就活に自分らしさをプラスするキャリタス就活 掲載企業数 約15,000

キャリタス就活 トップ  >  特別企画  >  金融ビジネス・ラボ  >  就活前に学ぶ金融講座  >  第2章 知っておくべき金融ビジネスのポイント①
金融ビジネス・ラボ

積極採用企業

就活前に学ぶ金融講座

第2章 知っておくべき金融ビジネスのポイント

  • ①「市場」とは何か?
  • ②リテールとホールセール
  • ③株式と債券
  • ④投資銀行とは?
  • ⑤ファンドとは?
  • ⑥リースはなぜ金融ビジネスなのか?
  • ⑦ノンバンクとは何か?
  • ⑧メガバンク・グループを知る

①「市場」とは何か?

金融業界で用いられる「市場」という言葉は、イチバではなく「シジョウ」と読みます。たとえば、株式を売ろうとする人が、買いたい人を見つけるのは大変ですが、売買の注文が集まる「市場」に参加すると相手が見つかり、売りと買いのバランスによって価格も決まります。売りたい人が多ければ価格は下がり、買いたい人が多ければ上がります。つまり、「市場」とは資金や証券の“買い手”と“売り手”を結びつけ、それぞれの動きから妥当な価格を形成し、取引を継続的に維持する「場所」だと言えます。日本では「マーケット(market)」と置き換えて用いることも少なくありません。

「市場」には、東京証券取引所のような「取引所」を持つ市場と、電話や通信によって繋がった目に見えない市場があります。そのほとんどは後者に属し、金融機関だけが参加して取引を行っています。グローバル化が進んだ今日では、同じ取引を各国のさまざまな市場で行うことができますので、取引所を持つ市場の間では取引の利便性を高めるなどして、参加者や取引を呼び込む競争が始まっています。東京証券取引所が大阪証券取引所と統合してJPX(日本取引所グループ)を発足させたのも、「アジア・ナンバーワンの取引所」を目指すためです。

金融市場では、債券市場、株式市場、為替市場などが有名ですが、先物やオプションなどのデリバティブ市場、金や原油、穀物などを扱うコモディティ市場も投資運用には欠かせない市場です。

「市場」とは何か?

キャリタス就活の視点

  • 市場には価格の形成を通じてさまざまな過不足やアンバランスを調整し、最適に導く機能があるとされています。制約や規制はそうした市場の機能を奪う要因となりますから、「市場の自由度をできるだけ高めて、金融の動向を市場原理に委ねるべきである」という考え方によって自由化が進められました。市場取引は大きな利益を手に入れる可能性があると同時に、大きなリスクをともないますから、金融機関にはリスクの正確な把握と正しい管理が求められています。
金融ビジネス・ラボ TOPへ