防衛省自衛隊 京都地方協力本部

防衛省自衛隊 京都地方協力本部の企業情報

防衛省自衛隊 京都地方協力本部

【官公庁】

自衛隊は約50の職種、16の階級、約23万の隊員で構成される小さな社会。自衛隊内の各組織をまとめて指揮・運用するのが幹部自衛官。幹部自衛官は他国への留学、他省庁への出向、防衛駐在官、国家安全保障局等、他省庁のキャリアと肩を並べる勤務の機会も多くあり、国内外を問わず人々の安全・安心を守るため、スケールの大きい仕事をすることができます。

  • 実力と成果を重視

  • 設立50年以上の企業

  • 20歳代の管理職実績

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
「平和を仕事にする。」

自衛隊は、国民の生命・財産と領土・領海・領空を守ることを任務とし、わが国に対する侵略事態に備えるための体制を整備しています。また、不審船・武装工作員などによる活動、核・生物・化学兵器によるテロなど、必ずしも防衛出動に至らない場合であっても、わが国の平和と安全に重要な影響を与える事態や大規模な災害に対しては、関係機関と連携し、迅速かつ的確に対処し得るような即応態勢を維持・向上させています。

私たちの仕事

Defense of Japan
我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つために、侵略に対しわが国を防衛します。

Disaster Relief Operation
新たな脅威や大規模な自然災害、特殊災害などの多様な事態に実効的に対応します。

International Peace Cooperation Operation
国際平和協力業務や、国際緊急援助活動など、国際社会が協力して行う国際平和協力活動に積極的に取り組みます。

はたらく環境

組織の特徴
活躍のフィールド

■陸上自衛隊
「守りたい人がいる」―― その思いに、陸上自衛隊は応えます。わが国の豊かな自然とそこで暮らす人々の平和と安全を守ります。全国に約160カ所の駐屯地、14万人の人員を要する陸上自衛隊は、人々の身近にあって、わが国に対する外国の侵略を未然に防ぎ、万一侵略があった場合に対処する使命を担っています。
・国土国民を直接守る力です。
・人を大切にし、人を育てる組織です。
・国民に信頼され、国民とともにある組織を目指します。

■海上自衛隊
「美しき島国、日本の大地を海から守る」―― 海上自衛隊は、四面を海に囲まれた島国であるわが国の地理的・経済的特性をふまえて、海上からの侵略に対して国土を守るとともに、周辺海域における海上交通の安全を確保することを使命としています。さらに、機雷除去や海上輸送、海賊対処活動など、国際平和に貢献する任務にも積極的に取り組んでいます。
・シーマンの誇りを胸に国防と国際貢献に励んでいます。
・ハイテク化した最新装備を縦横無尽に駆使しています。
・可能性を大きく引き出す教育システムがあります。

■航空自衛隊
「青く果てしない大空に防衛の要がある」―― 島国であるわが国の平和と安全を守るためには、空の防衛が欠かせません。航空自衛隊では、平時から常時監視態勢をとり、侵略を未然に防止しています。また、PKO空輸支援や政府専用機による海外運行など、航空自衛隊の活動範囲は広がっています。大空を駆け巡る航空自衛隊には、夢と可能性を実現する舞台が用意されています。
・美しき日本の大空の守りに励んでいます。
・ハイテク技術の粋を集めた職場で活躍できます。
・段階的な教育システムで空の精鋭を育成します。

働く仲間
戦士として、整備員として、日本のために働きたい。(陸上自衛隊:先輩隊員より)

兄に自衛隊体育学校の存在を教わったことが、入隊のキッカケでした。入隊後、自分の中で一番変わった点は、これまで以上に日本を好きになったことです。現在は、自衛隊車両の整備に従事し、ミスをなくすために、繰り返し点検を徹底しています。いずれ整備士の資格を取得し、多くの車両の整備に関わることで、立派な自衛官を目指したいです。災害派遣などで活躍している自衛官をTVや新聞の報道で見ると、やり甲斐を強く感じますので、将来的にはPKOなど自衛官にしかできない仕事を経験したいと思っています。

職場の雰囲気
不安を消してくれたのは、先輩の厳しい指導。(海上自衛隊:先輩隊員より)

部隊である船に着任する時、船という特殊な環境下での厳しい訓練や任務のことを想像すると不安でいっぱいでした。しかし、時に優しく、時に厳しく指導して下さる先輩方と一緒に様々な訓練・任務をこなしていくうちに、最初にあった不安は消え、今では様々な船で色々な人と経験を積みたいと考えるようになりました。そして、指導して下さる先輩方のように後輩の模範となれるよう成長したいです。いずれは、砕氷艦「しらせ」に乗艦して南極へ行きたいと思っています。

オフィス紹介
大勢が一丸となることの大切さを、実感。(航空自衛隊:先輩隊員より)

私は現在、補給員として、先輩方の指導のもと、全国の航空部隊で使用する部品の発注や在庫のコントロールなどを行っています。これらの業務を通じて実感することは、航空自衛隊では大勢の人が一丸となって努力しているということです。航空機は、パイロットをはじめとして、整備員や補給員などが、それぞれの役割をしっかりと果たすことで、初めて飛ばすことができます。大空を飛ぶ航空機を見るたび、その一員として日本の平和を守っていることを実感できる自衛官という仕事に誇りを持って日々の業務や訓練に励んでいます。

企業概要

創業/設立 1954年設立
本社所在地1 〒162-8802
東京都新宿区市谷本村街5-1
本社所在地2 〒604-8482 京都市中京区西ノ京笠殿町38 
         京都地方合同庁舎内3階募集課
                075-803-0820
代表者 自衛隊京都地方協力本部
本部長 安孫子 一 (あびこ はじめ)1等陸佐
職員数 226,742名 (2015年03月現在) 
事業所 京丹後地域事務所/京丹後市大宮町字周枳1975 ミックビル1階
                      0772-64-2498
舞鶴地域事務所/舞鶴市余部下1190
                     0773-63-3272 
福知山地域事務所/福知山市駅前9 春風堂ビル1階 
                      0773-23-0416
亀岡募集案内所/亀岡市古世町西内坪34-26
                     0771-24-4170 
河原町募集案内所/京都市上京区河原町通丸太町下ル伊勢屋町412                     
                      075-221-3266
京都募集案内所/京都市下京区烏丸通六条上る北町181 第5キョートビル1階               
                      075-361-5587
宇治地域事務所/宇治市広野町西裏71-5 S.C OKUBO 2階 
                      0774-44-7139

採用連絡先

自衛隊京都地方協力本部/
〒604-8482 京都市中京区西ノ京笠殿町38 
京都地方合同庁舎内3階募集課
TEL:(075) 803-0820/0821 
FAX:(075) 803-0822 
e-mail:recruit1-kyoto@pco.mod.go.jp
HP:http://www.mod.go.jp/pco/kyoto/