカートの座りジワは、常に摩擦が起きてテカリやすい部分です。アイロンは弱にし、大きめのハンカチで必ず当て布しながらシワをのばしましょう。

汗をかいた後は?

消臭スプレーをしっかり吹きかけて、ハンガーにかけましょう。汗がひどくシミになりそうな場合は、まず布の下にタオルを敷き、次に洗剤と水を含ませたタオルでトントンと汚れやにおいをたたいて落とします。その後、水を含ませたタオルで水分を吸収し、最後にドライヤーで乾かします。汗っかきな人は、着る前にわきの部分に汗取りパッドをつけておくと安心ですね。

雨に濡れた後は?

スーツが濡れてしまった場合は、アイロンで乾かすしかありません。その場合も、ハンカチで当て布をすることをお忘れなく。ビショビショに濡れて型崩れを起こしそうだったら、すぐにクリーニングに出しましょう。雨の日は交通機関が遅れることを想定して、時間に余裕をもって早めに家を出ること。水がはねて汚れをつけないように、歩き方もゆっくりと気をつけて。

ここがポイント!スーツをクリーニングに出す目安は1~2ヵ月に1回。夏場はもう少し間隔が短くなりますが、出し過ぎてもお金がかかるだけ。その分、お手入れを毎回きちんと行いましょう。

03.これで安心!外出先でのトラブル対策

ストッキングはいつも完璧に

ストッキングは予備の替えを持って行くようにしましょう。替えがなかったら、伝線した箇所にトップコートを塗れば広がりを防げるので、携帯しておくと安心ですね。ストッキングを破かないよう、爪の手入れも怠りなく。また、たるみも意外と目立ちます。特に細い脚や小柄な人はM-Lサイズでは足首にたるみが出やすいので、ジャストサイズのものを選びましょう。

シワや汚れがつきにくいスーツの持ち方

スーツを持つときは、つい表向きにしてしまいがちですが、裏返しにして持つとシワや折り目、汚れがつきにくくなります。スーツの肩と肩をあわせて、袖を中に入れてくるっと裏返します。
その際、裏地にクリーニングのタグがついていないかチェック!スーツを椅子の背にかけることもありますが、低い椅子の場合、下をひきずることがあるので気をつけましょう。

シミがついたときの応急処置

シミ抜きをひとつ持っていると便利です。シミ抜きがない場合は、汚れがついたら、すぐに水を含ませたハンカチとティッシュで、汚れ部分をたたいて落とします。水の代わりに炭酸水を使う裏ワザも。
ハンカチに炭酸水を浸み込ませてたたくと、炭酸がシュワシュワと汚れをはじいて、布の下に当てたティッシュに汚れをきれいに落としてくれます。

出かける前にチェック! 自分では見落としがちなところが、人から見ると目につく部分。出かける前に、毎回確認することが重要です。さぁ、鏡を見てしっかりチェックしましょう!

PROFILE

長澤久理子さん短大卒業後、旅行、アパレル、保険、リラクゼーションなど幅広い業界にて、一般事務・秘書・人事・経営企画・広報を経験。その中で身につけた多くの経験やスキルを活かして、2012年にRing24を開業。現在、イメージコンサルタントとして活動を続けながら、ビジネスマナーインストラクターとして新入社員や就活生のためのセミナーや、各種マナー講座を開催したりと幅広い分野で活躍している。

キャリタス女子学生 TOPへ