2018年卒の方はこちらやで!

キャリタス就活やねん!

思わず二度見したくなる関西就活情報サイト

キャリタス就活やねん!TOP  >  伝説の就活成功記  >  伝説の就活成功記Vol.3 近畿大学

キャリアセンター担当者が語る!伝説の就活成功記 就活の先輩とキャリアセンター担当者の対談コラム!

Vol.3

挫折を乗り越え、空の世界へ羽ばたく!

就活のセンパイ×就活入門生編

近畿大学 理工学部4年生
富久保 尚輝さん(内定先:株式会社JALスカイ)
×近畿大学 3年生
キャリミさん

「絶対にあきらめない」。強い思いを持ち続けることで、憧れの航空業界に就職できました。

森川 真美さん
富久保 尚輝さん
近畿大学
理工学部4年生
内定先:株式会社JALスカイ

「就活、ぜったい成功させるわよ!」知識はまだないけど、熱意だけは人一倍強い、3年生女子。

鍛島 宗範さん
キャリミさん
近畿大学 3年生

富久保 尚輝さん内定までの道のり

3年生9月就活は厳しいアドバイスからはじまった!?

富久保さん

僕がはじめてキャリアセンターに行ったのは、3年生の夏休み明け。将来は、飛行機のパイロットになるのが夢だったので、日本航空のパイロット専門のインターンに参加しようと、選考の相談に行きました。

キャリミさん

パイロットですか!?かっこいい〜! キャリアセンターで、どんなことを言われたんですか?

富久保さん

それが、最初は厳しい言葉をいただきました…。まず、インターンシップって何をするのかを聞いたら、「最低限の情報は、自覚をもって自分で調べてきなさい」って。自分の準備不足だったなと、恥ずかしかったです。この時、いい意味で意識を切り替えることができました。

キャリミさん

そのひと言で、自分から積極的に動く大切さを知ったんですね!

3年生10月気持ちを新たに!選考にむけて、本格スタート!

富久保さん

そこからはまず情報を集めて、会社を知ることからはじめたんです。航空業界についての業界誌を読んだり、日本航空は経営難を乗り越えている会社なので、企業再生に関する本も、何冊も読みましたよ。そうすることで、会社が大事にしている本質を知ることができたんです。

キャリミさん

本を読むことかあ〜!でも、何冊も読むのって大変そうですね…。

富久保さん

もともと本を読むのは苦手だったけど、好きなことだから読むのも苦じゃなかったんです。むしろ、「もっと読みたい!」って思いましたよ。

キャリミさん

すごい向上心!本を読む以外に、何かしたことってありますか?

富久保さん

選考で集団面接やグループディスカッションがあったので、仲の良いの友だちと面接の練習をしました。言葉づかいや、礼儀・マナーをチェックしてもらったり、あとは、エアライン専門のスクールにも通っていました。

キャリミさん

情報をたくさん集めつつ、面接の対策もしていたんですね!大学とエアラインスクールの両立って、大変じゃなかったですか?

富久保さん

サポートしてくれる友だちや、キャリアセンターの方たちがいてくださったから、とても心強かったです!

3年生11月念願のインターンシップ!パイロットへの憧れが強まる。

富久保さん

無事、選考をクリアして、インターンシップに参加することができました。でも、そのなかでも審査が続いて…。11月・12月・2月の3回に分けてインターンが行なわれたのですが、個人面接や操縦ツールの適性検査があったんですよ。

キャリミさん

え!インターンシップがはじまってからも選考が続いたんですか!?

富久保さん

僕も、「これはただの職場体験じゃない。本気で自分が試されてるな」って、途中で気づきました。最終試験みたいなものもあって、それを通過すると、フライトシミュレーターを操縦できる体験があったんです。それがどうしてもやりたくて…。僕も、本気で臨みました。

キャリミさん

やっぱり、憧れも意志も強いから、たくさんの審査を乗り越えていけたんですね。先輩、かっこいいじゃないですか〜!

富久保さん

ありがとう!インターンシップに参加して、パイロットになりたいっていう思いがさらに強まりました。「絶対に、空の世界で働くぞ」って。そこから、本選考にむけての準備がはじまりました。

4年生5月知識を広げるために、他業種にもチャレンジ!

