株式会社日本政策投資銀行

株式会社日本政策投資銀行のキャリタス限定情報

株式会社日本政策投資銀行

【政府系・系統金融機関】

金融ビジネス・ラボ

企業メッセージ

DBJは、国内におけるプロジェクトファイナンス、PFI、事業再生、メザニンファイナンス等の分野を先導してきた実績を持っています。2008年10月に株式会社化(政府100%出資)し、新DBJとして新たな一歩を踏み出しました。融資・投資・アドバイザリーからなる「投融資一体型の金融サービス」を提供することで、中長期的な観点から日本の豊かな未来づくりに貢献していきます。

4つのカラーは、長期性、中立性、パブリックマインド、信頼性を表現しています。

4つのカラーは、長期性、中立性、パブリックマインド、信頼性を表現しています。

「オンリーワン」の金融機関を目指して。

DBJは、「金融力で未来をデザインします」という企業理念のもと、多様化するお客様のニーズに対応するために、先駆的な金融手法の導入や新たな金融市場の開拓に取り組みながら、日本経済の発展に貢献しています。これまでも、「戦後復興」、「環境対策」、「国際競争力の強化」、「地域活性化」といった、日本が直面してきた多くの課題に対して金融面から日本経済をサポートしてきました。
私たちは「日本の未来のために」という志を持って、これからも日本が抱える様々な課題を解決するために、新たな金融のフロンティアを切り拓き、未来を創造する「オンリーワン」の金融機関を目指していきます。

入行後2か月半に亘りDBJ審査の神髄を学ぶ「会計・財務分析研修」

入行後2か月半に亘りDBJ審査の神髄を学ぶ「会計・財務分析研修」

「日本のために」長期的に成長していこうとする意欲に期待。

DBJは、これまで社会的要請に応えて高い金融技術を駆使し、 新たな金融分野を開拓。日本が直面してきた多くの課題解決に貢献してきました。 さらに、株式会社化以降は、業務範囲が拡大し、職員個々に必要なスキルの水準も高まっています。 従来の事業は社会インフラ向け設備投資融資を中心に、軸足を国内においていましたが、現在は海外取引も含め、融資から投資まで シームレスに手掛ける独自の高度な業務を展開。こうした業務を担う総合力を有したプロを育成していく必要があります。 育成のために充実した教育・研修制度を用意しております。

金融ビジネス・ラボトップへ