株式会社東日本銀行

株式会社東日本銀行のキャリタス限定情報

東証

株式会社東日本銀行

【地銀】

金融ビジネス・ラボ

企業メッセージ

当行は東京都49店(本店:日本橋)、茨城県13店、栃木県1店、埼玉県5店、千葉県3店、神奈川県9店を有する地方銀行です。「フェイス・トゥ・フェイス」のお付き合いを大切に、信頼される「地域銀行」として、金融サービスをお届けし、事業や暮らしを支え、地域の発展に貢献しています。

当行は茨城県水戸市にて設立いたしました。
現在は東京都日本橋に本店を構えております。

横浜銀行との経営統合(2016年4月)について

経営統合による新しい金融グループは、預金量で約13.3兆円、営業拠点として関東全域に280カ所(うち東京都67カ所、神奈川県188カ所、その他25カ所)の有人店舗を展開する「広域金融グループ」となります。2行はいずれも首都圏を営業基盤としていますが、営業エリアや顧客等に競合関係が少なく、経営統合することによって双方の強み、それぞれの独自性を活かした協業関係をつくりあげられると確信しています。
今回の経営統合の形態は、東日本銀行と横浜銀行の「共同株式移転方式」による持ち株会社の設立を予定しており、2行はともに持株会社の下で存続しますので、銀行の名称やブランドが変わることはありません。

当行人事部採用担当メンバー。共に「地域金融」を盛り上げていただける方をお待ちしています。

地域への取り組み

「地域社会の繁栄に貢献し豊かな町づくりに奉仕する」という経営理念に基づき、東日本銀行では「地域密着金融」の実践に取り組んでいます。お客さまのニーズや課題を把握し、いち早く対応するために、メガバンクにはない「フェイス・トゥ・フェイス」の関係を重視することで、一層の関係強化に努めてきました。その一環として、お客さまやお取引先との交流を目的とした様々な施策を行っています。
例えば、1990年に発足された「東日本倶楽部」では講演会、視察セミナー、文化セミナー工場見学会、情報見学会を地域ごとに分かれた支部で展開。会員の皆さまの交流や経済活動の促進に役立っています。

金融ビジネス・ラボトップへ