富久保さん

とは言っても、エアライン業界の本選考は8月からだったので、インターンシップがあった2月からはものすごく期間が空いてしまったんです。だから、本命はエアラインだけど、経験を積むためにも、ITや教育など、他業種の選考にもチャレンジしました。

キャリミさん

たしかに、2月から半年も空くって長いですね!そういえば、今回から就活の時期も変わったんですよね?

富久保さん

そうなんです。今年から方式が変わって、新しい選考スタイルもあったから、内容をつかむのが大変でした。そんな時は、キャリアセンターに行って情報を集めましたよ。

キャリミさん

なるほど、勉強になります!他業種を受けてよかったことは何ですか?

富久保さん

やっぱり、いろいろな会社に行って、いろいろな方とお話できたことですね。普段は聞けない話を聞いて、知識や考え方の幅を広げることができました。

キャリミさん

就活だけじゃなく、自分のためにもなったんですね。

4年生8月上旬本選考で、悔しい思いを味わう…。

富久保さん

結果的に、僕はパイロットになる夢は叶いませんでした。面接までは受かったけど、身体検査で合格できなかったんです。

キャリミさん

面接は合格したのに!?あれだけ強い思いをもってたのに…。それから、どうしたんですか?

富久保さん

諦めきれずに、もう1社パイロットの選考を受けました。でもやっぱり、身体検査で不合格。すごく悔しかったけど、そこで諦めがついたんです。

4年生8月中旬空への憧れは変わらない。ほかの職種でリベンジ!

富久保さん

パイロットは無理だけど、別の選択肢があるんじゃないかと考えました。そこで見つけたのが、「オペレーション」という総合職の業務。パイロットに指示を出したり、フライトプランといって、飛行計画などをつくる仕事なんです。業界では、「地上のパイロット」って言われてるんですよ。

キャリミさん

地上のパイロット!?これまた、かっこいいですね!でも、そんな短期間で、どうやって気持ちを切り替えたんですか?

富久保さん

友だちや両親、キャリアセンターの方に話を聞いてもらいました。パイロットの夢を叶えた友だちがいて、人間的にもすごく尊敬できる人だったんです。この人なら、自分の夢も一緒に託すことができるって思えたから、気持ちのスイッチを切り換えることができました。

キャリミさん

悔しくても、すぐ次の行動に踏み出せたのがすごいと思います…!それで、選考の結果はどうだったんですか…?

富久保さん

航空業界の4社から内内定をいただきましたよ!

キャリミさん

4社!?それはすごいですね!おめでとうございます!!何か、選考で意識したことってあるんですか?

富久保さん

チームプレイが大切な業界なので、集団面接の前には、一緒に面接を受ける人たちと話をして気持ちをリラックスさせたり、気配りを心がけました。ある客室業務員のOGの方から、「隣に座ってるのは、ライバルじゃない。面接を盛り上げる仲間だ」と言われたことがあるんです。

キャリミさん

クルーを大切にする人たちだからこその言葉ですね、ステキ!先輩を見ていると、就活って大変なこともあるけど、うれしいことや楽しいこともあるんだなって思いました。

富久保さん

貴重な話を聞けたり、ステキな出会いもあるから、就活を楽しんでほしいです!

キャリミさん

すこし就活がわくわくしてきました。ありがとうございます!

富久保さんが利用した大学施設
近畿大学東京センター

近畿大学には、更衣室やミーティングスペース、PCスペースなどが完備された東京センターがあります。航空業界の面接は、東京で行なわれることが多かったので、面接前の準備をするのに、とても役立ちました。

想像していたとおり、就活は大変だったけど、そのなかで楽しいことを見つけていけば、しんどいことばかりじゃないと思います。こんなにも本気で就活をするのも、人生で一度だけ。自分の軸や考え方をひとつ決めて、それに沿うように答えていけば、面接でも必ずいい結果が得られると思います。就活を楽しんでください!

就活成功3つのポイント
  • 1キャリアセンターで、就活に役立つ情報をたくさん集めよう!
  • 1遠方での面接があるときは、大学の施設を有効活用しよう!
  • 1自分としっかりと向き合って、大切にしたい軸は何なのかを見つけよう!

イベント

日程時間イベント会場
9/27(火) 11:00-17:00 合同企業説明会 大阪会場 梅田スカイビル 

ボクの、ワタシの、就活宣言!

もっと見る

COMPANY messenger 直球!企業メッセンジャー

もっと見る