三井住友ファイナンス&リース株式会社

三井住友ファイナンス&リース株式会社のキャリタス限定情報

三井住友ファイナンス&リース株式会社

【リース|その他金融|その他商社】

金融ビジネス・ラボ

企業メッセージ

私たちは、「財務マネジメントにおける提案力」と「モノ、商流への知見」という異なる強みを併せ持つ、総合リース会社です。
1968年にリース事業を開始して以来の長い業歴を有しており、これまでに培った豊富な経験・実績を活かして、お客様の多様化するニーズや潜在する新たなニーズを的確にとらえ、国内外の設備投資や財務面における経営課題の解決に資する金融商品やサービスを提供してまいります。

リース業界で初めて水素関連ビジネスに取り組み

国内外でバランスの取れた成長目指す

さらなる飛躍に向け、国内・海外でバランスの取れた成長を目指しています。国内では新分野開拓のため、2015年4月に全社横断的なプロジェクトチームを設置。今後成長が見込まれる市場に対し積極的なアプローチを展開しています。例えば、水素関連ビジネスにおいては日本初となる水素ステーションのリースを実現しました。
海外では日系企業の海外進出支援のほか、2014年に設立した米国拠点に加え、2016年1月にドイツの販売金融会社を買収するなどビジネスモデルの多様化を実現。さらに航空機リースの分野では世界大手の一角として業界をリードして参ります。

2015年9月に移転した東京本社(千代田区丸の内)

すべての面で業界ナンバーワンを目指す

2015年度は「ブレークスルー」をテーマとし、過去の慣習を変える取組を一層推進致しました。ここ数年でビジネスの質は大きく変容している為、更なる成長に向けては「人材育成」が非常に重要であると捉えています。充実した研修体系に加え、多くの活躍の場をつくることで社員の意識・能力の向上を図ります。また、2015年9月の本社移転を契機に、すべての従業員が「働きがい」を感じ、各自が能力を最大限発揮できる職場づくりを推進して参ります。
三井住友ファイナンス&リースは、商品開発力や取扱高のシェア、働き方、人材などすべての面で業界ナンバーワンを目指し、これからもアグレッシブに挑戦していきます。

金融ビジネス・ラボトップへ